首が重い奇病

第1105号 2019年7月16日
▼  首が重い奇病(2)

昨日の続きです。首が重いと言われる症状で、何がなんだか分からず、私が困り果てたという状況でした。

少し楽になったと言われるところからは、一つの操法をする度に確認しながら慎重に進めて行きました。

両脚の腓骨を上げて、確認すると、大変楽だと言われる。

もう一度、腰椎を整えて、どうですか、と聞いてみると、動きが軽快になりました。

という具合。

こんな調子で続けて、最後の仕上げは体軸操法。
https://shugeitei.wordpress.com/2018/12/27/1050%E3%80%80%E4%BD%93%E8%BB%B8%E6%93%8D%E6%B3%95-2-0/
(グーグルで  “体軸操法” と引用符付きで入れて検索すると出て来ます)

普通は体軸操法で、あらかた整えてから、細かいことに進むというようにしているのですけれど、今回は逆にやってみたわけです。

全部終わってから、Oさんに確認してみると、首が自由に動く、こんなのは初めてです、と嬉しそう。

Oさんが帰られて、その晩のこと、Oさんを紹介して来られた方から電話があり、帰り道、調子がいいので、朱鯨亭からJR奈良駅まで、歩いたというから飛び上がりそうに驚きました。

しばらく立っているだけでも、しんどい、と漏していたOさんが、この道のりを歩くとは尋常の出来事ではありません。何しろ、早足で歩いても20分はかかる行程ですから。

このあと、私はすっかり考え込んでしまいました。どう考えても、これは私が直したのではない。Oさんのからだに治る力があったから治ったと考える人もいるでしょうが、それでも筋が通らない。

わけのわからない症状に対して、私が色々と判断する力を持っていたわけではないですから。

何が起きたのか。さあ、この続きは、読者の皆さんに考えていただきたい、と思っています。

朱鯨亭 http://shugeitei.com/

対角線上の釣り合い

第1061号 2018年11月8日
▼  対角線上の釣り合い

からだほぐし教室の常連Wさんから、メールを頂戴しました。先日の教室でWさんの股関節を操法させてもらったその後の経過報告です。

ーー 右股関節の不具合 その後の報告をさせていただきます

 結論から言いますと、左の前肩をケアしたら、すっと楽になりました。骨盤のネジレは なか なかうまくいかなかったのですが、左の前肩を修正すると すっと楽になりました。

 そういえば、木曜日の教室で先生はまず 私の左前肩の修正をなさっていましたっけ(^^; 当たり前ですが 今更ながら先生の慧眼に恐れ入っております。

といわれて私の方も恐れ入っているのです。右股関節の不調に対して、左肩を操法したのは、たまたま左肩に緊張があるな、と気づいたからであって、それが右股関節に効果があるだろうと予想したからではなかったのです。

教室の時、Wさんが股関節の不調を訴えられたので、じゃあやってみましょう、と気軽に引き受けたんですけれど、「左前肩」が股関節の原因であるとは思っていませんでした。

しかし、いまとなって、落ち着いて考えてみれば、左肩に緊張があり、前に亜脱臼の状態になっていれば、釣り合い上、右の股関節が緊張し、前に寄っていても、おかしくないですね。

ははあ、対角線療法というのは、こういうバランス療法なのか、と気づいたわけです。

結論をいいましょう。《どちらか一方の肩が前に寄っているとき、逆側の股関節に異常が出ている可能性がある》、ということになります。逆もまた真なりで、どちらかの股関節に異常があるとき、逆側の肩にも緊張がある可能性がある、ともいえます。

こういう原則をわきまえておれば、肩や股関節の異常がある時にずいぶん参考になる、ということになります。

この応用として、膝と肘の関係も同じようなことが言えるかもしれません。あるいは、手首と足首の関係も同様です。Wさん、ありがとうございました。

朱鯨亭 shugeitei.com

五十肩

第1061号 2018年11月15日
▼  五十肩

五十肩の男性が来られました。70歳代なので、七十肩ということになるかもしれません。右肩を上げてもらおうとすると、痛くてここまでしか上がりません。とおっしゃって、腕は水平までもあがりませんでした。

右肩は右腕の緊張のためかかなり高くなっています。その全体を緩める目的で、手の舟状骨のあたりと、肩の烏口突起(うこうとっき、肩関節の前から5センチばかり内側にある突起)の二点に愉気します。

いよいよ1060号に登場した外川治美(とがわ・はるみ)さんの考案になる五十肩の操法を試してみる番です。こういう時は、少しうれしいような緊張するような、舞台に上がった俳優のような気分です。

もちろんこれまでにも五十肩の操法はしているわけですが、たった1回という訳にはいかなかった。随分あちこちさまよった挙げ句に、目的地にたどり着くような感じでした。

とことが今回は、たった1回でいいというのですから、やはり緊張します。薬指と人差し指を同時に反らせました。あとの手順は、1060号に書いた通りです。それを3回繰り返して、さて腕をあげていただくと、何の抵抗もなく、かなり上まですっと上がりました。

あまり簡単だったので、私の方がひょうし抜けしてしまった、というのが本当のところです。念のため、方法を再掲しておきましょう。

── 五十肩がびっくりするほど変化します。右の五十肩は、右手の人差し指か、薬指のどちらか、または(症状の重い人は)両方の指を強く反らします。

右の腕が上がりにくい場合は、右手の薬指をきつめに反らし、反らしたまま、小指側と中指側に倒し、どちらに倒した方が痛いかを聞いて、痛い側にキープします。15秒くらい。

中指側に倒しても痛い場合は、そちらに倒し15秒位キープ。できれば、3回位ずつ。

薬指は痛くないけど、人差し指が痛いという場合は、人差し指を。

敏感な方の場合、”始めは右腕が重かったのに、右をやったら左腕が重く感じる”ということがありますから、そんな場合ば左も行った方が良いですね。(以上引用)

五十肩でお困りの方は、ぜひこの方法を試してみてください。きつい症状がある場合は、2度繰り返すことも必要でしょうが、ともかく、1回で随分楽になって、この先の人生が変わるかもしれません。

朱鯨亭 shugeitei.com