831 ナンバ歩き(四)

路地裏の整体術 第831号 2015年8月20日
▼ ナンバ歩き(四)

ナンバ歩きに関して、いくつかのご意見をいただいております。それぞれ、参考になる点がありますので、まとめてご紹介いたします。

■Kさん(北海道)という方から、驚くべきご報告をいただきました。

──以前、ギックリ腰になりネット検索したことから、路地裏の整体術を読んでいます。難しくてわからないことも多いのですが、今回のナンバ歩きは実践してびっくりしたのでメールさせていただきます。

私は心疾患により、少しの坂道や階段を上る時でも途中で休まなければなりません。先日高低差約30m、距離約250mの上り坂をナンバ歩きで上ってみました。

何と一度も休憩することなく上り切ってしまいました。本当に自分が信じられませんでした。いつもならゆっくり上って途中で3回は休んで息を整えていましたので。

この時の嬉しさと言ったらなかったです。自分に自信が持てました。これからはできるだけナンバ歩きで歩こうと思っています。

ありがとうございました。

■Mさん(住居地不明)から次のような参考になるご意見もありました。やり方によって、深みのあるやり方にもなりうると思われます。

──私は、いわゆる、ナンバ歩きを二十年弱続けております。最初は、ナンバ歩きを練習しようと思ったのではなくて、身体の使い方について、色々、やっていたら偶然にそうなったのです。
「そういえば、最近、ナンバ歩きというのが話題だが、これがそうなのか?」
と興味をそそられ、そのまま続けて、二十年弱になります。

つまり、身体のバランスで、偶然にそうなったのですから 、現代人の身体使い(バランス)のまま、訓練でナンバ歩きを作るのは、少し違う気がしております。

その偶然の経過を書かせて頂こうと思いますが、その前に・・・
歩き始めて間もないころの赤ちゃんを思い浮かべて頂きたいです。手は振ってません。手を振る筋肉がまだついておりません。
全身の筋肉が弱いのに、立って歩くのですから、非常に効率の良い歩き方だと思います。

つまり、人はみな、いわゆるナンバ歩きの時代があったことになります。そのまま成長したのが、手を振らずに歩いた昔の日本人かもしれないですね?

人間の歩き方は、先天的ではなく、周りを見て覚えるのだそうです。甲野さんの本に書かれてますが、オオカミに育てられた人間は、一生四足をやめなかったそうです。

さて・・・私が、いわゆるナンバ歩きに偶然になった経過です。当時、武道をやっていた関係で、とにかく力を抜くことを研究しておりました。

あ・・・前提条件として、骨盤の角度が前傾しすぎていてはダメです。手を振る現代人は、前傾過ぎの人が多いように感じます。「仙骨姿勢」という本がありますが、なかなか参考になると思います。(太極拳の骨盤の角度なども参考になります)

まず、壁のそばで、背中を壁に着けずに立ち、頭皮・顔の力を抜き、首の力を抜く。気持ちをほっとさせるのがコツでした。
それができたら、背中の筋肉が重力で地面に落ちるくらいのイメージで、力を抜きました。
ここまでは、骨盤の角度に問題なければ、意外と簡単だと思います。

コツがいるのが、肋骨のすぐ下(周囲全部ですが特に胸椎12番下)~骨盤のすぐ上・・・方形筋などの特定の筋肉を考えると間違うような気がいたします。肋骨のすぐ下は、リラックスして横隔膜が下がるくらいのイメージで抜きます。そのイメージを骨盤の上(腸骨稜辺り)まで広げて、力を抜き続けます。

これが上手くいくと、突然、後ろに倒れ始めます。(だから、壁のそばに立ってやります)驚くほど、明確に倒れ始めます! つまり、現代人の多くは、背中の筋肉をぐっと力を入れ、締めて、それをバランスして立っているわけです。

ここまでできれば、あとは、簡単です。後ろに倒れるくらい力抜けたら、それを維持して、まっすぐ立ちます。
要は、倒れないように、身体を前に傾けて、バランスとって立つわけです。

さて、その状態のまま、何も考えずに歩くと、手を振ってないです。手を振る必要が無くなります!! ここまでで、いわゆるナンバ歩きはできますが、その後、背中側だけでなく、胸、お腹はもちろん、全身の力を抜いていくと、さらに発展していきます。

因みに、この状態の身体は、研究すると驚くことがいっぱいあって、楽しいです。気持ちの操作なども楽になってくるようです。また、相撲なども、 こういう状態の身体でやれば、決して、外国人には負けないと思いますし、スポーツでもかなり有益だと思います。私自身は、腰椎分離症ですが、かなり助かっています。

ナンバ歩きを、一般の方にまで広めるのは、なかなか難しい気がいたします。一つには、もし、私の説明通りできたとしても、それを日常の身体として定着させるには、やはり、それなりの期間が必要です。

毎日毎日、一日中意識して、2週間以上はかかると思います。その間、非常に興味深い身体の変化を体験できるのですが・・・私も、これまで、何人かに伝えてきましたが、身につけることができたのは一人だけです。

ただ、伝える過程の部分部分については、一般の方にも役に立つ部分はあるように思います。いくつかあげれば・・・特に、力の抜き方・・・特定の筋肉に注目し、観察しながらでは、力は抜けず、抜きたい場所を意識しながら、ホッとする気持ちで力が抜ける事。

頭部、首の力を抜いて、それを維持しながら何かの作業にかかれば、不意の腰痛予防効果があること。
そして、骨盤の角度は、現実には、ヘルニアの方などには、かなり役に立つことがあるように感じました。

■Sさん(愛媛県)からは、踊りとの類似を指摘していただきました。

──今回のナンバ歩きの記事で、夏のお盆時期ならではの「ある動き」に似ているとふと思いました。

「四国、お盆」と言えば・・・徳島の夏祭り「阿波踊り」の動きは、手と足を同時に出し、体幹は捻らせず、「女踊り」は特に、頭から足まで、キリっと真っ直ぐに踊ります。

それから、それぞれ地方ならではの踊り方はあるとは思いますが・・・盆踊りも手と足が同時に出しながら踊ります。どちらも、長い時間を踊ります。

身体を捻らないからこそ長い時間踊り続けられるのでとても理にかなっているのではないかと思いました。

830 ナンバ歩き(三)

路地裏の整体術 第830号 2015年8月16日
▼ ナンバ歩き(三)

昔の人々のからだの使い方を見るのに最適の本があります。

葛飾北齋『北齋漫画』(芸艸堂、2007年)

この他にも文庫本も出ています。(青幻舎、2014年)

私の持っているのは前者です。

人の歩く姿を探して見るのですが、ぶらぶらと何も持たずに歩いている姿がほとんど見当たりません。歩いている人は、多くが肩に何かを担いでいるか、手に何かを持っています。つまり、歩いていても、ほとんどの人が何かの仕事の一部として歩いています。飛脚とか、駕籠かき等もいます。

これは北齋が、そういう姿に興味を持ったからだ、とも言えるでしょうが、今の人々が歩く姿と比べると、随分と違うなと感じます。歩くことが仕事と一体になっていたといえばいいでしょうか。北齋を探しても、歩く姿がありませんので、今度は広重の版画をみてみました。

東海銀行創立50周年記念『風景版画の巨匠 広重』(1991年、非売品)

という画集に「東海道五十三次」などが網羅されています。

ここには歩く人の姿が多数見られます。隷書版五十三次の「日本橋」に江戸は日本橋を渡る人々の姿がたくさん描かれていて、興味を唆られます。ただし、ここでも、腕をぶらぶらと何も持たずに歩いている姿がほとんどありません。

武士が二人並んで歩いていて、手前を行く武士は腕と脚が同時に前に出ているように見えます。ようするに、ナンバ歩きをしていると見えます。何も持たず歩いているのは、中央付近をあるいている僧侶、しかし、この人は手がころもの中に隠れていて、腕を振っている様子はありません。

他は、天秤棒を担いでマグロか何か大きな魚を運んでいる男、風呂敷を背に、お使いにでも行く様子の丁稚風の若い男、振り分け荷物を肩にした旅人、桶を担いで行く鉢巻すがたの職人、数人かたまって行く若い女性集団、彼女たちは、いずれも袖の中に手が隠れていて、腕を振っている様子はありません。

こんな風で、どの人を見ても今風に腕を振って歩いている人は一人もいません。北齋と同じで、すべて働いている人達のように見えます。用もないのに、街の中をぶらぶら歩くという習慣がなかったと思われます。時代劇などに、通りをぶらぶら歩いている人達の姿が出てきますが、あれは、史実とは違っているのではなかろうか。

朱鯨亭のお客様で、山間部から来られた女性に、おたくの近くだったら歩けるところがたくさんあるでしょう、と尋ねたところ、うちの近くを一人で歩いていると、あの人は「おかしい」と言われるとおっしゃったのが妙に記憶に残っていますが、江戸時代もそうだったのかもしれません。

要するに現代とは、歩く文化がまったく違っていたと思われます。仕事や職業のあり方もまったく違っていたでしょう。衣服の違いもありますし、今の観点から、それをどうこうと言ってみても仕方がない、という気がします。

江戸の日本橋を歩いている人達の共通点は何か。腕を大きく振って歩いている人がいないという点ですね。

それから全体に杖をついている人が今より少ない。老人が少ないということもあるでしょうが、ナンバ歩きを続けていると、膝がよくなって来たという報告もあります。身体を捻らないため、膝に故障を起こしにくいのかもしれません。

◆ナンバ歩きをしている人からのご意見
──一度大阪で講習を受けバネ指をその場で治して頂きました。それから体と
良く向き合うようになりました。ナンバ歩きは何年も前に古武術で普段役に
立つ本の中に書いてました。それから仕事には意識して階段の上り降りにし
ています。凄く楽になりました。ガスメーターの検針をしていますが、夏は
特にやくにたっています。会社で言うのですがみんな難しいので出来ません!
説明が下手なのでしょうね? 年を重ねた人にもっと広まれば良いといつも
思っています。

829 ナンバ歩き(二)

路地裏の整体術 第829号 2015年8月14日
▼ ナンバ歩き(二)

ナンバ歩きを実際にやってみようと思い立ったのは、次の本を読んだのが契機でした。

大黒屋宏芳 『ナンバ歩きの秘訣』(歩行道普及協会、2011年)

ここには、ナンバ歩きの利点が数多く挙げられています。まず「歩危防止」が第一に挙げられています。「歩危」というのは著者の独特の用字法で、かなで書くと、差別だとか何だとか非難されるのを避けるためでしょう。

本書には、「人間の二足直立歩行の正しい歩き方として日本人が保存してきた、宇宙の法則に則った身体所作」だと書かれていて「身体所作によって意識を高め、驚くほど意識を活性化させることのできる方法」である、と断言されています。ちなみに著者が設立した「歩行道」協会は「あるきどう」協会と読みます。

ナンバ歩きをしてみて、私は何を感じたか。

普通一般に現代の人が歩くときには、腕を前後に振って歩きます。すると、どうなるか。腕と脚とが互い違いに前に出るので、胴体が常に捻れていることになりますね。上半身と下半身とが、常に捻れつつ歩いて行くことになります。

これに対してナンバ歩きをすると、著者の言葉を借りれば「上体も脚もエネルギーを消費しないうえ、抵抗を受けにくいために、さらにエネルギーを温存できる。最小限の労力で最大限の効果を上げる、コストパフォーマンスの抜群にいい走行法」だという言葉が納得できます。速度が出るのに、疲れにくいというメリットが感じられます。

現代人の一般に歩いている歩き方は、明治以降、兵隊がまともに走れないことに衝撃を受けた軍部が訓練用に編み出し、学校教育に取り入れ、運動会などで生徒にさんざん練習させた「行進法」だと言われます。ですから(前回の甲野さんのお話にも西南戦争の話題が登場しますが)、これを「行進歩き」と呼んでおくと「行進歩き」は胴体を捻りながら歩くので、その分エネルギー消費が大だということになります。

「ナンバ歩き」に対して別の言い方として「常歩」(なみあし)という呼び方を提唱しているグループがあります。詳しくいうと、「常歩」と「ナンバ歩き」は、違うことになるようですが、細かく専門的なことを言いだすと、一般の人たちが困惑し歩けなくなってしまいます。ですからこの二つは同じものだとおおまかに考えておきます。(スポーツに応用するなど専門的な追求を目的とする方は常歩についてご自身でお調べになってください)。

828 ナンバ歩き《一》

路地裏の整体術 第828号 2015年8月13日
▼ ナンバ歩き(一)

「ナンバ歩き」という言葉を聞いたことがある人は多いようです。では、実際にナンバ歩きをしている人は、と問うてみると、少ない。ナンバ歩きの説明として「脚と腕を同時に前に出す」というようなことが言われ、実際にそんな歩き方をしてみても、うまく行かないですから、諦めてやらない。そんな事情があるように思われます。

初めて「ナンバ歩き」という言葉を聞いたという人のために書いておきますと、「脚と腕を同時に出す」歩き方ではなく、【腕を振らない歩き方】といえば正確だろうと思います。

具体的にはどうするか。決まった形があるわけではないので、好きなように歩けばいいのですが、例えば、両手を握って腰にあてて歩けばよい。手首のあたりを腰骨に当てる感じでしょうか。

お能を見ていると、登場人物は決して腕を振っていません。手に扇などを持っているか、太もものあたりに手を当てているかでしょう。あれがナンバ歩きです。

簡単にいえば、ナンバ歩きという特殊な歩き方があるわけではなく、腕を前後に振らずに歩けば、それがナンバ歩きになっているということです。ですから階段の上がり降りには、誰もが無意識のうちにナンバ歩き、またはそれに近い歩き方をしています。

「ナンバ歩き」という呼び方が昔からあったのか、というところは議論の分かれところらしいですが、例えば古語辞典を引いてみても「なんば」というのは出て来ません。一説によれば、映画監督の武智鉄二さんが使い始めたとも言われます。

武智さんは歌舞伎の世界にも関わっていましたから、歌舞伎の世界に「ナンバ」という言い方があったのでしょう。とすれば、それが何年のことであれ、ずい分新しい話で、江戸時代からナンバ歩きという言い方があったわけではないことが明らかでしょう。

どんな歩きなのか。YouTube に三上一人さんの実演がありますから、どうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=CAMOW57JXJE

また古武道で有名な甲野善紀さんのお話も参考になりますよ。こちらもどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=DC66NZj8pJ4

甲野さんのお話の中に、「前に倒れていく力を使ったんだろう」というくだりが出てきます。確かに、やや前傾姿勢で脚を出して歩いてみると、2割ばかり速く歩けることが分かります。

(続く)

827 またムドラー

路地裏の整体術 第827号 2015年8月4日
▼ またムドラー

またか、とお思いでしょうが、再びムドラーの話題です。日本語でいうと「印相」ということになるでしょう。手で何か意味のある形をとって、ジッとしていること。仏さまが胸の前で手を一定の形に組んでいるようなのが、ムドラーです。ヨーガの世界では別の意味で使われることもあるようですが、ここでは「印相」という意味で使います。

この前の肩ムドラーには、効果があったというご報告をいくつかいただきました。ただ、お断りしておかねばなりませんが、慢性化して、かちかちになってしまっている症状に対しては、あまり効果が期待できないかもしれません。あくまで近ごろすこしおかしいな、という程の症状に対して効果が期待できるということで、毎日、「寝床体操」をしている人などには大した効果が現れないと思われます。

インドのヒーラー、チャクラバルティさんが『聖なる旅路』の中で取り上げている本格的なムドラーの場合は、1日のうちに時間にして45分続けるということになっています。あるいは30分を2回でもいいそうですが、私がここで取り上げているムドラーは、そんなに長い時間続けなくても、効果があると思います。

さて、今回のムドラーは「またムドラー」つまり、股関節のムドラーです。立ち上がった時、歩き出した時に、あ、股関節がおかしいな、という程度の時に試してみてください。

身体全体と手の共鳴関係でいうと、股関節は小指の付け根にあたります。小指の付け根のMP関節(第3関節)の骨のところに、親指の先を当てます。その状態でしばらく歩いてみればよろしい。しばらくすると、股関節の違和感が解消しているでしょう。

ですから、この前の「肩ムドラー」との違いは、相手の指が薬指か小指かという違いだけです。このような関係を見つけ出せば、自分で新しいムドラーを見つけ出すこともできるでしょう。

皆さんの工夫をお待ちしております。

★スマホの問題について次のようなお便りを欧州在住の方から頂いています。

──スマホ の電磁波の危険性が日本語版ウィキに載っていない、というのは興味深いですね。もう10年前になりますが、フランスでは、12歳未満の子供の携帯電話の使用は禁じられていることを知りました。それから、電話会社社員の医療保険掛け金は一般より高く設定されていることも。フランスでは、電磁波の影響を真剣にうけとめていることはショックでした。

826 坐骨神経痛と手首の深い関係

路地裏の整体術 第826号 2015年8月2日
▼ 坐骨神経痛と手首の深い関係

古い友人からの紹介で来られたFさん。「坐骨神経痛」というありがたくない診断名を頂戴しているそうです。この病名の人は厄介なことが多い。医学界の正式見解では、この病気は、坐骨神経の障害ということになっているわけです。

しかしながら、実のところは脚に問題があることが多い。それだけではなく、臀部の筋肉の状態などもからんでいるので、どこの操法家も迷う症状ではないかと思います。

このメルマガでも、最近これに関連した記事を何度か書いています。例えば、第785号「坐骨神経痛という症状」、第792号「身体はどう捻れるか」、第803号「手をついた」などです。

Fさんが初めて来られた時は、脚を主に操法しました。それで痛くないという状態に辿り着いたのですけれど、2回めに来られた時には、完全に戻っているらしい状態でした。

そこで、この日は違った操法と取り組んでみようと思いました。そのヒントになるのは、第803号「手をついた」。この記事にある状況では、腰椎5番が手首の操法で変化したという不思議なといっていいほど、離れた関係でした。早速Fさんに尋ねてみると、手をついたことがあるらしい。そこで、手首を操法すれば腰が変化するはずだ、すると「坐骨神経痛」の症状も変化するかもしれない、とこんな推論だったわけです。

私は、時々こういう大胆な推論に基いて操法することがあります。言ってみると、ある種の賭けともいえますが、平凡な操法をしていたのでは、変化しないとなれば、ある種の賭けも必要になります。ダメ元でやってみる。まあされる方は、えらい災難ですが、うまく行くかもしれないので、災難だとも限らない。

手首の操法は、第803号に書いておきましたので、そちらを参照してください。要するに一言でいえば、手首の捻れを取る操法を行ったことになります。

ただ、この操法は自分ではやりにくい、だれかにやってもらわないと難しい。ですから、ここでは自分でやるやり方を書いておきます。

手首のところにグリグリが二つありますね。親指側の「橈骨茎状突起」と小指側の「尺骨茎状突起」です。それぞれの突起の一番飛び出しているところに、反対側の手の親指と人差指をそっと当てて、二つの突起の頂上の皮膚を内側へ(親指側へ)捻る方向にわずかに捻じります。そのまま数分間、じっとしているだけでよろしい。これで、手首の内ねじれが改善してくれます。

実際に私がFさんに施した操法は、下橈尺関節をそっと捻る方法でした。でも、上に書いた自己操法でも同じ効果が得られるはずです。確認のため腰椎5番を強めに押さえてみました。すると痛くない、とのこと。

これで手首の操法が奏功しているはずです。「どうぞ、立ってみてください。」とFさんに立ってもらった。すると、お尻の痛みが消えているんだそうです。不思議なことに坐骨神経痛の痛みが、手首の簡単操作だけで消えてしまった。

私も、ここまでの効果があるとは思っていませんでした。賭けでしたから。

その後、「これで終わりにすると、不安になるでしょうね」とFさんに尋ねた。そうですね。ということだったので、1週間ほど後で来て貰う予定にしました。それが本日だったのですが、刻限が来ても、Fさんは来られない。電話をかけてみますと、寝過ごしたんだそうです。調子はとお聞きしてみると、良いと言われるので、それなら、しばらく様子を見てください、と言って電話を切った。

具合が悪ければ、人は決して忘れたりしません。だいぶよくなっているのだと思われます。早とちりの癖のある人に言っておきたいのは、この操法がすべての坐骨神経痛に効くと主張しているわけではないことです。「坐骨神経痛」と言われた人の中に、この操法で助かる人もいるんじゃないだろうか、という話です。

坐骨神経痛のある人で、手首を傷めたことがある人は、試してみてください。もし、これで改善したという人がいれば、詳しい状況を知らせてくださると、皆が助かります。

825 肩ムドラー

路地裏の整体術 第825号 2015年8月1日
▼ 肩ムドラー

以前に何度か「ムドラー」というものをご紹介しました。
http://shugeitei.com/mudra.html

伝統的に伝えられたムドラーが色々あるのでしょうが、一つ付け加えてみたい。こんなことをいうと、ヨーガをする人たちから伝統の破壊だとたしなめられるかもしれませんが。新しい時代の新しいカタチがあってもいいのではないか。

共鳴法でいえば、薬指の付け根というか、第3関節は「肩関節」に当たります。第3関節の掌側です。つまり、薬指の付け根から少し下がったところの関節の部分。これが肩関節の前に当たります。

この部分を反対手の指でジッと押さえていると、肩が楽になってきます。でも、このやり方だと、両手がふさがりますから、他のことができません。そこで、一計を案じて、例えば右の肩が痛ければ、右手の親指の先を右手薬指の付け根にジッと当てていれば、それでいいのではなかろうか。先にも書いたとおり、付け根というのは第3関節の骨を感じるところです。

すると、親指を折って、「一」と数えたカタチになるでしょう。しばらく続けると、痛かった肩が楽になってきたり、動かない肩が動くようになったり、色んな効果が実感できるはずです。

もちろん、痛む側だけすればいいわけだけれど、左右のバランスを取るためには両手でやっても問題ありません。これをやりながら歩くというのもいい。だったら、新種のムドラーとして、これを挙げてもいいのではないか。「肩ムドラー」と呼んでおきます。

肩に問題がある人は、この「肩ムドラー」をしながら道を歩いてみてください。おそらく30分とか、45分とか長くやらなくても、しばらくやっただけで即効があると思います。テレビを見ながらでもかまいません。

これで、また整体のお客様が減ってしまうかもしれません。そうなれば、めでたいことです。