手の平がくすぐったい

路地裏の整体術 第791号 2015年4月10日
▼ 手の平がくすぐったい

珍しい現象なので、忘れないうちに書いておきます。昨日こられた女性です。
色々と現在かかえている症状についてのお話を伺って、最後に出たのが、手の
平がくすぐったい(関西弁でこそばい)と言われる。言われてみれば、私自身
も、そんなことがあったような気がします。

しかし記憶を辿ってみても、最近そういうことを訴えて来られた方はなかった
はずです。

で、これを聞いて私はどう思ったか。こういう症状に対応したことがない、ど
うすればいいか、と考えた。考えても、いいアイデアが出てくるわけではあり
ません。でも、この時は、足の類推で行きました。足の裏に違和感を覚えると
いう訴えは時々あります。そんな時、どうしたかを辿ってみました。

足の裏がくすぐったい、という訴えに遭遇したら、多分、足の中足骨が落ちて
いると考える。だから、これに反動をかければ解決するはずだ。手も同様にし
て解決するはずです。

そこで、咄嗟に私は、

──それは、手の骨が歪んでいるんですよ。

と答えた。自信があったわけではありません。でも思いつきでそう答えた。
判断が外れていれば面目丸つぶれになるところですが、私の場合、こういう咄嗟
の判断がものを言うことが多い。

40代の女性の手をとって、両手で相手の手をサンドイッチにし、甲側からぐっと
押さえ、パッと放す操法を試しにやってみました。

──どうですか。
──何もありません。
(何もありません、て、こそばいのが取れたという意味だろうか)
──こそばくありません。と彼女。
(やれやれ、良かった)

反対側の手も同じようにします。

──はい、何もありません。
──それは良かった。
──ありがとうございます。

ということで、この件は落着です。手に歪みがあると、肩に影響があるはずです。
から、これを先にやっておくのが正解です。

足の裏がこそばいというのも、同じ操法で、甲側からぐっと押さえてパッと放す
ということを繰り返せばよろしい。

何にせよ、人が言ってくる症状はさまざまで、予想外の症状も、色々有ります。
こんなのテキストになかったと嘆く前に、よく似た症状を頭の中で探してみて、
その類推でやっていけば、案外、案ずるより産むがやすし、となるものです。

ただし、どんな症状でも、どんな操法でも、そうですが、カチカチに硬くなって
いる人の場合は、うまく行くとは限らない。その部分を柔らかくする算段を前に
やっておくことが必要です。そうでないと、操法がうまく効かないかもしれない。
この操法はうまく効きません、と弱音を吐く前に、カチカチを緩めてかかること
が必要かもしれない。このことをお忘れなく。

広告

盆の窪

路地裏の整体術 第796号 2015年4月25日 + 797号
▼ 盆の窪(ぼんのくぼ)ぼんのくぼとは、頸の後ろ中央のスジ状に凹んだ部分の真ん中です。ネットの『語源辞典』の記述によれば、「ぼん」とは「坊主頭」の意味で、坊主頭
を見ると、ここがぽっこり凹んでみえるので、このように呼ばれているようです。この説が正しいとすれば、「坊の凹」と書くべきかもしれません。この場所は、池波正太郎の小説『仕掛人・藤枝梅安』の鍼医者・梅安が一鍼お見舞いする場所で、ぼんのくぼの奥に延髄があり、ここに鍼を刺されると、一発で命を落とすという設定でした。

そんな命を落とすほど重要な場所ですから、ここの状態は、人の身体全体に大きな影響があります。例えば野口整体の祖・野口晴哉(はるちか、1911-76)は、人の身体を見る時、頸椎2番から始めると著書(『体運動の構造』)に書いています。頸椎2番は、ぼんのくぼのすぐ下にあります。

ぼんのくぼそのものは、頸椎1番が奥にある場所(この奥に延髄がある)で、私は、ここも重要個所の一つと考えています。頸椎1番は、背骨の一番上の骨で、環椎(かんつい)とも呼ばれ、この骨の上に頭蓋骨が乗っかって、左右に回転する構造になっています。ですからここに歪みがあれば、全身に歪みがある証拠と考えられます。

ついでながら、梅安の「技」について触れておきますと、盆の窪の奥に頸椎1番があるため、鍼をぴったり延髄に届かせるためには、斜め下から斜め上の方向に狙わないと届きません。実際映像を見ると、確かにその方向に狙っているようで、まさにリアルな映像です。

さて閑話休題。誰でも身近の人をつかまえて、盆の窪を押えてみて下さい。押えると書くと、本当に押えてしまう人があるといけませんので、念のために書いておきますが、押えるのでなく、そっと触れる程度にしてください。両手の親指を揃えて盆の窪に当ててみます。、両方の親指の感触が同じならいいのですけれど、どちらか一方が手前に出ている感じがするなら、骨盤のねじれがあることを示しています。

骨盤のねじれがあって、そのために背骨がねじれ、盆の窪にまで影響が及んでいるわけですから、骨盤のねじれを解決すれば、盆の窪も正常になるはずです。その方法は『共鳴法教本』の [26] ~ [28] を参照してくださればわかります。ここに書かないのは、図がないと言葉だけでは分かりにくいからです。
(『共鳴法教本』の購読方法については、ご希望があれば朱鯨亭までお尋ねください)図の説明には、⇒の方向に皮膚を少し引いて持続するとありますが、⇒の方向にさっと擦って、しばらく置くという方法でも可能です。変化の起きやすい人ではこの方法がよいかもしれません。
この操法を数回繰り返して、盆の窪を調べてみます。左右の拇指の感覚差がなくなっていれば、それでOKです。左右の差が消えるだけでなく、盆の窪の周辺が軟らかになっているはずです。

前回に書いたように、盆の窪の奥には頭部全体を支える頸椎1番がありますし、さらにその奥に延髄など脳幹の部分があります。視床下部には自律神経の中枢があり、身体の働きの中でも最も重要な働きをしている中枢部分になっているわけで、ここが軟らかな状態にあり、左右差がない状態にあるのは全身の働きにとって重要な要因であると思われます。

それだけでなく、盆の窪が軟らかになれば、その周辺、つまり後頭部も軟らかになります。それによって、血圧が下がるとか、不眠が治るという望ましい効果も出てきます。

首がしんどいと訴える人が、PC作業で激増している時代です。自分自身の首を健全な状態に保つのは、誰にとっても重要課題のはずですから、操法家の方々も一般の方々にも、この操法を身につけていただきたいと思います。

さらに、頸椎1番の状態を整えておくため、骨盤の操法の後に、盆の窪に愉気をしておくと完璧でしょう。これによって頸椎1番のねじれが完全に解消されます。目の異常・耳の異常と頸椎1番がつながっているケースがありますから、目や耳も、よくなるというわけです。【続く】

意識のマップとしての手

路地裏の整体術 第793号 2015年4月18日
▼ 意識のマップとしての手

マップ(地図)とは何か。例えば東大寺に行きたいとします。東大寺までどう
して行けばたどり着けるかは地図に表現してあります。新幹線に乗って京都に
降りる、次は近鉄に乗って奈良にたどり着く。近鉄の奈良駅から市内循環バス
に乗ればバス停3つ目ほどで東大寺・春日大社前のバス停に着きます。(これ
から奈良の観光案内をしようというわけではないので、慌てず落ち着いて読ん
でくさだい。)

地図といってもいろんな種類があって、道路地図というものもある。いうまで
もなく、車を使って道路を走って行きたいという人のためのものです。一方で
鉄道地図というものもあって、鉄道を使って目的地に行きたい人のためのもの
です。

つまり、そこへ行きたい人が、どのように意識を働かせると目的地に辿り着く
ことができるかを描いたものがマップですね。

身体についても同じようなものが作られていて、解剖図がマップに該当するで
しょう。あるいは骨格図とか筋肉図というものもあります。

共鳴法では、手と全身の対応関係を使って、色いろと操作します。例えば手首
の近くにある有頭骨が仙骨に該当します。仙骨は背骨の状態に影響する、全身
中でも最も重要な個所です。これが、有頭骨を操作することで変化する。もう
お分かりのように、手が全身のマップの意味をなしていることがわかります。

なぜ、そのようなことが可能なのでしょうか。ある人は、手と全身の各部との
あいだに何かのつながりを発見しようとするかもしれません。昔、経絡の構造
に興味をもった人が、経絡の走っている場所を調べて「ボンハン管」を発見し
たと伝えられたことがありました。しかし今では、この学説は否定されている
ようです。

直感的に考えてみても、手の各部と、全身の各部との間に物質的なつながりが
あると考えるのは無理がありそうですね。それに代わって唱えられるのはホロ
グラム仮説です。身体のあちこちがホログラムとして、つまり像として同じに
なっていると考えるわけですが、全身も手も、像ではないので、これも無理か
もしれません。

私は、操法をする人が手を全身のマップとして使っていると考えます。言い換
えると、操者が意識のマップとして手を使うと言ってもいいでしょう。手を手
がかりとして、全身を操作すると考えるわけです。それは無理筋だという意見
が出るのは承知の上です。

共鳴を始めた頃は、私もホログラムの考えを採っていました。しかし掌を顔の
マップとして使えることがわかり、小指の付け根の下の膨らんでいるあたりを
示す「月丘」と呼ばれる部分を撫でたり押さえたりすることで視力を改善する
ことができるようになり、従来の手全体を全身のマップとする見方だけでなく、
これとは別に掌は顔面のマップとして使えると分かって来ました。物質の関連
があると考えると、手全体とも、掌だけとも関連があることになり、手は意識
を操作するためのマップである、と考えるようになりました。

手と全身とが物質的に結びついているのではなく、操者が自分の意識を操作す
るためのマップと考えて初めて、そういうことだったのか、と納得が行きまし
た。これは、意識が物質を動かすという事実を示しており、意識を物質の像で
あると考える現代的な考え方とはまっこうから対立する考えです。

操法をすると身体が変化するのは、操者が身体という物質を手という物質的な
手段を使って変えてゆくからだ、というのは正しくない。「手」という物質的
なマップを使って、実は自分の意識を動かし、それでもって全身を変化させて
いるのだ、と解釈する以外に道はありません。

論理をたどるかぎりそうなるはずです。意識が物質を動かす、という考え方は
一時代前には「観念論」として排斥された考え方ですが、そう考えるより他に
道がないとすれば、こう考えるのが科学的だ、ということになります。

納得のいかない人は、ラリー・ドッシー『祈る心は治る力』をお読みください。

身体はどう捻れるか

路地裏の整体術 第792号 2015年4月15日
▼ 身体はどう捻れるか

よく身体が「捻れる」と論じている人がいます。かく言う私も「捻れ」について
何度も書いて来たわけです。ところが、不思議なことに身体のどこがどのように
捻れるかを明確に書いている人が少ない印象があります。

皆、漠然と「身体が捻れる」と観念的に論じるけれど、実際にどのように捻れて
いるかが分からない、または実際に具体的にどう捻れているかを書くのが難しい
のではないだろうか。だから書き方が観念的になるのではないだろうか。

ある人は、捻れについて具体的に書いてはいるものの、肝心のポイントを書くと
読者が下手な真似をしておかしなことになると困るという「おかしな」理由で、
書いていない人もいます。みんな身体に捻れがあって、それが身体の歪む理由だ
と漠然と感じているものの、では具体的にどこがどのように捻れているかを書く
ことを躊躇しているようです。

膝を取り上げてみましょう。

膝は外へ向けて捻れて行きます。膝のお皿の下には、溝状になった凹みがあり、
そこに指先を当ててみると、内側と外側と二つの凹みがあり、これは「膝眼」と
呼ばれています。この膝眼(しつがん)の位置を較べてみると、お皿の中央辺り
にある場合と、思いっ切り外寄りになっている場合とがあることがわかります。
もちろん通常は、その両極端の中庸にあるわけです。

この膝眼とは何かと考えてみると、脛骨(けいこつ、すねぼね)の骨頭の中央が
やや盛り上がっているために両側が凹みになっている場所です。ですから、これ
が外寄りになるのは、脛骨が太ももの大腿骨(だいたいこつ、ふとももぼね)に
対して外へ捻れて来ていることを表していることがわかります。(厳密に考える
と、皿が中央にあることを確認することが必要ですが、これには大腿骨の捻れを
考えに入れなければなりません。これを言い出すと話しが複雑になるので、次の
機会に譲ります)

事実、現場で操法に取り組んでいる人なら、両脚の外側がカチカチになっている
人を毎日のように見ているはずです。体重が外に外に寄ってしまい、両脚の外側
が必死に支えている有り様ですね。膝が外側へ捻れて来ていることになります。
もっと正確に言えば、大腿骨に対して脛骨が外へ捻れていると言えます。骨と骨
とが捻れの関係になるだけでなく、骨に着いている筋肉の位置も捻れてきている
はずです。

これに対して膝と対極の位置にある肘はどうでしょうか。肘関節の横に圧痛を感
じる人は多い。肘頭の両側の凹みを押すと、どちらかに痛みを感じる場合です。
特に、肘頭の外側に圧痛を感じる人が多いでしょう。ということは、捻れという
観点から考えれば、上腕骨(じょうわんこつ、にのうでぼね)に対して、肘関節
をなしている他方の骨である尺骨(しゃっこつ)が内側へ捻れて来ているという
ことになります。逆になっている例も少数ありますが、たいていは内側へ捻れて
くると言うことができます。

これは人のする大抵の作業が手を内側へ捻ってする作業であることを考えれば、
頷(うなず)けるでしょう。これを読んでいるあなたも、マウスを持つために、
腕を内側へ捻っているに違いない。スマホで読んでいる人は、左手を外側へ捻っ
ているかもしれませんが。

こういう次第で概ね、膝は外へ、肘は内へ捻れています。身体全体の捻れはこの
2個所に端を発するのではないだろうか。事実、下腿の捻れを解いてやると全身
が楽になる人が多い。前腕の捻れを解いてやると、上半身の捻れが楽になります。
「くび」と名のつく場所は、身体の中でも重要箇所であると言われますが、手首
と足首とが重要なのは、捻れに関係しています。

したがって、手首の捻れを解く時は、外回り、足首の捻れを解く時は、内回りに
するのがいい、という結論に至ります。その具体的なやり方については、すでに
何度も書いていますので、それ(HPの記事、テキストの記事)を探して下さい。

頚椎と腰椎の対応

路地裏の整体術 第789号 2015年4月7日
▼ 頸椎と腰椎の対応

頸椎(けいつい、頸の背骨)と腰椎(ようつい、腰の背骨)とが対応している
という趣旨の記述や図表などを本でみかけることがあります。この意味を気に
も止めていなかったのですが、事実として、腰椎を調整すると頸椎が整うので、
皆さんに確かめていただこうと、からだほぐし教室で試すことにしました。

頸椎がおかしいとか、どこかの整体で頸椎を整えてもらったら、逆におかしく
なってしまったとか、頸椎の故障を訴える人をたびたび見かけます。頸椎には
横に肋骨のような骨が付属していないために、変に力がかかると、大きな変化
を起こしやすいのは事実です。そのため頸の骨を急激に動かして調整する方法
は危険だとして厚生労働省が禁止の通達を出して(しかし事実上、この操法を
やって頸椎をおかしくしている不慣れな操者が多数)います。頸椎の横を徒に
ゆるめるのも感心できません。頸椎の横が硬くなっているのは、頸椎がぐら付
くのを防ぐという自然の智慧が働いているというべきです。

そこで、どうするか。伏臥(ふくが、下向き)に寝てもらって、腰椎の棘突起
(きょくとっき、背骨の一つ一つの骨の突起)の上に指先をおいて、静止させ
ておく。正確に言えば、歪みのある方向にわずかの圧をかける、ということに
なりますが、棘突起の上に2分ほど指をおいておれば、自然に調整できます。

腰椎を下から順に、腰椎1番まで調整し、最後に頸椎1番の後ろに愉気(ゆき)
をして終わりにしました。これで、坐って頸椎を動かしてみると、概ね動きが
改善していました。もちろん中にはこれだけで改善しない個所があるかもしれ
ません。そこには別の操法が必要ですが、まずは頸の動きがよくなります。

私は教室参加が初めての方と組んで、上の操法をやってもらいましたが、終っ
て頸を確かめてみると、見事に動きがよくなっていました。つまり初めての人
でも頸椎を改善できると実証されたことになります。

もちろん、詳しく言えば、仙骨を整えた方がよいとか、尾骨の調整も忘れずに
やった方がよいとか、色々な条件がありますけれど、大まかに痛みが消えれば
よい、という程度であれば、誰でもできます。

特に、頸椎2番は頭痛と関係していますし、腰椎2番は膝痛と関係しています。
ですから、膝痛と頭痛は2番同士の対応を通して関係していると思われます。
分かりやすくいえば、頭痛のある人は脊柱の左右バランスに問題があり、膝痛
の人も脚の左右バランスに問題がある。頸椎の左右バランスは頸椎2番の位置
にあり、腰椎の左右バランスも腰椎2番の位置にあるという結論になります。
そして、その根源に左右の足の距骨のバランスがあります。

「坐骨神経痛」という症状

路地裏の整体術 第785号 2015年3月24日
▼ 「坐骨神経痛」という症状

「坐骨神経痛」 だ、と言って来られる人がこのところ多いように思います。ウィキ
ペディアによれば、

──坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが
特徴的である。low back pain より強い一側の下肢痛、足かつま先に放散する
痛み、痛みと同領域の異常感覚、ラセーグ徴候で陽性、1つの神経に由来する
神経症状によって坐骨神経痛と診断される、 その日の健康状態や体調によって
痛さや箇所が変わることもある。

ここで 「ラセーグ徴候」 とは何か。左右どちらか一方の脚をまっすぐに伸ばしたまま
挙げた時に、脚の裏側から膝にかけて痛みが出て、それ以上は脚を挙上することが
できない状態になることを指しています。原因についてウィキペディアには次のように
書かれています。

──原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、
腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。
最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因と
されている。

この記述が正しいとすると、ヘルニアや狭窄症・すべり症などが治癒しなければ
消えないことになります。しかし、そうだろうか。

先日の男性は、坐骨神経痛の症状を訴えて来られましたが、左脚をみると、腓骨が
異常に下がり、脛骨がたわんでいる状態でした。つまり体重が異常に左脚にかかって
しまっている状態で、どう考えてみても、この脚の状態で痛みが出ているのは当然
と思われました。「坐骨神経痛」 と言って来られた時、私は常に脚に注目します。
定説によれば腰も関係していることになるのでしょうが、どうもそうとは思えない。

腓骨が極端に下がって外果が大きく出っ張っています。足首が内側へ曲がって
しまっていますし、異常な脚という印象です。そこで、腓骨を上げ、腓骨と脛骨の
間隔を締める方法を施しました。言葉だけで説明するのは大変ですが、次のように
します。

左脚の場合。操者は左側に位置する。腓骨頭を右手の親指で下方から押さえ、残りの
4本指は膝の皿に引っ掛けます。左手の親指を使って受け手の足母趾をつかみ、
本人の足首を外回りに(足の外側から内側へ向けて)回す。この動作を繰り返して
いると、腓骨が少しずつ上がり、脛骨のたわみが消えて行きます。時々母趾操法を
して、脛骨・腓骨間の開きを詰めて行く。

これを続けて行くと、外果の飛び出しが少しずつマイルドになり、足首周辺の
形の尖った印象が薄らいで行きます。腓骨が下がってくると、体重が外寄りになって
O脚もひどくなりますが、腓骨の下がりが改善するに連れて、O脚も改善して
きます。一見原始的な方法ですが、これがよく奏功する。

最後に腰椎の歪みを、操者のやりやすい方法で改善させる。そうして立ってもらい
ます。ご本人は、これで不思議そうな表情になって「痛くないです」と言うことに
なりました。腰椎の歪みは、骨盤が左に傾いて、体重が左に余分にかかる状態に
なっているために、左に捻れる状態になっているわけで、腰椎への操法は、その
状態を改善するだけでよい。狭窄症だとかすべり症だとかは気にしなくても、
そんなにひどい症状でない限り大丈夫です。

こんな説明でお分かりになったでしょうか。分かりにくいとおっしゃる方は、
朱鯨亭においでください。

いずれにせよ、「坐骨神経痛」 という怖そうな名前がついていますが、さほど
恐ろしい状態ではないということ。自分の症状に恐ろしげな名前を付けられて、
凹んでいる人がどれだけ多いことか。下手な名前は人を救うことになりません。
「ヘルニア」 とか 「狭窄症」 とかも同じです。手術しかないと覚悟を決めている
人は、名前の脅しに乗らないでほしいと、いつも思うことです。

論理のレベルについて

路地裏の整体術 第786号 2015年4月2日
▼ 論理のレベルについて

──私が、かくかくしかじかの操法をしてみたら、こうなりました。
なぜでしょう?

とか、

──私が、かくかくしかじかの操法をしてみたら、うまく行きません
でした。どこかが間違っているのでしょうか?

こんな質問を頂戴することがよくあります。講座の席上でも、メールでも。
でも、ちょっと待っていただきたい。

人の身体は、一人ひとり違っています。身体を取り巻いている状況も、その
時々でさまざまです。大げさに言えば、この世界で起きていることがらは、
すべて一回かぎりの【個別性】のレベルにあるからです。Aさんが操法する
のと、Bさんが操法するのとでは、当然違った結果が出ます。操者の違い
だけでなく、受け手の違いもあります。Cさんの身体の反応と、Dさんの
身体の反応とは当然ながら違いがあります。

テキストにこう書いてあったけれど、やって見たらうまく行かなかったと
いうようなことは、私自身がたびたび経験していることで、言わばそんな
ことは「当たり前」のレベルの話です。そういうことは前提としてテキスト
に含まれていると考えてもらわないと、無数の質問を受けて、私は身体が
いくつあっても足りないことになります。

また同じCさんの身体でも、全力疾走をした直後の身体の状態と、寝室で
熟睡した後の身体の状態では、まったく違うと言っていいでしょう。また
同じ人でも、心の状態によって身体の状態が変わることも珍しくありません。

ですが、そこに共通することがらも当然ながらあります。骨盤が右前に
捻れている人であれば、右前に捻れている人に共通の特性があるに違い
ありません。左前の捻れの人には、左前に特有の性格が見られるかも
知れません。右前の人に共通する【特殊性】とか左前の人に共通する
【特殊性】とかがあるわけです。

ですから操者として私は一回一回の【個別性】のなかに見られる【特殊性】
を意識して、この場合は、こう、その場合は、そう、と【特殊性】を整理
しながら操法をして行くことになりますし、講座で話をしたり、メルマガに
何かを書いたりしています。

お分かりでしょうか。一回一回の【個別】のレベルで体験したことを、その
まま「こうだった」と放り投げても、それは一回一回違うとしか言えません。
そういう質問は、質問にもならないし、時間の無駄にしかなりません。質問を
投げかけるなら、せめて、この【個別】の出来事の中にどんな【特殊性】が
隠れていたかを明らかにして、「こういう条件の時に、こうこうでした」と
問いかけるのでなければ意味がありません。

つまり操者がこういう条件にあって、受け手がこういう条件にあり、その
結果こうなった、なぜか、と問いかけるなら、問われた方も、その条件なら
こうこうです、と答えやすい、ということです。

論理のレベルということで言えば、さらに【一般性】のレベルもあります。
この場合はこうだ、という【特殊】な場合と(たとえば右前の人ではこうだっ
たというような)、別の【特殊】な場合(たとえば左前の人ではこうだった
という)とをつなげると、右前であろうと、左前であろうと、こういう操法
を施すと、こういう結果になるという【一般性】(普遍性といってもよい)
にたどり着きます。ここまで来ていれば、質問にも大いに意味があります。
(いうまでもないことですが、うまくいかない場合もここに含まれています)。

質問するというのは、実は【個別】から【特殊】を経て【一般】のレベルまで
を含んでいるので、生易しいことではないと言えます。質問をする時は、
自分が【何を尋ねたいのか】を自覚して、頭の中をしっかり整理してからに
していただきたいと思います。

これは時間を無駄にしないための、私からのお願いです。