850 操法にある即興的な要素

路地裏の整体術 第850号 2015年11月6日
▼ 操法にある即興的な要素

昨日の集中初級講座でのできごと。参加者のTさんが急に激しいセキこみです。どうされたのか、と尋ねてみますと、この時期にのどがおかしくて、よくセキこむことがある、と言われます。

セキを止めるには、どうすればよいか。普通に考えれば呼吸器の問題ですから、胸椎の4番~6番あたりを調整すればいいことになります。しかし、この時は、「毒出しツボ療法」 の考え方を採用してみようと思いました。

つまり、セキが出るのは、胸の上部にある打撲痕が原因だと考えるわけです。そこで、上胸部を緩めるという考え方です。「毒出し」 の方法に従うなら、上胸部の打撲痕を指圧棒などで擦ることになりますが、女性のTさんに対して、それはやりにくいので、代わりに足の甲に愉気してみようと考えました。足の甲に愉気すると、上胸部が緩むことは、これまでに何度も経験しているからではありますが、かなりひねくれた判断、まがりくねった判断をしたことになります。

なぜそういう判断が出て来たのか、と聞かれてもうまく答えられない。誰でもうまく答えが出て来ないけれどある判断をしてしまうことは、あるのではないでしょうか。

というか判断というものが、そういうものだ、とも言えます。手近な例を挙げてみると、ご飯を食べに行くのに、和食なのか、イタリアンなのか、はたまた中華なのか、どうして決めるのか、と聞かれても、「何となく」 とでも答えるしかないでしょう。

「何となく」というような曖昧なことで操法を判断していいのか、と詰め寄られると困ってしまうのは、こういうことがあるからです。言い換えれば操法というものには、本質的に即興的な要素があります。ジャズ奏者が、なぜそんな音が出てくるのか、と聞かれても、うまく答えられないでしょう。ともかく、その時の感覚で、そういう音が出てきた、その音には、調和がある、と感じる、というのが奏者の言い分です。ピアノもドラムもベースも、そう感じて、それぞれの音を出している。

ここのところは、理屈で説明できないでしょう。理屈では説明できなくても、それでうまく行けば、操法として成功していることになります。ですが、こういう時の呼吸を教えてほしいと言われても、うまく教えることは不可能です。即興の感覚は、操者(奏者)が自分自身で磨くしかない。

さてそんな判断をして、私はTさんの足元に坐り、足首に手を当てて、愉気を続けました。細かくみると、親指を内くるぶしの下、中指を外くるぶしの下、掌を甲の部分に当てて、じっとしているだけです。これでセキが止まる自信があるわけではありません。ともかくやってみるしかない。でも、何となくセキが止まる気がする。

そうすること数分。ころはよしと愉気を止めて、自席に戻りました。Tさんは楽になりましたと言われるけれど、こういう時のこうした発言は好意的なものになりがちで、私はあまり信用していません。その後、どんな反応が出るかをじっくりと観察することが必要です。でも、見たところ、頭部・頸部・上胸部の続き方を見ると、楽になっているように感じられました。

この日、講座が終わってからPCにTさんからのメールが届いていて、そこに 「セキがピタッと止まり驚きました」 とありましたから、これでうまく行ったことになるのでしょう。ああ、よかったと私は胸を撫で下ろしたという次第。

849 大転子操法

路地裏の整体術 第849号 2015年11月1日
▼ 大転子操法

「だいてんし」 と聞くと、私は 「大天使」 を思い浮かべますね。ミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエルという4大天使が有名です。ある時セミナーで大転子を説明するのに、洒落をいうつもりで、「大天使ウリエルではありません」 と言ったところ、参加者の一人から、「うちのネコの名前はウリエルなんです」 と即座に反応があって驚いたことがありました。

ウリエルは大天使たちの中でも末位で、さほど有名ではありません。歴史的には、大天使から外されていた時代もあるそうです。その時、私がなぜわざわざ 「ウリエル」 を挙げたのか自分でも不思議ですが、それがネコの名前と一致していたというのは共時性というものでしょうか。

閑話休題。さて身体の 「大転子」 の話しでした。股関節の横にある出っ張りを大転子と呼んでいます。骨盤の下にある寛骨臼という窪みに大腿骨が嵌っていますが、その大腿骨が途中で曲がった形になっています。その曲がり角のところが出っ張っていて、それが大転子です。

股関節の横を押さえると、左右の大転子に触れるはずです。そこを強めに押さえてみると、どちらかに圧痛を感じる時があります。そういう人は、左右のバランスがいい位置に来ていなくて、大転子の位置がどちらかに偏っている人です。ところが、こんな人が意外に多い。あなたは、いかがでしょう。左右両方の大転子を少し強めに押してみてください。

腰痛・坐骨神経痛などの症状がある人には、大転子の左右バランスが悪くなっている人が多いのではなかろうか。そして大転子に圧痛を感じる人が多いのではなかろうか。例えば、右の大転子が突出していて、左の大転子がやや窪みがちになっているとすると、右の大転子のところに圧痛が出ます。

操者は、仰臥しているこの人の左側に来て、左手で圧痛のある大転子を手前に押える。そして右手の親指で左の大転子をぐっと強く押してパッと放す操作をします。つまり反動をかけるわけです。これだけの操作で、右側の大転子にあった圧痛が消える場合があります。

一度で消えない場合は、消えるまで何度か同じことを繰り返せばよろしい。そうして立ってもらうと、それだけで、腰痛やら坐骨神経痛が消えていることが珍しくない。お試しください。自分でもできます。

このことから分かるのは、腰痛や坐骨神経痛は、骨盤の左右バランスが崩れただけであるということなのかもしれません。少なくとも、そういう場合の多いことが分かると思います。腰痛で来られた人が、これだけの操法で痛みが消えて、不思議そうな顔をしておられたことがありました。

848 アタマを抜く

路地裏の整体術 第848号 2015年10月24日
▼ アタマを抜く

今年一年、つづけて見学に来られたSさんから紹介された本の内容です。健康のために何が一番大切か。

───さて、「何を」するか。そこも確かに重要です。
しかし、それより手前で、もっと大切なことがあるのにお気づきでしょうか?
それは「人は変われる」と、わかっておくことです。
健康な人と、病気がなかなか治らない人の、いちばん大きな違いは、ここです。

こう始まる190ページの本のキーワードは「アタマを抜く」。著者の田中さんは和歌山市で漢方医を営んでいる方です。笑顔の素敵なお医者さん。

田中一『病気は脳が作っていた──「動物脳」を解放すれば元気になる!』
(現代書林、2015年7月)

この中には、漢方の極意のような記述はほとんどありません。どうすればアタマを抜くことができるか、その一点に絞って書かれています。「アタマを抜く」というのはもちろん比喩で、頭の中に無駄なエネルギーをためてしまっている人は、それを抜いてみたらどうか、という勧めです。

ところが、そう言われてもアタマを抜けない人が多いのではなかろうか。通勤電車の中でスマホとにらめっこでは、アタマの中にエネルギーがたまる一方でしょう。

───迷い癖、悩み癖、アタマでっかちの人を見分けるのは、実に簡単です。
「なんでやろ」 が多い人です。
「なんでやろ」 を全部 「しゃあないなぁ」 に置き換えることで、自らの脳の癖で
苦痛を増幅することがなくなります。その分、改善が数倍容易になるのです。

「きょうは朝から腰が痛い、なんでやろ」 と考えずに、取り敢えず 「しゃあないなぁ」 とつぶやいておくというわけです。

田中さんは、考えるのに体力が必要だから、考えずに体力を温存することを勧めています。人は変われるのに、考えすぎて 「動物脳」 が働かなくなり、変われなくなってしまっているということでしょう。

では私も考えるのを止めて、この辺で失礼することにいたします。後は、田中さんの本をお読みください。

私自身のアタマの抜き方もご紹介したいところですが、それはいずれ改めて。

847 もやもや血管

路地裏の整体術 第847号 2015年10月23日
▼ もやもや血管

膝などの痛みは「もやもや血管」が原因であるとする理論が出ています。詳細は次の本を御覧下さい。

奥野祐次 『長引く痛みの原因は、血管が9割』 (ワニ、PLUS新書)

「もやもや血管」という名前は、もともと脳の「もやもや病」の原因として指摘されたもののようですが、それが脳だけではなく、膝や肘、腰など痛くなりやすいところにも出来ていることが見つかったということのようです。上記の新書は、理論中心で、具体的な対処法は専門的な方法しか紹介されていないのですけれど、今回、次の雑誌に具体的な対処法が紹介されています。

「夢21」 11月号 奥野裕次 「ひざ痛が今度こそよくなる!」 55ページ以下

私はこの種の健康雑誌は(読んでも役にたたないから)ほとんど読まないのですが、たまたま書店で見つけて、読んでみて興味を持ちました。それは初めに上げた新書を読んでいたからです。そうしてやってみました。これは見ごとに効果がありました。

肘などについても、同様に使えるようです。

膝痛で困っている方々は、ぜひ試して見られたらいかがでしょう。ただし高齢で膝そのものがカチカチになっている方の場合は難しいかもしれません。そういった場合は、これ以外にも、色々な方法を使って膝を柔らかにして行くことが必要なようです。

具体的な方法を教えてほしいとおっしゃるのですか。書店に出かけるくらいの労力はかけてください。あと、からだほぐし教室にお越しになれば、お教えします。すでに教室で取り上げました。

846 スマホの影響で肩が・・

路地裏の整体術 第846号 2015年10月19日
▼ スマホの影響? で肩が・・

近頃、首がおかしい肩がおかしいと言って来られる方が多い。昨日もそんな方々が続きました。

こんな場合、手と腕を調べるのが常道ですから、手を触ると決まったように常に感じることがあります。

共通しているのは、環指(かんし、くすり指)と示指(じし、ひとさし指)の中手骨(ちゅうしゅこつ)、つまり指の付け根から手前に続いている細長い骨ですが、これらの甲側が硬くなっている人が多いことです。

環指・示指は、手と全身との対応関係でいうと、腕に相当します。その中手骨は、肩甲骨に対応しますので、腕から肩甲骨に至るラインが硬くなっているという現象を示していると感じられます。

ここがなぜ硬くなるのか。色々なことが考えられますが、一番はスマホやタブレットの影響ではないでしょうか。スマホにせよ、タブレットにせよ、かなり重さがあります。操作する時は、それを同じ位置でじっと支えているわけですから、手に大きな影響があって不思議ではありません。

もちろん、どんな持ち方をすれば、どこに影響が出るかを追求することになると、色々と比較研究が必要になるでしょうが、ここでは、その重みが手の骨に影響しているのではないか、という仮説を立ててみたいと思います。

中手骨の状態と並んで、感じるのは、下橈尺関節が硬くなっている人が多いという事実です。これは、手首を動かさずにジッと固定していることを示していないでしょうか。

以上のことを逆に言えば、中手骨や下橈尺関節(かとうしゃくかんせつ)の動きが回復すれば、肩がよくなる可能性がある、ということです。操法については、過去のメルマガやHPをご参照ください。

843 HB鉛筆が消える?

路地裏の整体術 第843号 2015年10月14日
▼ HB鉛筆が消える?

withnews というニュースの投稿サイトに、

子どもたちの鉛筆は、これまでHBが標準でしたが、次第に硬いHBが使われなくなって、2Bが主流になって来ているという記事が出ています。筆圧が低下しているからだ、というのですが、、、
http://withnews.jp/article/f0150628001qq000000000000000W00o0401qq000012160A

ついでに同じところに「学習帳の表紙から昆虫が消えた」という記事も出ていて、えっ、と思いますね。先生も生徒も気持ち悪がるというのです。
http://withnews.jp/article/f0141127002qq000000000000000W00o0201qq000011196A

昆虫の話題はさておくとして、鉛筆の記事を耳にした方から、次のようなご意見をいただきました。

───先だっての「小指の関節数」ではありませんが、身体の変化のスピードが増しているよ     うな気がしてきます(他の国の事情はよく分かりませんが)。

そしてその向かう方向は「適応」や「進化」といったものではなく、パタゴニアのヤマナ族な     どが「服を着」始めて絶滅したとか、エスキモーが野菜や果物、加熱食品を食べるように    なってから激減したとか、そういった悲しい方向であるかのような不安感を抱かせます。

いわゆる西洋文化、西洋の生活洋式は我々日本人には馴染まないのではないか?  ア    タマで受け入れ、(表面的に)マネしてみても、根本的な所(それが遺伝子レベルなのか      他のレベルなのか分かりませんが)でボタンが掛け違っていて、いつまでも 「ちゃんと着      れ」 ないのではないか?と。

ちなみにある小学校の教員曰く、『一年生になってもオムツをして寝ている子が近年激増     していて(お泊り学級のときなど)苦労する』のだそうです。

という話しになると、さてどうしたものか、と天を仰ぎたくなってくる。

「進化」と捉えるか「退化」と捉えるかは、価値観の問題かもしれませんが、

マーリーン・ズック著 『私たちは今でも進化しているのか?』

という本があります。著者はミネソタ大学の生物の先生。大冊なので、皆さんに読んでみてくださいとお勧めする気はありませんが、中身を少しばかり紹介しておきたい。

───進化には途方もない時間がかかるという考えは誤りだ。乳製品の摂取も高地への順応     も、数千年の間に人類に起きた進化の結果なのだ。

その例として、チベット人が高地に住めるようになったことなどが挙げられています。チベットの高地に人が住むようになったのは3千年から6千年前と考えられているそうです。「チベット人の血中ヘモグロビンの増加は見られないが、安静時の呼吸が速くなった」。そのため高山病が生じなくなったという。

人間以外では、ハワイに住むコオロギが進化を遂げて鳴く器官を失い、鳴かなくなるのに5年かかっただけ、という例が挙がっています。

要するにズック先生が言おうとするのは、次のようなことでしょう。

進化に万年単位の時間がかかるという考え方は誤りで、わずかの時間で変化が起きることがしばしばある。我々の身体が現実に適応できなくなりつつあるとしても、石器時代の生活に戻ったからといって問題が解決するわけではない、ということのようです。

筆圧が落ちたことも、小指の関節の数が減ったことも、進化の過程なのかもしれません。ついでに昆虫を「気持ち悪い」と感じるようになったことも?

843 梨状筋操法

路地裏の整体術 第843号 2015年10月13日
▼ 梨状筋操法

「梨状筋症候群」と呼ばれる症状がありますね。例によって、ウィキペディアを見ると、

───梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)は、梨状筋の中を走る坐骨神経が外傷やスポーツ活動などで圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。これにより坐骨神経痛を引き起こす要因にもなる。
臀部痛と坐骨神経痛が特徴である。座位で増悪し、歩行、起立で改善する傾向がある。

とあります。「痛み」 が出るとは限らず、「痺(しび)れ」 が出ることもあるようです。脚全体に「痺れ」 がでる場合もあり、趾に痺れが出たり、足裏に痺れが出る場合もあると思われます。

「痛み」 まで至らない 「痺れ」 の症状にどう対応したらよいか。「梨状筋」 という筋肉は、仙骨と大転子とを結ぶ筋肉ですので、まずその位置を確認します。仙骨はお分かりでしょうか。「大転子」 とは、大腿骨の上の方、腰の左右を押さえると、出っ張っている骨があるでしょう。それが大転子です。大天使ガブリエル等とは字が違うので、お間違えのないように。

本人に伏臥(うつむき)になってもらいます。お尻の辺りに梨状筋の位置を確認し、左右どちらでも、片方ずつとりかかります。梨状筋の辺りに操者は掌を当て、ブルブルと震わせます。揺らすといってもいいでしょう。

ただし自分の意思で揺らそうとすると、腕がすぐに疲れてしまうので、活元を出すことができる人は、活元を腕に出して揺すると、疲れずに続けられます。腕の活元が簡単にできる人は少ないでしょうから、練習が必要ですが。昔々、大正時代から昭和初期にかけて、岐阜県の恵那市にあった 「太霊道」 では、このようなやり方を「顕動法」 と呼んでいたようです。

もちろん 「活元」 がうまくでない人は意識で揺すってもかまいません。ただ腕がダルくなってくるでしょうから、休憩をとりながらやっていいでしょう。

さて、本人に立って確認してもらいますと、痺れが消えています。どんな人でも、簡単に消えるというわけではないでしょう。その人によって体全体の状況が違いますし、症状の強弱もありますから、一度で消えない人もいるかもしれません。

そんな場合は、時間をおいて、再度取り組んでみてください。器用な人なら、自分でやることもできるはずです。

梨状筋症候群といえば、ゴルフボールを当ててグリグリやる方法とか、親指を使ってぐっと押さえてパッと放す方法などが知られていますが、何れもかなりの努力を必要としますし、すべてが解決するわけではありません。上記の揺らす方法だと、簡単で効果が上がりやすい。

脚や足が痺れて困っていらっしゃる方は多いようです。お試しください。