901 肘のカンタン自己操法

第901号 2016年6月8日
▼  肘のカンタン自己操法

肘に問題を抱えている人が多いですねえ。というと、私は何ともない、という反論が返って来そうです。

ところが、肘の先の肘鉄(肘頭)の周辺をぐっと押さえられると、あいた、となる人が多い。自分では痛みがないつもりでも、押さえられると痛い。こういう人は肩や膝にも問題を抱えていることが多いものです。

肘鉄の周辺をあちこち押さえてみてください。どこも痛いところはありませんか。

もし痛ければ、どうして治すか。カンタンな方法があって、抜群によく効きますから試してみてください。

まず、痛みがあった肘頭を反対の掌で包む。次に痛くない方の肘頭も痛みのある側の掌で同様にします。つまり腕組みを、肘と掌でするわけです。

後はこのまま数分の間じっとしている。それだけです。

またまた「数分」とは、どれくらいですか、などと初歩的な質問をする人がいるといけないので、言っておきますが、数分というのは目安で、当然、人により、体の状況により、違います。2分で止めて痛みが取れていなければ、もっと続ければいいだけのことです。

あまりカンタンすぎて、信じられない。そうでしょう。でも、やってみればわかります。

肩が悪い人、膝が悪い人にお勧めです。

ただし、この操法をいくら続けても痛みが取れない人は、症状が深刻化しているわけで、そういう人は、ただちに朱鯨亭に駆け込んでください。

「肘のカンタン自己操法」について、その効果を知らせてくれた方が複数あり、ご紹介しておきます。

●大阪府在住のMさん

先日、腰痛で来られた時に、「友人に教えたら、1分もしないうちに効果があったみたいですよ」と。そして、もう一人の人に勧めたら、肘だけでなく、腰まで治ったようです」とのことでした。

●静岡県在住のOさん

丁度良いタイミングで、妻が肩と膝と腰が痛いと言ってきましたので、早速、肘の操法を試してみましたところ、おっ!肩も膝も腰も良くなった! とお褒めの言葉を頂きました。

というわけで、この操法(具体的には、前号を参照してください)は、膝や腰にも効果があるようです。

肘を治すと膝が治るのは、昔から言い習わされていることで、特に珍しくありません。ですから、膝が痛くて困っている人は、この操法を繰り返し行なって肘周辺の痛みを治しておくと、膝にもよい効果があるに違いありません。

ですが、腰が治るのは、どのような理由からでしょうか。肘を治すと、肩の動きが改善します。ということは、肩から背中にかけての影響も変化するということです。背中の状態が変われば腰が変わるというのは、操法をしている人なら、いつも経験している現象でしょう。

こんなふうに、肘が変わると腰も変わります。人体には、このような連動性があちこちに観察できますから、連動制の体系をとらえることは、操法に取り組む人の大きな課題であると思います。

広告

861 立ったままで

路地裏の整体術 第861号 2015年12月17日
▼ 立ったままで

立ったままで操法できるのだろうか。

ところで、奈良の中心街には古書店が多い。街の面積からすれば多いといっていいように思います。さして長くもない餅飯殿(もちいどの)商店街に4軒あります。周辺を含めると6軒になる。大阪天神橋に比べれば少ないですが、街の規模がぜんぜん違いますから。

その中でF堂という書店が私のお馴染みです。ともかく安い。販売価格がこれほどの店は他所で見たことがない。高橋迪雄の『正体術矯正法』もここで買いました。私に必要な本が怖くなるほど安い値で見つかるのですから、F堂通いが止められません。

で、餅飯殿商店街にあるF堂へ朱鯨亭からの帰り道に寄ったと思ってください。振るい付いて読みたいと思う本を今日は2冊みつけた。ほくほくしてカウンターに出した。女性の店員さんが、「ちょっと待ってくださいよ」と言いながら、椅子からゆっくり立ち上がるんです。その動きは腰が痛い人の動きです。支払いを済ませてから

── 腰が痛いんですか。
── はい、昨日ぎっくりとやってしまって。
── ほんなら直しましょう。
── え。直すって?
── 私、整体屋ですから。
── そうなんですか。どうしたらええのでしょう。
── そのままで結構ですよ。手を出してください。
── 手?
── たいてい手を使って直してるんです。
── はあ。

というようなわけで仙骨操法をやりました。第854号「仙骨と背中(下)」に書いた操法です。この店員さんは、普通とは逆の捻れ方で、右側が後ろ、左側が前に大きく捻れていましたから、854号に書いた方法とは左右が逆になります。

── 何か、楽になって来たような。
── ひょっとして左利きですか。
── いいえ、右利きです。
── そうですか。多分少し時間がたつと楽になってくると思います。

と言って店を出ました。

翌々日に同じF堂に行ってみました。

── こんにちは。
── ああ、先日はどうもありがとうございました。
── いえいえ、お安い御用で。どんな具合ですか。
── いまは普通に動けます。
── それは良かった。
── ただ、翌日、きのうですね。ここの前がとても痛くなって困りました。

と言って左の鼠径部を指さされる。

──ああ、なるほど。行き過ぎたわけや。

と言ってもこの店員さんには、何を言っているのか通じなかったでしょうが。仙骨の回旋が修正されすぎて、前が痛くなったと思われます。

この仙骨操法は、効き過ぎるのが欠点です。ともかくよく効きます。たったままでも効果のあることが確認できました。ただし、その人に応じて、加減する必要があります。ここのところが難しいといえば難しい。

この方の場合、捻れ方がきつかったので、少し効くように2度操法したのですが、それが効きすぎた原因です。まことに操法の加減は難しい。

新着 0 件
返信

849 大転子操法

路地裏の整体術 第849号 2015年11月1日
▼ 大転子操法

「だいてんし」 と聞くと、私は 「大天使」 を思い浮かべますね。ミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエルという4大天使が有名です。ある時セミナーで大転子を説明するのに、洒落をいうつもりで、「大天使ウリエルではありません」 と言ったところ、参加者の一人から、「うちのネコの名前はウリエルなんです」 と即座に反応があって驚いたことがありました。

ウリエルは大天使たちの中でも末位で、さほど有名ではありません。歴史的には、大天使から外されていた時代もあるそうです。その時、私がなぜわざわざ 「ウリエル」 を挙げたのか自分でも不思議ですが、それがネコの名前と一致していたというのは共時性というものでしょうか。

閑話休題。さて身体の 「大転子」 の話しでした。股関節の横にある出っ張りを大転子と呼んでいます。骨盤の下にある寛骨臼という窪みに大腿骨が嵌っていますが、その大腿骨が途中で曲がった形になっています。その曲がり角のところが出っ張っていて、それが大転子です。

股関節の横を押さえると、左右の大転子に触れるはずです。そこを強めに押さえてみると、どちらかに圧痛を感じる時があります。そういう人は、左右のバランスがいい位置に来ていなくて、大転子の位置がどちらかに偏っている人です。ところが、こんな人が意外に多い。あなたは、いかがでしょう。左右両方の大転子を少し強めに押してみてください。

腰痛・坐骨神経痛などの症状がある人には、大転子の左右バランスが悪くなっている人が多いのではなかろうか。そして大転子に圧痛を感じる人が多いのではなかろうか。例えば、右の大転子が突出していて、左の大転子がやや窪みがちになっているとすると、右の大転子のところに圧痛が出ます。

操者は、仰臥しているこの人の左側に来て、左手で圧痛のある大転子を手前に押える。そして右手の親指で左の大転子をぐっと強く押してパッと放す操作をします。つまり反動をかけるわけです。これだけの操作で、右側の大転子にあった圧痛が消える場合があります。

一度で消えない場合は、消えるまで何度か同じことを繰り返せばよろしい。そうして立ってもらうと、それだけで、腰痛やら坐骨神経痛が消えていることが珍しくない。お試しください。自分でもできます。

このことから分かるのは、腰痛や坐骨神経痛は、骨盤の左右バランスが崩れただけであるということなのかもしれません。少なくとも、そういう場合の多いことが分かると思います。腰痛で来られた人が、これだけの操法で痛みが消えて、不思議そうな顔をしておられたことがありました。

843 梨状筋操法

路地裏の整体術 第843号 2015年10月13日
▼ 梨状筋操法

「梨状筋症候群」と呼ばれる症状がありますね。例によって、ウィキペディアを見ると、

───梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)は、梨状筋の中を走る坐骨神経が外傷やスポーツ活動などで圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。これにより坐骨神経痛を引き起こす要因にもなる。
臀部痛と坐骨神経痛が特徴である。座位で増悪し、歩行、起立で改善する傾向がある。

とあります。「痛み」 が出るとは限らず、「痺(しび)れ」 が出ることもあるようです。脚全体に「痺れ」 がでる場合もあり、趾に痺れが出たり、足裏に痺れが出る場合もあると思われます。

「痛み」 まで至らない 「痺れ」 の症状にどう対応したらよいか。「梨状筋」 という筋肉は、仙骨と大転子とを結ぶ筋肉ですので、まずその位置を確認します。仙骨はお分かりでしょうか。「大転子」 とは、大腿骨の上の方、腰の左右を押さえると、出っ張っている骨があるでしょう。それが大転子です。大天使ガブリエル等とは字が違うので、お間違えのないように。

本人に伏臥(うつむき)になってもらいます。お尻の辺りに梨状筋の位置を確認し、左右どちらでも、片方ずつとりかかります。梨状筋の辺りに操者は掌を当て、ブルブルと震わせます。揺らすといってもいいでしょう。

ただし自分の意思で揺らそうとすると、腕がすぐに疲れてしまうので、活元を出すことができる人は、活元を腕に出して揺すると、疲れずに続けられます。腕の活元が簡単にできる人は少ないでしょうから、練習が必要ですが。昔々、大正時代から昭和初期にかけて、岐阜県の恵那市にあった 「太霊道」 では、このようなやり方を「顕動法」 と呼んでいたようです。

もちろん 「活元」 がうまくでない人は意識で揺すってもかまいません。ただ腕がダルくなってくるでしょうから、休憩をとりながらやっていいでしょう。

さて、本人に立って確認してもらいますと、痺れが消えています。どんな人でも、簡単に消えるというわけではないでしょう。その人によって体全体の状況が違いますし、症状の強弱もありますから、一度で消えない人もいるかもしれません。

そんな場合は、時間をおいて、再度取り組んでみてください。器用な人なら、自分でやることもできるはずです。

梨状筋症候群といえば、ゴルフボールを当ててグリグリやる方法とか、親指を使ってぐっと押さえてパッと放す方法などが知られていますが、何れもかなりの努力を必要としますし、すべてが解決するわけではありません。上記の揺らす方法だと、簡単で効果が上がりやすい。

脚や足が痺れて困っていらっしゃる方は多いようです。お試しください。

826 坐骨神経痛と手首の深い関係

路地裏の整体術 第826号 2015年8月2日
▼ 坐骨神経痛と手首の深い関係

古い友人からの紹介で来られたFさん。「坐骨神経痛」というありがたくない診断名を頂戴しているそうです。この病名の人は厄介なことが多い。医学界の正式見解では、この病気は、坐骨神経の障害ということになっているわけです。

しかしながら、実のところは脚に問題があることが多い。それだけではなく、臀部の筋肉の状態などもからんでいるので、どこの操法家も迷う症状ではないかと思います。

このメルマガでも、最近これに関連した記事を何度か書いています。例えば、第785号「坐骨神経痛という症状」、第792号「身体はどう捻れるか」、第803号「手をついた」などです。

Fさんが初めて来られた時は、脚を主に操法しました。それで痛くないという状態に辿り着いたのですけれど、2回めに来られた時には、完全に戻っているらしい状態でした。

そこで、この日は違った操法と取り組んでみようと思いました。そのヒントになるのは、第803号「手をついた」。この記事にある状況では、腰椎5番が手首の操法で変化したという不思議なといっていいほど、離れた関係でした。早速Fさんに尋ねてみると、手をついたことがあるらしい。そこで、手首を操法すれば腰が変化するはずだ、すると「坐骨神経痛」の症状も変化するかもしれない、とこんな推論だったわけです。

私は、時々こういう大胆な推論に基いて操法することがあります。言ってみると、ある種の賭けともいえますが、平凡な操法をしていたのでは、変化しないとなれば、ある種の賭けも必要になります。ダメ元でやってみる。まあされる方は、えらい災難ですが、うまく行くかもしれないので、災難だとも限らない。

手首の操法は、第803号に書いておきましたので、そちらを参照してください。要するに一言でいえば、手首の捻れを取る操法を行ったことになります。

ただ、この操法は自分ではやりにくい、だれかにやってもらわないと難しい。ですから、ここでは自分でやるやり方を書いておきます。

手首のところにグリグリが二つありますね。親指側の「橈骨茎状突起」と小指側の「尺骨茎状突起」です。それぞれの突起の一番飛び出しているところに、反対側の手の親指と人差指をそっと当てて、二つの突起の頂上の皮膚を内側へ(親指側へ)捻る方向にわずかに捻じります。そのまま数分間、じっとしているだけでよろしい。これで、手首の内ねじれが改善してくれます。

実際に私がFさんに施した操法は、下橈尺関節をそっと捻る方法でした。でも、上に書いた自己操法でも同じ効果が得られるはずです。確認のため腰椎5番を強めに押さえてみました。すると痛くない、とのこと。

これで手首の操法が奏功しているはずです。「どうぞ、立ってみてください。」とFさんに立ってもらった。すると、お尻の痛みが消えているんだそうです。不思議なことに坐骨神経痛の痛みが、手首の簡単操作だけで消えてしまった。

私も、ここまでの効果があるとは思っていませんでした。賭けでしたから。

その後、「これで終わりにすると、不安になるでしょうね」とFさんに尋ねた。そうですね。ということだったので、1週間ほど後で来て貰う予定にしました。それが本日だったのですが、刻限が来ても、Fさんは来られない。電話をかけてみますと、寝過ごしたんだそうです。調子はとお聞きしてみると、良いと言われるので、それなら、しばらく様子を見てください、と言って電話を切った。

具合が悪ければ、人は決して忘れたりしません。だいぶよくなっているのだと思われます。早とちりの癖のある人に言っておきたいのは、この操法がすべての坐骨神経痛に効くと主張しているわけではないことです。「坐骨神経痛」と言われた人の中に、この操法で助かる人もいるんじゃないだろうか、という話です。

坐骨神経痛のある人で、手首を傷めたことがある人は、試してみてください。もし、これで改善したという人がいれば、詳しい状況を知らせてくださると、皆が助かります。

818 仙腸関節の締まり過ぎ

路地裏の整体術 第818号 2015年7月17日
▼ 仙腸関節の締まり過ぎ

昨日のからだほぐし教室でのこと。常連のTさんが腰が痛くて、一向に改善しないと。早速、見せてもらうことにしました。どうやら仙腸関節に痛みが出ているようですので、伏臥になってもらって仙腸関節の辺りを押さえてみます。

といっても正確に言えば、仙腸関節という骨盤の中にある関節は、直接触れることができません。仙骨の外側のラインから斜めに上にあがって行くライン、私が「仙腸ライン」と呼んでいるラインの辺りを押さえてみます。

この辺りには、もちろん腸骨・仙骨という骨がありますが、その表面に筋肉が広がっているので、正常な人の場合は、さほど硬くはないはずです。ところがTさんの仙腸ラインは、かなり硬く感じられます。

「硬く」とは、どのくらいなのかというご質問がありましたが、こういうご質問は、たいへん答えにくいものです。「感覚」ですから、どのくらい「熱い」のかとか、どのくらい「張り」があるのか、とかのご質問と同じく、感覚で感てみるしか捉えようがありません。

こういう時は【仙腸関節が締まり過ぎ】になっていることがあります。というと、仙腸関節は、体重を支えている関節だから、開き過ぎというのは、ありえても、締まり過ぎはないのではないか、というお考えの人もあるかと思います。

しかし、現実に【締まり過ぎ】としか考えられない場合があることを否定できません。締めるのではなく、緩めることによって問題が解決するからです。

共鳴法で仙腸関節を締めようとすると、「仙腸操法」と呼んでいる方法を使えばうまく行きます。→ http://shugeitei.com/bempi.html/ の下の方に図示してある方法です。これは締めるときの方法なので、逆方向に撫でると、仙腸関節が開きます。

私は、Tさんの右の仙腸関節のみ【3回緩め、その後、1回締める】という操作をしました。Tさんが痛みを訴えていたのは右の仙腸ラインだけだったからです。

3回緩めて、1回締めるのなら、2回緩めるだけでいいのではないか、と言う人がいるかも知れませんが、現実はさほど単純ではない。ねじを締める時のように全体に緩めておいてから締めるという操作をしないと、うまく行きません。

さて、この操法をしただけで、Tさんにどんな様子か聞いてみると、痛みはなく、ボカボカした感覚がある、そうです。Tさんは、仙腸関節は締めればいいものだ、と思っていたそうで、一生懸命に毎日締めていたんだ、そうです。締まり過ぎになっていたわけです。

何にしても【過ぎたるは及ばざるがごとし】。過ぎた時は、逆向きの操法が必要であるという、明らかな実例でした。Tさんは、操法を知っているから、こんなことになったのではないか、と考える人もいるでしょうが、操法を受けに来られたお客様で、同じ状態の人が先日ありました。なぜ締り過ぎだったのかは分かりませんが、あるいは他所の整体師にグイグイ締められたのかも。