靴の紐をしっかり結ぶと・・・

第1087号 2019年4月21日

長野県在住のMさんから次のようなお便りをいただきました。

「靴の先が細い、幅広すぎで同じような[腰痛の]経験をしました。

  ーーブーツに中敷を入れてきつくなった、が最初の腰痛。
  ーー自宅がフローリングなのでゆるゆるスリッパで日常過ごして足裏踏ん張り過労で腰痛と膝の障害。
  ーーその後仙骨歪みと背筋衰えなど症状が重なり、階段から滑り落ちるほど、重症になりました。」

こういう経験をしている人は多いはずです。

今度は私自身の最近の体験です。

先日の靴講座を聴講しましたので、靴の扱いについて、いろいろな知識を得ることができました。そこで、スポーツ用品メーカーMの京都にある専門店まで靴を新調しに出かけたと思ってください。

店員さんの話や靴の扱いも、靴講座の川本さんの話と符合する内容で、一つ一つ納得が行くものでした。

まず、自分の足のサイズを測っておきました。これまでの思い込みより1サイズ小さい25でOKということを確認してありました。幅に関しても幅広は不必要であることを確認してありました。

というわけで、サイズ25でEの表示(EEとか、EEEとか)のないウォーキング・シューズを選びました。

紐を引き締めてみると、かなりきついような気もしますが、これでとりあえず歩いてみることにしよう。

歩いて見たのは、奈良県南部の葛城(かつらぎ)古道です。この辺りに興味はあるものの、奈良からはかなり遠いので、あまり歩いたことはありません。(これまでに一度だけ)

近鉄御所(ごせ)駅を降りて、南東の方角へ向かいます。

数々の古寺・古社が街道沿いに点在していて、それぞれに興味深い。

この地域は、古代には、鴨族と呼ばれる豪族が住んでいたとかで、「鴨」の名をいただいた古社がいくつもあります。「かも」は「かみ」に通じるという説もあるそうで、京都の上賀茂・下鴨神社の先輩格とも言われています。

中でも「鴨山口神社」というところには、アマノミナカヌシの神が祀られていて、珍しい。掃除がいきとどき、田舎のお社には見られない風格があります。

[註] アマノミナカヌシは、アメノミナカヌシと言われることも多いが、カタカムナの文書にはアマノミナカヌシと書かれていて、この方が古形であると思われる。

このあたりまで靴は快適に履けていたのですが、少し指先が痛くなってきた。指先が痛むということは、足が先の方まで突っ込まれているということですから、このあたりで少し紐の結び方を反省してみなければなりません。本殿の前で靴の紐を結び直しました。

そう思って見ると、やはり紐が緩んでいる感じがします。これをもう一段しっかり締めてと。

それから先は、かなり歩いても、指先が痛くなることはありませんでした。

やはり最初の結び方では緩くて、足先が靴の奥まで突っ込んでいたということです。

こうして見ると、やはり靴の紐は伊達や体裁でついているものではない、ということです。足裏と靴とが密着するために紐がある。

ところが、先日我が家に来ていた孫娘の靴を見ると、紐の格好をしたゴムがくっつけてある、という、子どもの靴だから、何でもいいや、というのかどうか、かなりいい加減な靴(ニューバランス製)で、なるほど、これでは子どもの足も悪くなるはずだと、改めて驚かされました。

さて、その後、日を改めて高鴨神社や、鴨都波神社もまわり、鴨族の痕跡を堪能しました。皆さん方にも、古代奈良を知るのに、葛城古道、お勧めのコースです。