930 脚長が揃う 16/11/18

脚長(脚の長さ)が違うと色々不都合が出て来るかもしれません。ちょっと考えてみただけでも、歩きにくい。まっすぐに絶ちにくいといったことがありそうです。股関節の不都合もあるかもしれません。

脚長をどこからどこまでと考えるか、考え方によって違いがあるでしょうが、とりあえず、大転子のところから始まると考えれば解りやすいと思います。

大転子というのは、股関節の外側、大腿骨の角といえばいいか、骨盤に大腿骨が差し込んである場所といえばいいのか。要するに、股関節の横あたりにぐりぐりの骨の突起が感じられます。と言っても、腸骨(こしぼね)のことではないので、お間違えのないように。

もっと、ずっと下、股関節の横です。。この位置は、手との相応関係でいえば、どこになるのかというと、小指の中手骨骨頭の側面です。わかりやすく言うと、手の小指の手前にある長い骨の付け根の側面。これが大転子に相応します。

この点に軽い刺激を入れると、大転子が変化し、脚長も変化するということです。

さて、それでは始めましょう。

初めに左右の内果(うちくるぶし)の位置で、脚の長さを較べてみます。仮に右が長く、左が短いと仮定しましょう。もちろん逆の人もいます。

こういう場合、小指の中手骨の骨頭側面を、右は手前方向、左は足先方向に撫でて、しばらく、そのまま受け手に寝ておいてもらいます。

すると、受け手の内部感覚で右脚が伸びる感覚があって、数分してから見てみますと、両足の長さが揃っています。そんなばかなことがあるはずがない、と思う人は、実際にご自分の脚で試してご覧になればよいでしょう。

今まで色々な人で試してみましたが、全然動かなかったのは、ご老体のみで、大抵の人は、脚長が揃って、立ち上がった時に、「違いますね」「あっ長くなった」などとおっしゃいます。

もっとも何にでも例外はあるもので、股関節に人工関節が入っている人の場合は、左右の脚長が違う状態でバランスをとっているらしく、脚長が揃うと却ってあるきにくくなった人もいると試してみた人から聞きました。でも、これも慣れの問題かもしれません。

教室で、この実習をしている時に、片方をどんどん伸ばしたら、どうなるかしら、などと奇抜なことを考えていた人もあるようですが、心配しなくても、そういう摩訶不思議なことは起こりません。

多分、関節のアソビの部分で縮んでいたところが伸びるのでしょう。決して必要以上に伸びるような奇妙なことはありませんので、ご心配なく。

また操法を間違えた時とか、逆にしてみたいという時は、操法を逆にすればいいだけのことですから、言ってみれば、脚長を自由に揃えることができるわけです。

脚長が大きく違う人の場合は、うまく行かないでしょうが、少しばかりの足底板で調節するような厄介なことをしなくてもよくなれば、脚の不自由で困っている人にとっては朗報になるかな。色々お試しください。

不都合や、すばらしい成果などありましたら、お知らせくださると、さいわい。

 

広告

893 かかと呼吸

第893号 2016年4月22日
▼  かかと呼吸

中国の古典中の古典 『莊子』(そうじ) の中に次のようなくだりがあります。

「真人の息は踵を以ってし、衆人の息は喉を以ってす。」
(福永光司・他訳、ちくま学芸文庫「内編」・大宗師編第六)

現代語訳の部分には、どう書いてあるか。「真人の呼吸は踵の底でするが、普通の人の呼吸は喉でする」 とあります。「踵の底でする」 とは、どうするのか、もちろん、そんなところから呼吸ができるわけはありません。「真人」 とは何か。これも現代語訳を読んでみると、「天の営みを知り、天とともに自然に生きる人」 というくらいの意味らしいと思われます。

そこで、どうするのか、やってみました。踵の底で呼吸をする気持ちで息をする、ということでいいのではないか。つまりある種の気功法を表しているのではないか、と考えたわけです。

歩きながら、やってみました。ゆっくり歩きながら二歩進む時に息を吸います。次に四歩進む時に息を吐きます。この時、踵の底から息を吐くつもりで吐く。これをしばらくやっていると、足がぽかぽかと暖かくなります。足の気のめぐりがよくなったのでしょう。冷え性の人は、試してみる価値があると思います。

なぜ二歩と四歩なのか。まず奇数にすると、左右が混乱して歩きにくい、という理由があります。そして、二歩と四歩は、吸う息は短く、吐く息は長くという原則に合っています。

なお、念のために付け加えておきたいこと。歩き初めの一歩は、自分の重心側と反対側でやるのが望ましい。歩いている時には、自然に重心側に意識が行っているもので、例えば私は左側に重心があって、左に左にと行きやすい。そこで、意識的に左右を逆にするのは難しくありません。

すると、吸う息の二歩の最初の一歩は重心とは反対側を出していることになりますし、吐く息の四歩も最初の一歩は重心と反対側を出しています。

このようにして歩くと、自然に無意識の世界を書き改めることができるように感じられます。どちらの足から先に出すか、というのは無意識の世界でどちらかに偏っているもので、そういう無意識はなかなか変更しにくいと考えられていますが、そうでもありません。かかと呼吸をしながら歩くと、自然に無意識が変更される。

そして、ここが重要なところですが、かかと呼吸を続けながら、私の場合ですと、朱鯨亭まで30分あまりを歩いて行くと、自然にからだ全体がぽかぽかとしてきます。気功法をしていることにもなる。一石二鳥にも一石三鳥にもなる。

手が冷たくて悩んでいる人は、かかとでなく、手先呼吸をしてください。手がぽかぽかと暖かになってくるでしょう。

これであなたも 「真人」 になれるかもしれません。そういえば、私の玄祖父(おじいさんのおじいさん)は、「真人」 という名前だったらしい。「まこと」 でも 「まさと」 でもなく 「しんじん」 だったそうですから、名付け親は 『莊子』 を読んでいたのでしょう。ちなみに 『莊子』 を書いた人は、「そうじ」 ではなく、「そうし」 という名前でした。

890 いきなり走ると ・・・

第890 2016年4月11日
▼ いきなり走ると ・・

いつも走っていない人が、いきなり走るとどうなるか。結論を先にいいましょう。

危険ですから、おやめなさい。

50代の女性さんは普段、何も運動をしていないので、走ってみようと考えた。

強い走りにならないように、そろそろと走られたそうです。でもダメだった。

足首が痛くなったからです。足首がどうなったのか。

踝(くるぶし)の辺りが痛くなった。困って朱鯨亭に来られたという次第です。

さっそく拝見しますと、あまり見ない症状でした。左足の外踝も内踝も痛いという。(解剖学では外果、内果と書きますが、ここは一般的にこう書いておきます)

いろいろ試みました。最終的に距骨(足首のベアリングになっている骨)が内側へズレていて、それがどんな方法を使っても元に戻ってくれない。

「えらいことをしてしまった」 と後悔の言葉を残して帰られた。

どういうわけで、こんなことになったのか。

普通は、こんなことにまではならないものです。下腿の脛骨と腓骨とが、互いに開いてしまうというのは、普通によく見られる現象であることは、すでに何度も書きました。

Aさんの場合は、その範囲を逸脱して、外踝と内踝が開いてしまった。

ここは、通常は、そんなに開かないように靭帯が頑張っている場所ですが、それが緩んでしまって脛骨と腓骨の下端が開いてしまったんです。

こんなことはないはずだが、と思って他の人を観察してみると、こんな状態の人が結構いるようです。

どうすればいいか。

硬い舗装道路の上を走るのをやめることでしょう。

走ると、歩く時とくらべ、遥かに強い力がかかると書いている人がいます。その通りだろうと思います。走ると、瞬間的に飛び上がっているのですから、そりゃ強い力がかかるはず。

かかった強い力が外踝と内踝を広げる力として作用してしまった。

いまの世の中には、「健康信仰」 やら 「運動信仰」 やらが新宗教として定着しているように感じます。「筋トレ信仰」 も困ったものです。

こんな信仰が払拭される時代がくることを私は待ち望んでいます。

840 浮き指(3)

路地裏の整体術 第840号 2015年9月25日
▼ 浮き指(3)

浮き指の問題について、極めて詳しいサイトを見つけました。次のところです。

浮き指専門サイト http://www.ukiyubi.net/

浮き指について、私の考えを書こうと思って、この連載を始めましたが、この
記事を読むと、そう簡単には終わらない感じになってきました。内容が広いので、
私自身このサイトの内容を検討していません。無責任のようですが、各人で判断
なさってください。今後少しずつ読んで行きたいと思っています。

ここに書かれていることが正しいとすると、足について、考え方を改める必要が
あるな、と思いますが、ようするに、靴を履いて、舗装道路の上を歩いている、
足の裏を使っていないということに尽きるのかもしれません。さて、みなさんは
どう感じられるか。ご意見をお寄せ下さると、ありがたいです。

839 浮き指(2)

▼ 路地裏の整体術 第839号 2015年9月21日
▼ 浮き指(2)

第1回の内容を読んでメールをくださった方があり、概要つぎのような内容でした。浮き指と関係があるような、ないような。

──知り合い女性(50代)に聞いた話です・・・。ある日足の小指を箪笥だかにぶつけて、いつまでたっても痛いままなので病院に行ったそうです。そこで診てもらうと 「あなたは足の小指の関節が一つ足りない」 と。

当人も長いこと人間をやってきて初めて知ったらしいのですが(笑)、その医者曰く、「昔は100人に1~2人だったけど最近は30~40人いる。歩いたりふんばったりすることがなくなったから退化的に進化しているんじゃないか? アメリカあたりでも同様の事態になっている。」 とのこと。

その医者的には 「だからまぁ、心配することではない」 というニュアンスだったそうですが、また聞きの私からしてもうすら怖い内容です。

またその医者は 「そのうち指の数も減るんじゃないか?」  と笑っていたそうですが、なんだか全く笑えない ・・・。

同感ですね。『私たちは今でも進化しているのか?』 という興味深い本があり、「炭水化物ダイエット」 に反論するのが著者マーリーン・ズックさんの論点のようですが、進化が起こるのに、数万年というような長期間を要するという考え方は誤りで、いまもどんどん進化が起きている。私たち人類にも進化が起きているということのようです。

「進化」 と呼び、「退化」 と呼んでも、同じことで変化の方向が違うだけですから、足小指の変化も、案外急速に進んでいるのかもしれません。

そこで検索にかけてみると、足小指に触れた記事が結構みつかります。例えば、

http://matome.naver.jp/odai/2139022131366864001

に詳しい記事があります。日本人は、小指の関節が少ない人が多い、というのですが、さて、あなたの小指はいかがでしょうか。

838 浮き指(1)

路地裏の整体術 第838号 2015年9月17日
▼ 浮き指(1)

まぐまぐニュースに次のような記事が出ています。
http://www.mag2.com/p/news/15688

(以下引用)
──真っ直ぐに立てない子どもたちが増えているという事実、ご存知ですか? 子育てに関する具体的なノウハウを配信する『子どもが育つ「父親術」』で今回取り上げられているのはその「浮き指」という症状。放っておくと学力にまで影響するという浮き指の防止・改善法を紹介しています。

親子でできる簡単浮き指防止・改善法
また、ネットで気になる記事を見つけてしまいました。題名は「まっすぐ立てない子どもたち」。mixiニュースでも見かけたので、ご覧になった方もいるのでは? その記事で取り上げられていたのが「浮き指」という症状。「足の指が床につかない」というのですが、想像できますか??

浮き指になると、立ち姿勢でのバランスがとりにくくなるのでまっすぐ立っていられなくなるとのこと。その他にも「膝を曲げてゴリラのように歩く」「座る時の姿勢も崩れて猫背になる」などの影響が出るようです。

浮き指になってしまう原因は、小さい頃に必要な運動が不足していたからと考えられているそうです。「必要な運動」と言っても、そんなに特別なものではありません。

つかまり立ち
伝い歩き
歩行

など、どの子も放っておけば勝手にやるようなことばかりです。

ところが・・・記事中に紹介されていた都内の小学校では、全校児童の8割以上が浮き指だったとのこと。そのため、全校集会で『姿勢体操』なるトレーニングを取り入れているとか。

これは、危機的と言える状況でしょう。

この小学校が悪いわけではありません。むしろ、この異常事態に真摯に対応していると思います。問題なのは、小学校に入るまでの6年間もの間、浮き指になってしまうような環境・状況に子どもたちが置かれていたこと。

いろいろな要素はありますが、これは親の責任でしょう。体力は、全ての活動の基礎になるもの。これを育むのは、まぎれもなく親の責務です(基礎的な体力は、学力にも影響します。このお話は次回に・・・)。

(ここまで引用)

さて、問題の「浮き指」ですが、要するに趾(あしゆび)が付け根の関節から、上に折れ曲がって、上がっている。そのため趾が地面についていない、というものです。程度の差は色々あっても、大人にもよく見られます。「よく」というより、子ども達と同じように「8割以上」の人に見られると言った方がよいくらい蔓延しているのではなかろうか。あなたの趾は地面にしっかり着地しているでしょうか。靴下を脱いで確かめてみてください。少し上に曲がって、
浮いているのではありませんか。

とすれば、あなたも子どもたちと同じ運動不足だということになりますね。どこへ行くのにもクルマという時代ですから、止むを得ないことなのかもしれませんが、趾のこの状況のために、操法をする者は苦労を強いられることになります。つまり身体の全体をしっかりと整えたと思っても、趾が悪いために、すぐに逆戻りしてしまう、という現象が広く見られるようになってきたように感じます。

次回は、この問題を詳しく考えてみます。

831 ナンバ歩き(四)

路地裏の整体術 第831号 2015年8月20日
▼ ナンバ歩き(四)

ナンバ歩きに関して、いくつかのご意見をいただいております。それぞれ、参考になる点がありますので、まとめてご紹介いたします。

■Kさん(北海道)という方から、驚くべきご報告をいただきました。

──以前、ギックリ腰になりネット検索したことから、路地裏の整体術を読んでいます。難しくてわからないことも多いのですが、今回のナンバ歩きは実践してびっくりしたのでメールさせていただきます。

私は心疾患により、少しの坂道や階段を上る時でも途中で休まなければなりません。先日高低差約30m、距離約250mの上り坂をナンバ歩きで上ってみました。

何と一度も休憩することなく上り切ってしまいました。本当に自分が信じられませんでした。いつもならゆっくり上って途中で3回は休んで息を整えていましたので。

この時の嬉しさと言ったらなかったです。自分に自信が持てました。これからはできるだけナンバ歩きで歩こうと思っています。

ありがとうございました。

■Mさん(住居地不明)から次のような参考になるご意見もありました。やり方によって、深みのあるやり方にもなりうると思われます。

──私は、いわゆる、ナンバ歩きを二十年弱続けております。最初は、ナンバ歩きを練習しようと思ったのではなくて、身体の使い方について、色々、やっていたら偶然にそうなったのです。
「そういえば、最近、ナンバ歩きというのが話題だが、これがそうなのか?」
と興味をそそられ、そのまま続けて、二十年弱になります。

つまり、身体のバランスで、偶然にそうなったのですから 、現代人の身体使い(バランス)のまま、訓練でナンバ歩きを作るのは、少し違う気がしております。

その偶然の経過を書かせて頂こうと思いますが、その前に・・・
歩き始めて間もないころの赤ちゃんを思い浮かべて頂きたいです。手は振ってません。手を振る筋肉がまだついておりません。
全身の筋肉が弱いのに、立って歩くのですから、非常に効率の良い歩き方だと思います。

つまり、人はみな、いわゆるナンバ歩きの時代があったことになります。そのまま成長したのが、手を振らずに歩いた昔の日本人かもしれないですね?

人間の歩き方は、先天的ではなく、周りを見て覚えるのだそうです。甲野さんの本に書かれてますが、オオカミに育てられた人間は、一生四足をやめなかったそうです。

さて・・・私が、いわゆるナンバ歩きに偶然になった経過です。当時、武道をやっていた関係で、とにかく力を抜くことを研究しておりました。

あ・・・前提条件として、骨盤の角度が前傾しすぎていてはダメです。手を振る現代人は、前傾過ぎの人が多いように感じます。「仙骨姿勢」という本がありますが、なかなか参考になると思います。(太極拳の骨盤の角度なども参考になります)

まず、壁のそばで、背中を壁に着けずに立ち、頭皮・顔の力を抜き、首の力を抜く。気持ちをほっとさせるのがコツでした。
それができたら、背中の筋肉が重力で地面に落ちるくらいのイメージで、力を抜きました。
ここまでは、骨盤の角度に問題なければ、意外と簡単だと思います。

コツがいるのが、肋骨のすぐ下(周囲全部ですが特に胸椎12番下)~骨盤のすぐ上・・・方形筋などの特定の筋肉を考えると間違うような気がいたします。肋骨のすぐ下は、リラックスして横隔膜が下がるくらいのイメージで抜きます。そのイメージを骨盤の上(腸骨稜辺り)まで広げて、力を抜き続けます。

これが上手くいくと、突然、後ろに倒れ始めます。(だから、壁のそばに立ってやります)驚くほど、明確に倒れ始めます! つまり、現代人の多くは、背中の筋肉をぐっと力を入れ、締めて、それをバランスして立っているわけです。

ここまでできれば、あとは、簡単です。後ろに倒れるくらい力抜けたら、それを維持して、まっすぐ立ちます。
要は、倒れないように、身体を前に傾けて、バランスとって立つわけです。

さて、その状態のまま、何も考えずに歩くと、手を振ってないです。手を振る必要が無くなります!! ここまでで、いわゆるナンバ歩きはできますが、その後、背中側だけでなく、胸、お腹はもちろん、全身の力を抜いていくと、さらに発展していきます。

因みに、この状態の身体は、研究すると驚くことがいっぱいあって、楽しいです。気持ちの操作なども楽になってくるようです。また、相撲なども、 こういう状態の身体でやれば、決して、外国人には負けないと思いますし、スポーツでもかなり有益だと思います。私自身は、腰椎分離症ですが、かなり助かっています。

ナンバ歩きを、一般の方にまで広めるのは、なかなか難しい気がいたします。一つには、もし、私の説明通りできたとしても、それを日常の身体として定着させるには、やはり、それなりの期間が必要です。

毎日毎日、一日中意識して、2週間以上はかかると思います。その間、非常に興味深い身体の変化を体験できるのですが・・・私も、これまで、何人かに伝えてきましたが、身につけることができたのは一人だけです。

ただ、伝える過程の部分部分については、一般の方にも役に立つ部分はあるように思います。いくつかあげれば・・・特に、力の抜き方・・・特定の筋肉に注目し、観察しながらでは、力は抜けず、抜きたい場所を意識しながら、ホッとする気持ちで力が抜ける事。

頭部、首の力を抜いて、それを維持しながら何かの作業にかかれば、不意の腰痛予防効果があること。
そして、骨盤の角度は、現実には、ヘルニアの方などには、かなり役に立つことがあるように感じました。

■Sさん(愛媛県)からは、踊りとの類似を指摘していただきました。

──今回のナンバ歩きの記事で、夏のお盆時期ならではの「ある動き」に似ているとふと思いました。

「四国、お盆」と言えば・・・徳島の夏祭り「阿波踊り」の動きは、手と足を同時に出し、体幹は捻らせず、「女踊り」は特に、頭から足まで、キリっと真っ直ぐに踊ります。

それから、それぞれ地方ならではの踊り方はあるとは思いますが・・・盆踊りも手と足が同時に出しながら踊ります。どちらも、長い時間を踊ります。

身体を捻らないからこそ長い時間踊り続けられるのでとても理にかなっているのではないかと思いました。