1008 バスタオル枕

第1008号  2017年12月15日
▼ バスタオル枕

どんな枕がいいかと迷っている人が多いように見受けられます。デパートや寝具専門店で枕を探すと、高値がついていて買うのを躊躇する人が多いかもしれません。私もその一人でした。

私自身はこれまで枕をしないのがいいと考えて、それを実践してきましたけれど、枕で困っている人を見るにつけ、そうも言っておれなくなってきました。

どんな枕がいいか、これが決定版という提案はありませんが、私自身が試してみて、これなら「まずまず」というものをご紹介しようと思います。

ただし、これは万人向きの枕というわけではないので、お間違えのないように願います。仰向け寝がよいという人向きです。

ちかごろ、「最高の枕」などと宣伝するものを何種か、見掛けました。それらに共通するのは何か。中心部が凹んでいることです。

つまり、中心部では仰向けに寝る。両側の盛り上がり部分では、横向けに寝る、という機能分化が考えられています。

これを試してみようと考えたわけです。といっても、高い材料を使って高いお金がかかるものは避けたい。収入の格差が議論される時代ですから、誰でも使えるものにしたい。

そこで、次のようにしてみました。

バスタオルを1枚用意してください。材料はこれだけです。

まずバスタオルを縦に(縦方向の中心線に沿って)二つ折りにします。細長い帯状のものになりますね。

次に、その両端を中心部に向かってクルクルと巻いて行く。中心部は巻かないでそのままにしておきます。

これを裏返しにすると、両側の渦巻き状の部分と、中央の帯で繋がった部分から成る左右対称の形になります。これを裏返すと出来上がりです。

この中心部分に自分の頭を載せると枕になります。タオルそのものですから、汚れればすぐに洗濯できます。こんな便利な枕は他にありません。

ただし、これは仰向け寝の人専用ですから、横向きでないと寝れないという人には向きません。

寝返りが打てないわけではありませんが、仰向けが主になるのは間違いないので、寝返りを打たないと身体に悪いと信じている人は使わないように。

私は横向けで寝るのが苦手で、横向けになると、何だか苦しくてたまりません。ですから、この枕がぴったりというわけ。これは何々の体癖だという詮索は好きな人に任せておきます。

横向けになると、夜中に腕や肩が痛くて、という人にも使っていただけるはずです。

枕はある程度の高さがないと物足りない、という人は、大判のバスタオルを使うなり、4ツ折から始めるなり、3ツ折りから始めるなり、自分に合ったものを工夫してください。

何しろ、バスタオルを折り曲げただけのものですから、どんな形にでもできます。お好みに合わせて、あなたの枕を作ってみてください。

枕で困っている人が多いので、考えてみた次第です。別にこれが枕の決定版と主張するつもりはありませんので、念のため。

試してみられた方は、この枕は良かった、とか、この枕はアカンとか、何か感想をいただけると幸いです。

広告

1006 踵は最大の着眼点

第1006号  2017年12月5日
▼ 踵は最大の着眼点

よくどこを観察すればいいのかが分からないという声を実習生の方々から聞きます。皆さんが分からなくて悩んでいるのは、その点なのですね。先日も「鎖骨」という着眼点を取り上げました。今回は踵(かかと)を取り上げます。

「かかと」というポイントは、おそらく人体の中でも最重要のポイントの一つです。なぜそんなところが、と首をかしげる人もいらっしゃるでしょうか。

考えてみてください。踵に全身の体重がかかります。いわば人間の土台。

特に踵に左右差があると、両脚の長さが違っていなくても、まっすぐに立てず、どちらかに重心が偏るために、色々な問題が発生します。

「かかと」を見て、どうすればいいのか、というお尋ねでしょうか。踵の後ろを見るんです。見るというより、触ってみるのがいいかもしれません。

踵に問題が潜んでいる人は、どこがどうなっているかといえば、踵の上にある距骨が後ろに出ています。後ろに出るという意味がわかりにくければ、踵骨が前にずれて、逆に距骨が後ろにずれている、といえばわかりやすいでしょう。

アキレス腱の前に距骨がありますから、距骨に後ろから触れようとすると、アキレス腱の横から距骨を触ってみればよいでしょう。その辺りに圧痛があれば、距骨が後ろに出ていることが分かります。

この辺りに圧痛があれば、距骨が後ろに出ている、逆にいえば踵骨が前にすべっている。こういう状態になっていれば、重心が後ろに寄ってしまっているわけです。

そのため、靴に踵(ヒール)をつけざるを得なくなる。男性の靴でもヒールがあるのは、そのためでしょう。

というわけで、何かよく原因の分からない症状がある場合、踵に問題があると考えてみると問題が解決する可能性があるというわけです。例えば坐骨神経痛もどき、正坐できない人、などがこれに相当するのではないか、と考えています。

その瞬間、あなたの取り組んでいる相手の人生が一変する可能性があると言っておきましょう。【かかとが変わると全身が変わる】といっても過言ではない。

距骨の位置を変えるには、踵に愉気する方法も考えられるでしょうし、距骨と踵骨を誇張法で処理するのも一方法です。ですが、こういう言い方では非常に分かりにくいかもしれません。難しく考えず、距骨を前へ押すのも一つの方法です。

踵が重要と書きましたが、正確に言えば足首にある「距骨」(*注)が重要ということです。ほんのわずか距骨がズレていると全身の不調を呼ぶということになります。靴の重要性も、これで納得していただけるでしょうか。

操法を受けに来られる方々をみていると、ほとんどの人が足首の調整を必要としています。履物がどれだけ身体に影響を与えているかを毎日、実感しています。

靴(履物)をけちったら医療費がかかるから、履物にお金をかけるのが得ということです。変な健康サプリや健康グッズにお金を掛けるらいなら、履物にお金をかけよう。

それとともに、かかりつけのいい靴屋さんを探そう。病院ショッピングをする前に、靴屋ショッピングを。

*注 「距骨」──スネの骨(脛骨)の下、踵の骨(踵骨)の上にある独立した小さい骨。これの位置のわずかの変位で、人は体のバラスをとっている。もちろん、バランスに関係した骨は他にもあって、距骨だけではないが。

1005 動悸に新ムドラー

第1005号  2017年11月30日
▼ 動悸に新ムドラー

以前、[971号](17年5月14日発行)に「不整脈(注*1)に井形ムドラー(注*2)」という記事を書きました。

それはそれでいいのですけれど、形が複雑で理解しがたい難点がありました。そこで、その改訂版を。

動悸・不整脈といっても、どれにもこれにも効くというわけには、もちろん参りませんが、少なくとも「期外収縮」という種類にはよく効くようです。

ところが、この「期外収縮」という種類の不整脈は、病院では相手にしてもらえない。「これは治療の対象外です」などと冷たくスルーされてしまうのです。

私自身も、これが気になって病院に行ってみたことがありましたが、誰でもこの種のものは、出ていますよ、という説明でいなされてしまいました。

普通に脈を打っている時に、突然トーンと強い脈が混じったり、トトーンと脈が跳んだりするのが「期外収縮」です。

言われるように別段心配のないものなのかもしれませんが、本人にとっては気持ちの悪いこと夥しい。何とかならないかと思うのが自然です。

ましてトトーン、トトーン・・・と連続して出たりすると、自分の心臓はどうなっているのかと心配になってくるのは自然のなりゆきでしょう。

ところが現代医学では解決策がない、となると、自分で対応策を考案するしかない。「動悸がする」という人は多いですから、ぜひともカンタンな誰でもできる方法を提案したいと前から思っていました。

分かっていたことは、不整脈は胸椎4番(注*3)と関係があるという事実です。もちろんパートナー・家族に胸椎4番を整えてもらえばいいわけですが、これがカンタンではありません。胸椎4番を具体的にどうするのか、一から順に説明しなければなりませんから。

そこで、どうするか。胸椎4番の代わりに、胸椎4番の対応点に愉気すればいいはずです。胸椎上部の対応箇所は、手の中指の基節骨(注*4)です。

中指を掌側にぐっと折り曲げて、その基節骨のところを親指で押える。したがって、人差し指は上に突き上げるような形になります。この形のまま、不整脈が止まってくるまで続ければいいわけです。

結論は、これだけ。カンタンですから、ときどき動悸がするという人は、お試しください。特に寝ている時に動悸がするなどという人にはお薦めです。

注*1 不整脈──脈が正確に規則正しくリズミカルに打たず、リズムが乱れたり、その波形が乱れたり、速くなったり遅くなったりするものをいう。

注*2 ムドラー ──手で結ぶ印のこと。インド等で、手の印を健康法とする考え方がある。

注*3 胸椎4番──背骨を上から順に、くびの頚椎、むねの胸椎、こしの腰椎などと呼ぶ。胸椎は、首の下後ろから始まり、肋骨の下の端あたりまで。上から順に1番・2番と番号をふる。12番まで。

注*4 基節骨──指の骨には、指先から順に、末節骨・中節骨・基節骨となづける。基節骨は、したがって指の付け根の骨という意味。ここでいう場合は、中指の基節骨。

1004 逃げる痛みと失敗の過程

第1004号  2017年11月21日
▼ 逃げる痛みと失敗の過程

からだほぐし教室では、その日の参加者にどこか問題をかかえている人がいれば、解説付きで操法をして、参加者の方々の勉強の材料としています。

先日の教室では、尻から脚に掛けて、痛みが出ているという方がいた。で、その問題を解決すべく色々やってみたのですが、痛みが最初の場所から別の場所に次々と移って行きます。

こういう場合、どうすればいいのか。原則を言うと、【痛みが次々移って行くのは、原因が痛みの場所にないから】です。痛みの原因が次々移って行くと考えるのは無理がありますね。

だから、こういう時は筋肉の緊張を探したりしても、なんともならない。それより、どこかに関節の異常とか、怪我の痕跡とか、そういったものが残っているのではないか、と考えるとよいと思います。

と、今だから言えるのですけれど、やっている最中は一生懸命ですから、心が一つの視点にとらわれていて、中々他の視点に移動するのが難しい、というのが本当のところ。

色々やってみて、ダメだったので、私は次第に「これではダメだな」と気づき始めたわけです。早く言えば失敗に気づいた。

芸事やスポーツなど上達を必要とする場面では、失敗を考えることが大切です。なぜ失敗するのかが分かれば、どうすればうまく行くのか、も分かって来る。別の言い方をすると、【失敗は決して単なる失敗ではなく、上達の一過程】だと考えれば失敗を悔やむことはありません。

さらに、短く言えば【失敗しなければ上達しない】とも言える。

こうして失敗を続けているうちに、【末端に注目】という原則が思い出されました。

この場合は、右脚の外側が主に痛みが出る場所でしたから、足をみて、「小指か」。誰に言うわけでもなく呟いた。すると、相手のOさんは「足の小指は以前骨折したことがあります」と言われる。

なぜ「小指」だと思ったのかといいますと、拇指がやや外反母趾の気味になっているのに対し、小指には見たところ異常がない(*1)ことと、右外側に色々症状が出ていることからでした。

そこで、小指を触ってみますと、先端が硬くなっている。これだな、と思って硬くなっているところに愉気(*2)をします。

これでよくなるという保証があるわけではないけれど、やってみる価値はある。今度は失敗したとしても、別段、どこかが悪くなるわけではないので、これはやってみたい。見学している人たちに失敗の現場を見てもらうのも、勉強のうちですから。

世の中には、「失敗はかっこうが悪い」という価値観を持っている人が多い。しかし、それでは上達の過程に気づくことができません。

さて、小指が緩んだおかげで、すべての痛みが消えたらしい。小指の骨折痕が、上部のあちこちを引っ張っていたわけです。失敗を重ねたおかげで、【末端に注目】という原則が再確認できたことになります。

私の操法では、このような小さな失敗、いわば「ミクロ失敗」を重ねています。時にすらすらと進んでしまう場合もあるにはあるけれど、そういう時は学ぶことが少なく、つまらない。(申し訳ない言い方で、すみません)

要するに【小さな失敗を繰り返すことが、大きな失敗を防いでいる】わけです。これが「対立(物)の統一」などと論理学で呼ばれる実例ですが、これについては、いずれ別の機会に。

いつもお客様から多くのことを学ばせて貰(もら)っています。ありがとうございます。

注*1 小指には見たところ異常がない──親指が外反拇指になっていると、小指も「内反小趾」になっていることが多いから。

注*2 愉気──「ゆき」。おなじみの言葉ですが、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので、説明しておきます。見掛けでいいますと、相手の体の部分に手を当ててじっとしていること。ですが、こういう見掛けの様子(現象)だけでは意味がない。手を当てて、操者のからだのエネルギー(気)を相手の身体の一部に送り込むことと言ったらよいか、相手の注意をその部分に集めることと言えばいいか。

1002 よい整体処を選ぶ基準

第1002号 2017年11月17日
▼ よい整体処を選ぶ基準

遠方のお客様から、よくいただくお尋ねは、よい整体を選ぶ基準は何でしょうか? というご質問です。

これは当然出てくる疑問で、奈良のような遠くまでたびたび通うわけには行かないというご事情は、理解できるものです。

だから、このメルマガでも、このご質問にお答えしておきたいと前々から思ってはいるのですけれど、なかなか書きにくいことであるのも事実。

それはそうでしょう。私の立場からすれば、私のところへ来てもらうのが一番ですよ、と言いたいところだけれど、そうすると私の自慢話になってしまいますからね。

普段から、自慢話をネットに書いているところは避けること、と講座などでもお話していますので、自分自身が自慢話をしてしまったら元も子もない。

でも、私自身の話は棚に上げて、客観的な判断基準みたいなものがないこともない、と思います。「自慢話が多いところは避ける」というのは、一般論としてあると思いますね。

その人が操法に自信を持っていれば自慢をする必要がないのは当然ですから。自慢などしなくても、自然に人が集まる。仰々しい自慢話など要らないはずです。

ところが、色んな整体に行った人から聞いた話では、操法をしながら自慢話をするような人も結構いるらしい。それも有名な人で、そういう人がいるという話を時々耳にします。整体ではありませんが、某クリニックにも自慢話の好きな先生がいました。

まず、そういうところは避けるに越したことはない。同じ理由で、大げさなことをいう人も避けるに越したことはない。ゼッタイ治しますなどというのは、根拠も何もなく言っていることですから。人は一人ひとり皆違っていますから、ゼッタイなどということはありえません。

どういう整体処がいいのか、と訊かれて、どう答えるか。もちろん HP や SNS や著書をよく読んで、その人の真摯な人格が感じられるところがよい、というのは当然の話です。

ところが HP を真剣に読んで行ってみたけれど、逆に悪くなって困りはて、やってくる人が後を絶たないというのが実情です。そこでネガティブ情報を書いておきたいと思います。どういうところは避ける、という情報です。

以下、いわゆる私の「独断と偏見」によるものですから、ご意見などをいただいてもお返事はいたしかねます。朱鯨亭の亭主は、こういうことを考えているのか、と軽く受け取ってくださると助かります。

■ 強い力をかけるところは避ける。

■ きちんと記録をとらないところは避ける。

■ 次回の予約を強要するところは避ける。

■ 専門用語をやたら振り回すところは避ける。

■ 法外に高い金額を請求するところは避ける。

また、これ以外にも色々あるのじゃないか、というご意見もあるかもしれません。上の項目についても、本当は色々コメント(説明)を付け加えたい気もしますが、そうすると以外に長いものになってしまいそうなので、これだけにします。

最近、お困りの方が多いので、上記以外の実例について、こういう例があったが、どう考えたらいいか、というようなお尋ねがあれば、このメールに返信してお尋ねください。私の意見を申し上げます。

1001 首こりからの逃走

第1001号 2017年11月16日
▼ 首こりからの逃走

[第997号] で書いたように、首こり状態の人が大幅に増えています。

色々な要因があると想像できますが、何が原因でそうなっているかはともかく、それから逃走する簡単な方法を書いておかないと、苦しむ人が増えてくることでしょう。

大方の人がPCやタブレットなどに一日向かっているような異常状態の中では、今後も増え続けると考えて置かなければ、なりません。

あなたの首の右側が凝っていると仮定しましょう。

あなたの右手の中指を見てください。これはあなたの首の右側と対応しています。そこで、右手中指の第2関節の外側(薬指側)をさっと指先方向に撫でます。1センチほどの長さでOK。

さて、首を回してみてください。右をみると、いままであった、痛みや違和感が大幅に軽減しているはずです。

(首を回すというと、首を色んな方向にランダムに回す人が多いですが、そうではなく、痛みや違和感のある側へ水平に回す、あるいは反対側へ水平に回すという意味)です。

これなら、PC作業中に痛くなってきたような時にも、自分でさっと対応できるでしょう。もちろん、これは「根本療法」ではなく、「対症療法」に過ぎませんが、とりあえず、膏薬をはるようなことをするよりは、ずっとマシでしょう。

この程度では満足できないという向きは、朱鯨亭にお越しください。他にも色々な方法がありますので、お教えします。

1000 胸肋関節

第1000号 2017年11月5日
▼ 胸肋関節

本号は第1000号。我ながら呆(あき)れるほどのしつこさというか、よくもこれだけという感じです。第0号は、2006年1月でした。

そこで1000号記念に、今回は出血大サービス。この操法で助かる人がずいぶんいるはずです。

胸骨という骨は説明が必要でしょうか。胸の真ん中にある骨。両側に肋骨がくっついています。ここも骨のつなぎ目であるかぎり、やはり関節で、胸肋(きょうろく)関節と呼ばれます。

で、この関節に不具合のある人が、実は多いらしい。特に猫背傾向になっている人、四十肩の人、五十肩の人ではここんところに不具合を持っている人が多いように思われます。

もちろん六十肩とか、七十肩という人(そういう人がいるとして)も同じことです。先日は、私は八十肩だ、といばっていた人がいました。

肋骨は複数ありますから、胸肋関節は一つだけではありません。肋骨は詳しく見れば12本ありますので、胸肋関節も12あるのか、といえば、そうではなく、下の方の肋骨はまとめて癒合していますので、実際は6つ~7つほど。

区別する必要があれば、右1番の胸肋関節、左3番の胸肋関節、などと呼べばよろしい。あるいは右第1胸肋関節、左第3胸肋関節などと呼べばいいでしょう。

ちなみに、第1番は鎖骨のすぐ下にありますので、間違えないように。

で不具合があると、どのような症状が出るか。胸肋関節のところに圧痛が発生するわけです。ご自分で押さえてみれば分かります。

肋骨という骨は、鳥かごのように胸郭を取り巻いていますから、前にずれがあれば、当然うしろにもずれがあるはずで、背骨の胸椎にも異常があって、それが猫背を形成しています。

このような圧痛が出ている場合、どうすれば解消できるのか。カンタンです。

まず、あなたの掌(てのひら)をみてください。その真中、やや凹んでいるあたり。左手の掌心(てのひらの中央)に右手の人差し指の指先をおいて、中指の付け根に向けてサッとまっすぐに撫でてください。それだけです。1度でダメなら、何度か繰り返せばよろしい。

両手とも同様にやってください。うまく行けば胸肋関節の圧痛がすべて解消するはずです。なぜか。ここが胸骨の共鳴点だからです。

うまく行かなかった場合は、どうするか。別の方法がありますが、強くやると別の問題が出る場合がありますので、うまく行かない人は、朱鯨亭まで足をお運びください。

さて、五十肩で苦しんでいるあなた。今日から、これで少し楽になるはずです。完全に楽になるには、どうすればいいか、とお尋ねでしょうか。

五十肩という症状は全身症状ですから、一箇所を変化させれば解決するというほど単純ではありません。例えば足からも引っ張られています。もちろん腕からも。それを一つ一つ解決して行くことが必要です。

ただ一発解法もありそうです。そのアイデアは今あたためているところですので、いずれ2000号記念くらいで発表することにいたしましょうか。1000号まで12年かかっていますから、あと12年待っていただくことが必要かもしれません。