1020 頭骨の上下運動

第1020号  2018年3月8日
▼ 頭骨の上下運動

耳の後ろのグリグリと言えばよいか、ともかく、耳たぶの後ろ側に骨が出ているところがありますね。「乳様突起」と呼ぶ箇所です。これは側頭骨の下の端です。(⇒乳様突起の画像検索を)

ここの出っぱり方が人によって異なります。ずいぶん飛び出していると感じられる人と、奥まっていて触れないなと感じられる人とがあるはずです。もちろん中間の人もいて、人さまざまでしょうが。

自分の骨を触るだけでは、よく分からないという人は、他人のを触らせてもらってください。

とは言え、頭の骨はどの骨と言えども、そっと触ること、強く押したりすると、おかしくなって頭痛を起こしたりしますから、厳重な注意が必要です。

先日も、他所の整体で頭に強い力を加えられて、頭の形が変わり、顔の表情もおかしくなってしまった人がいました。お気の毒といって済ませるわけにいきません。施術家の皆さん、どうか強い力を頭部にかけるような野蛮なことはやめていただきたいと思います。

この乳様突起が出たり入ったりという運動をしている(側頭骨が上下している)ことは、簡単な操法で解りますが、今回はそのことではなく、実際にこの動きを私が体験した話です。

昨年の秋ごろから、私は禅宗の寺で行われている坐禅会に参加しています。その会に参加している人から、奈良市の西に連なる生駒連山にある山荘で坐禅会しているので、参加しませんか、というお誘いを受けたと思ってください。

山荘で坐禅というのが気に入って、二つ返事でこの誘いに乗った次第です。バブルの頃にこの当たり、生駒山の中腹に別荘を建てるのがブームになって、たくさん建てられた山荘の一つを借り受けて、そこで坐禅をやっているという。

参加して坐禅を組んでいると、二つの大きな身体の変化に気づきました。一つは、寒いところで靴下を脱いで坐っているのですが、足に汗をかいてくること。普通は、足が冷えてくるところですが、それが熱をもって汗ばんでいます。

もう一つは、座禅から帰って翌朝、起きた時に自分の頭を触ってみて、驚いた。頭の恰好がまったく違っていて、頭頂部のとんがりが消え、乳様突起が上がってへっこんでいます。

この山荘にいると、山林の中に建っているので、植物のエネルギーをたっぷり受けるのでしょう。それでこんな不思議な変化を起こしたに違いない、と考えました。

乳様突起が引っ込んだのは、側頭骨が上がったことを表していると、考えられます。

頭頂部のとんがりが消えたのは、頭頂部は変化せず、側頭部だけが上がったことを表しているでしょう。この頭頂部のとんがりは、鬼のツノにあたるもので、交感神経の緊張を表しています。簡単にいえば、あたまにツノが生えているわけです。

という次第で、全体としては頭頂骨を除いて頭が上に上がったと捉えて間違いあるまい、と思います。

だいぶ以前の話ですが、体の全体がすべて下がってしまったと訴えて来た女性がいました。全部が下がっている、と言われても。一部が下がっているというのなら、話しが解りますが、ある整体に行ったところが頭を触られて、体全体が下がってしまったというのです。

これは恐らく交感神経の緊張が高まったことを表しているでしょう。ツノが生えるのは、頭頂部が持ち上がり、側頭骨が下がったことを表しています。

なぜこんな現象が起きるのか。私の推測です。よく引き合いに出すルドルフ・シュタイナー(1861-1925)の言い方を借りると、地球の上にいる人間には、地球の中心から引っ張られる引力も受けているけれど、同時に惑星や恒星や、月、星座からも引っ張られている。一言でいえば、天体からの力を受けている、とシュタイナーはそのように表現しています。

すると、天体からの力が優位になっている時は、側頭骨が上がる。逆に地球からの力が優位にたつと、側頭骨が下がる。つまりそのような人間に働く力の違いがあるに違いありません。そして、側頭骨が下がっている人が多いということは、天体からの力を受けることが少なく、地球の力を受けすぎているということではないか。

そんなことを夢想してみたわけです。事実かどうかは分かりません。でも私自身の頭の変化をみると、そうとしか思えない。

昨日こられた女性も、乳様突起が下がっていたので、私はそのようなことを考えてしまいました。彼女は緊張すると、いろいろ具合が悪くなるらしい。そこで、あなたは天体から遠ざかっているのではないか、と申し上げました。すると、その女性は、納得するところがあったらしく、アッと声を上げられた。

というような次第で、夢ものがたりのような話ですが、案外こういうことがあるのではないか、と感じさせられたわけです。

さて、われわれ多くの都会生活者は、天体から遠ざかっているのではないか。というより、天体のことを思い出すのは夕方西の空をみる時だけかもしれません。皆さん方は天体と人体のつながりについて何かを感じられることがおありかどうか?

広告

1013 老化とは乾燥である

第1013号  2018年1月22日
▼ 老化とは乾燥である

以前から、ヘバーデン結節と乾燥の関連について、繰り返し指摘してきました。つまり体が乾燥してくると、体の末端である手足の指先が水不足に陥り、第1関節が乾燥して、異常を起こす可能性があるということですが、これに関連して。

ユージェル・アイデミール
『なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?』
(ヒカルランド、2017)

この本の内容に関しては、根拠の明確でない疑問点もあり、必ずしも推薦図書というわけではありません。慌てて買わず、書店の店頭でじっくり中味を確認してください。

ただ色々と、「なるほど」と納得できる部分があります。

──人の体は20歳を超えると、水分を失って行きます。これが「老化」と呼ばれる現象ですが、理由はまだ分かっていません。(52ページ)

──カフェインは脳に直接届いて依存を起こすとともに腎臓にも影響を及ぼしながら、体の尿生成を活発化させます。コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる経験をされたことがあるでしょう。こうしてカフェインをたくさん含んでいる飲料を飲めば飲むほど体はそれから何も得ることなく、水分をそのまま外へと出してしまうのです。(61ページ)

第1関節のヘバーデン結節を起こしている人にコーヒー好きの人が多いのも、頷けるわけです。

ここで注目したいのは、メルマガの [第996号] で取り上げた第2関節の「ブシャール結節」 です。第2関節の故障となると、多数見られるのはリューマチですが、リューマチの場合はX線写真で関節の破壊が確認されるようです。「ブシャール結節」の場合は、そのような破壊にまでは至っていないそうです。

ブシャール結節ではないか、と思われる第2関節の故障をよく見掛けます。手指の第2関節が硬く盛り上がっているもので、突き指を起こしているのか、と思っていましたが、突き指ではなく、ヘバーデン結節と同じように水分不足を起こして故障している可能性があります。

手指の第2関節を触ってみると、硬く盛り上がっている場合がある。これをつまんで、じっと愉気していると、次第に弛んで盛り上がりが小さくなってきます。それだけで、結節が消失したと言いたいわけではありません。関節の周辺の組織が硬化していて、それが愉気によって弛んでくるのだと思われます。そうすると、腕や肩が弛んできます。

しかし、乾燥が関わっているのだとすると、愉気だけでよくなる道理はない。本人が水分をよく摂取するように気をつけなければ、本当の改善は望めないでしょう。コーヒーも止めないとね。

体の乾燥が色々な症状と関わっているのは、わかりやすい話ですし、老化と乾燥が関わっているというのもわかりやすい理屈でしょう。

特に今のような冬場は、乾燥がきつくなるので、よく水を飲めという説が昔から行われています。

しかし一方で、漢方の方面からは、水が体中にだぶついてくると、水毒を起こすという主張もあり、むやみに水を摂取すればよいというものでもないらしい。

どの程度が適当な摂取量なのか、難しいところですが、一つの目安として、手指の関節が硬くなってくれば、水分が不足していると考えるのは、わかりやすい指標かもしれません。

1010 瑞祥芳楽

第1010号  2018年1月1日
▼ 瑞祥芳楽

これまで毎年、新年号には、ことしはどんな年になるかと占いによる予想を載せてきました。しかし今年は、何か大きな転換があるように感じます。

昨年70歳の古希を迎えて、これから静かな晩年かと思いきや、何の何の、私個人はますます変化の激しさを実感することになっています。

変化の速度が非常に速くなっているという意見が世上にあるようですが、まさにその通りと感じている次第です。

そこで、今年は【フリーハンドの年】と呼んでおきたいと思っています。

フリーハンドとは何か。未来を予想して、それに備えるのではなく、どんなことが起きても対応できるようにフリーハンドが一番ではないか、と考えるわけです。古い言い方をすれば、無手勝流です。

皆さんにとっても「フリーハンド」かどうかは、分かりません。それは個人個人の判断でしょう。

非常に変化が速いとすれば、準備をしても役に立たない。私の身に起きていることから判断して、変化が凄まじい速さになっていると感じられます。しかし、変化が速いというのは、悪い変化だとは限りません。良いか悪いか判断している暇もないほど速い。

「変化が速い」ということを日本語で検索しても碌な記事は出てきませんが、英文で検索してみると、電子技術などの技術が急速に進んでいる、というような記事が出てきます。それは事実であるとしても、もちろん、そういうことを言いたいわけではありません。

私の場合をお話しますと、からだの中の気感が急速に変化しています。毎日変わるという様子です。それに関わっているのは、座禅に通っていることだろうと思います。

「座禅」というものを心の課題とばかり思っておりましたが、やってみると、そうではないと分かりました。体に大きな変化を生み出す驚くべき「技術」であると分かりました。

今は、こんなことを毎日考えながら、日々を過ごしております。私にとって、楽しみな年になりそうです。どうぞ、皆様方にとっても楽しみな年になりますよう、お祈りいたしております。

皆様へ、丈夫になる新年のプレゼントを。野口晴哉の 『愉気法2』(全生社、2006)の中に、「脊椎行気法」の記事があります。一度お試しを。その場で、道具なしに出来ます。

──「ともかく体が弛んだら、背骨で呼吸するつもりで背骨に注意を集めて、徐々に背骨から腰に息を吸う。吸ったことだけ意識して、吐く方は注意しない。五又は十回行う。多すぎると首や肩が凝ったり、腰が硬くなったりするから、二、三回背骨へ息が通ったらやめる。背骨に息が通ると発汗する。疲れはすぐに抜けてしまう。

やってみられると、なるほど、と納得されるのではないでしょうか。

1009 『気功』

第1009号  2017年12月26日
▼ 『気功』

最近、近鉄奈良駅前の古書店・F堂で、優れた本を見つけました。

廖赤虹(りょうせきこう)・廖赤陽(りょうせきよう)
『気功 ── その思想と実践』
(春秋社、1998)

昔話になりますが、若い頃、一時「気功」に凝っていた時期がありました。例によって独学で、気功の独学というのは危険性を伴うと思いますが、ともかく色々と試していました。

その頃、『気功の何々』 とか、『何々気功法』 などと銘打った本をずいぶん買い込んで読みましたが、どれを読んでも不満感がつきまといました。

どの本も、気功のやり方が色々書いてあるのですけれど、何をすることが気功なのか、という肝心の一点について何も書いていないということに不満だったわけです。

要するに「気功」とは何かを詳しく教えてくれるような本がなかったということです。ということは、書いている人も気功とは何かを十分理解していないのではないか、と思われました。

その後、私は操法に転じまして、「気功」のことは放置していた。というか、脇に置いていました。

そうやって私が気功から離れている時期に、上記の本が出ていたわけです。

その表紙をみた記憶はあるものの、中国の人の著作だということもあって、また例のとおりの気功本の一つだろうと手にとってみることもなかった。

ところが例によってF堂で、この本が売られているのを見つけ、中味をぱらぱらと読んでみて、驚いた。

これは自分がいまやろうとしていることと結びつきの深い本だと気づいたわけです。

昨年出版した 『ねじれとゆがみ』 の「あとがき」にも書いたように、何冊かの本が、私の人生の大きな転機となったごとく、この本も大切な本の一冊になりそうだという予感がしました。

話は少しそれますが、私が本を選ぶ時の方法をお話しておきましょう。

まず表紙・裏表紙をよくみる。これは誰でもやられていることでしょう。装丁や帯の文章などをよく見る。

帯は出版社が販売促進のためにつけるもので、いわば宣伝文句です。そこにどんなことが書かれているかで、売れ行きがずいぶん違ってくるでしょうから、どの出版社も力を入れるところでしょう。

古本の値段が帯のあるなしで違うというのも奇妙な商習慣ですけれど、それが現実というもの。

次に目次をずっと眺めてみます。自分の興味を唆る項目があれば、その項目を開いて読んでみます。1項目で納得が行かなければ、他の項目も開いて読んでみます。

それで大抵は、著者の力量が分かるものです。

帯の裏表紙のところに次のように書かれています。

── ・・・それぞれの本は大量の練習方法を紹介しているが、気功練習の行き着く先がどこあるのか、ほとんど示されていない。練習者はたくさんの入門方法を覚えたが、気功の門がどこにあるのかさえ分からないという状況である。・・・今度の本が、練習方法の紹介ではなく、方向性を示すものである理由は、まさにここにある。

気功の門を叩こうとした人なら、これを読んで膝を叩くに違いありません。「気功」という言葉を「操法」に置き換えても同じようなことが言えそうです。

というわけで、私はこの本を読んで大きな恩恵を受け取りました。それはこの本の一番おいしいところなので、ここでは紹介しませんが、「気」ということに関心のある人は、手にとって見られることをお勧めします。

1004 逃げる痛みと失敗の過程

第1004号  2017年11月21日
▼ 逃げる痛みと失敗の過程

からだほぐし教室では、その日の参加者にどこか問題をかかえている人がいれば、解説付きで操法をして、参加者の方々の勉強の材料としています。

先日の教室では、尻から脚に掛けて、痛みが出ているという方がいた。で、その問題を解決すべく色々やってみたのですが、痛みが最初の場所から別の場所に次々と移って行きます。

こういう場合、どうすればいいのか。原則を言うと、【痛みが次々移って行くのは、原因が痛みの場所にないから】です。痛みの原因が次々移って行くと考えるのは無理がありますね。

だから、こういう時は筋肉の緊張を探したりしても、なんともならない。それより、どこかに関節の異常とか、怪我の痕跡とか、そういったものが残っているのではないか、と考えるとよいと思います。

と、今だから言えるのですけれど、やっている最中は一生懸命ですから、心が一つの視点にとらわれていて、中々他の視点に移動するのが難しい、というのが本当のところ。

色々やってみて、ダメだったので、私は次第に「これではダメだな」と気づき始めたわけです。早く言えば失敗に気づいた。

芸事やスポーツなど上達を必要とする場面では、失敗を考えることが大切です。なぜ失敗するのかが分かれば、どうすればうまく行くのか、も分かって来る。別の言い方をすると、【失敗は決して単なる失敗ではなく、上達の一過程】だと考えれば失敗を悔やむことはありません。

さらに、短く言えば【失敗しなければ上達しない】とも言える。

こうして失敗を続けているうちに、【末端に注目】という原則が思い出されました。

この場合は、右脚の外側が主に痛みが出る場所でしたから、足をみて、「小指か」。誰に言うわけでもなく呟いた。すると、相手のOさんは「足の小指は以前骨折したことがあります」と言われる。

なぜ「小指」だと思ったのかといいますと、拇指がやや外反母趾の気味になっているのに対し、小指には見たところ異常がない(*1)ことと、右外側に色々症状が出ていることからでした。

そこで、小指を触ってみますと、先端が硬くなっている。これだな、と思って硬くなっているところに愉気(*2)をします。

これでよくなるという保証があるわけではないけれど、やってみる価値はある。今度は失敗したとしても、別段、どこかが悪くなるわけではないので、これはやってみたい。見学している人たちに失敗の現場を見てもらうのも、勉強のうちですから。

世の中には、「失敗はかっこうが悪い」という価値観を持っている人が多い。しかし、それでは上達の過程に気づくことができません。

さて、小指が緩んだおかげで、すべての痛みが消えたらしい。小指の骨折痕が、上部のあちこちを引っ張っていたわけです。失敗を重ねたおかげで、【末端に注目】という原則が再確認できたことになります。

私の操法では、このような小さな失敗、いわば「ミクロ失敗」を重ねています。時にすらすらと進んでしまう場合もあるにはあるけれど、そういう時は学ぶことが少なく、つまらない。(申し訳ない言い方で、すみません)

要するに【小さな失敗を繰り返すことが、大きな失敗を防いでいる】わけです。これが「対立(物)の統一」などと論理学で呼ばれる実例ですが、これについては、いずれ別の機会に。

いつもお客様から多くのことを学ばせて貰(もら)っています。ありがとうございます。

注*1 小指には見たところ異常がない──親指が外反拇指になっていると、小指も「内反小趾」になっていることが多いから。

注*2 愉気──「ゆき」。おなじみの言葉ですが、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので、説明しておきます。見掛けでいいますと、相手の体の部分に手を当ててじっとしていること。ですが、こういう見掛けの様子(現象)だけでは意味がない。手を当てて、操者のからだのエネルギー(気)を相手の身体の一部に送り込むことと言ったらよいか、相手の注意をその部分に集めることと言えばいいか。

1002 よい整体処を選ぶ基準

第1002号 2017年11月17日
▼ よい整体処を選ぶ基準

遠方のお客様から、よくいただくお尋ねは、よい整体を選ぶ基準は何でしょうか? というご質問です。

これは当然出てくる疑問で、奈良のような遠くまでたびたび通うわけには行かないというご事情は、理解できるものです。

だから、このメルマガでも、このご質問にお答えしておきたいと前々から思ってはいるのですけれど、なかなか書きにくいことであるのも事実。

それはそうでしょう。私の立場からすれば、私のところへ来てもらうのが一番ですよ、と言いたいところだけれど、そうすると私の自慢話になってしまいますからね。

普段から、自慢話をネットに書いているところは避けること、と講座などでもお話していますので、自分自身が自慢話をしてしまったら元も子もない。

でも、私自身の話は棚に上げて、客観的な判断基準みたいなものがないこともない、と思います。「自慢話が多いところは避ける」というのは、一般論としてあると思いますね。

その人が操法に自信を持っていれば自慢をする必要がないのは当然ですから。自慢などしなくても、自然に人が集まる。仰々しい自慢話など要らないはずです。

ところが、色んな整体に行った人から聞いた話では、操法をしながら自慢話をするような人も結構いるらしい。それも有名な人で、そういう人がいるという話を時々耳にします。整体ではありませんが、某クリニックにも自慢話の好きな先生がいました。

まず、そういうところは避けるに越したことはない。同じ理由で、大げさなことをいう人も避けるに越したことはない。ゼッタイ治しますなどというのは、根拠も何もなく言っていることですから。人は一人ひとり皆違っていますから、ゼッタイなどということはありえません。

どういう整体処がいいのか、と訊かれて、どう答えるか。もちろん HP や SNS や著書をよく読んで、その人の真摯な人格が感じられるところがよい、というのは当然の話です。

ところが HP を真剣に読んで行ってみたけれど、逆に悪くなって困りはて、やってくる人が後を絶たないというのが実情です。そこでネガティブ情報を書いておきたいと思います。どういうところは避ける、という情報です。

以下、いわゆる私の「独断と偏見」によるものですから、ご意見などをいただいてもお返事はいたしかねます。朱鯨亭の亭主は、こういうことを考えているのか、と軽く受け取ってくださると助かります。

■ 強い力をかけるところは避ける。

■ きちんと記録をとらないところは避ける。

■ 次回の予約を強要するところは避ける。

■ 専門用語をやたら振り回すところは避ける。

■ 法外に高い金額を請求するところは避ける。

また、これ以外にも色々あるのじゃないか、というご意見もあるかもしれません。上の項目についても、本当は色々コメント(説明)を付け加えたい気もしますが、そうすると以外に長いものになってしまいそうなので、これだけにします。

最近、お困りの方が多いので、上記以外の実例について、こういう例があったが、どう考えたらいいか、というようなお尋ねがあれば、このメールに返信してお尋ねください。私の意見を申し上げます。

999 観察眼

第999号 2017年11月2日
▼ 観察眼

「観察眼」という言葉があります。例えば「動物学」「植物学」などに取り組む人なら、ファーブルやリンネのような優れた「観察眼」が持てないものか、と日頃から考えていることでしょう。

どうすれば優れた観察眼を持てるようになるのだろうか。操法についても、同じようなことが言われます。そこで今回は操者を目指して頑張っている方々を対象に書くことにします。

でも、ちょっと待った。本当に「観察眼」というようなものがあって、それを持つことさえできれば操法の腕が上がるのでしょうか。

落語の話なら「犬の眼」を入れてもらったら、たちまち視力が上がって、ものがよく見えるようになるのかもしれませんが、現実の世界ではそうも参りません。

「観察眼」て何なのでしょうか。

いうまでもありませんが、観察の上手と下手とで、見えているものが違うわけはない。同じものを見ているわけです。なのに何が違うのか。もちろん見る人によって視力が違うということはあるでしょうが、視力の差は、観察眼には無関係です。

同じものを、同じような視力で見ているにもかかわらず、結果が違うのは、なぜなのか。これが皆知りたいところです。

具体的に考えてみましょう。鎖骨という骨は目に止まりやすい骨です。触るのもたやすい。では鎖骨を観察するというのは、誰でも簡単にできるのか。

鎖骨というたった一本の骨であっても、目のつけどころが色々あります。

(1)鎖骨全体のかたち。(2)鎖骨と胸骨の関節である胸鎖関節のかたち。(3)同じく胸鎖関節を触った時の感触や圧痛。(4)胸鎖関節の左右の位置。(5)鎖骨と肩甲骨の関節である肩鎖関節のかたち。(6)肩鎖関節の左右の位置。(7)肩鎖関節の前後の位置。(8)鎖骨の前にある烏口突起に触れた時の圧痛。(9)肩峰の位置。(10)上腕骨の前、つまり肩関節の飛び出し具合。(11)鎖骨下の圧痛。(12)鎖骨の下にある胸骨の状態。
(ここの段落には、煩雑になるので[注]をつけないことにします。興味のある方は解剖図などでお調べください)

といったところでしょうか。こういうものをすべて一瞬で見るか、触って確認できている人がいるはずで、同じものを同じように見ていても、見え方がまるで違う。

一つ一つ触って確認していなくても、パッと見た時に、あ、この人の鎖骨はおかしい、と直感的に分かる。という人は、観察眼があるといえるでしょう。

何が違うのか、といえば、鎖骨だけでなく全身に目のつけどころが色々数多くある。それをほとんど一瞬で見分けていることが分かります。

いま「目のつけどころ」と書きましたが、「目」といったのは象徴的に言っただけで、「手のつけどころ」でもあるわけで、場合によって見るだけでなく、触ってみているわけです。そういう意味でいえば、「注目しどころ」といえばいいでしょうか。

こういう風に考えてみると、【全身に「注目しどころ」がいっぱいあって、それが関係づけられて、パッと見えることが大切なわけです。この「関係づけられて」というところが重要で】、細かく見ていても、それらがバラバラでは何の役にも立ちません。

「関係づけられて」といっても、観察する人が主観で関係づけているのではありません。細部の一つ一つの間に客観的な結びつきがあって、その関係をあらかじめ知っていなければ「関係づけ」ることは不可能です。

具体的にいえば、胸の真ん中にある胸鎖関節の状態が手の指と密接な関係にあることを了解していれば、指の動きが悪い人をみる場合に、すぐ胸鎖関節を見てみることになります。そういう関係があちこちにあって、それをあらかじめ了解していることが必要である、ということです。

ただ、このように書くと、研究者のような性格の人は、整体の操法というのは、大変だな、そんなこまかいことを一つ一つ覚えていなければ、できないのであれば、自分には無理だな、と考える人もいるかもしれません。

でも、そうではありません。現実の操者は、そういう細かいことを「からだで覚えている」。といえばいいでしょうか。それより表現の仕方がないので、何にせよ技に関係する分野では
「からだで覚える」ということがよく言われますね。

別の言い方では、「手が覚えている」というような言い方もしますね。そうです。「観察眼」というレベルに留まっていてはダメで、それでは一つ一つバラバラに分析して覚えていることになります。そうではなくて、「手が覚えている」レベルまで研鑽を積むことが必要だ、ということです。