1028 人にしあわせになってもらうために

第1028号  2018年4月22日
▼ 人にしあわせになってもらうために

今回は操法を仕事としてやっておられる方々への便りになるというつもりです。でも、そうでない人にとっても、人は何のために生きるか、という問への答えの一つになっているかな、と思っております。

先日、東京のTさんが久しぶりに教室に参加して来られました。その後、操法の予約をとっておられた。合気道の稽古で肩に怪我をしたとのことです。

Tさんへの操法が終わって、話をしていると、

「先生に愉気をしてもらうと、何かしあわせになります」というようなことを言われる。と言われても、私としては、人がしあわせになってもらうために操法をしているということを意識したことはなかったというのが本当のところです。でも、そのように言われた。

しかし、考えてみれば、操法をしていて、相手にしあわせになってもらえないなら、失敗というか、失格なわけで、そう言われてみれば、私としては、これは、とても恥ずかしい。

これまで自分は人にしあわせになってもらうために操法して来たのではなかったのか、と考えて、うつむいてしまったと思います。Tさんは気づいておられないかもしれませんが。

話変って。

私は昔から(とっても何年前からか思い出せないのですが)、まいにち卦をたてる癖があります。いつも良い卦が出るとは限りません。むしろずっと悪い卦が続いて落ち込むこともあります。でも、続けている。それは、自分の現在の状態が卦に現れるから。つまり自分自身を知るために卦を立て続けているわけです。

ところが。

先日から何人か、操法の後でお客様に卦を立てていただいたのです。すると驚いたことに、皆さん、大変いい卦ばかり出されるのですよ。どんな卦だったか全部は覚えていません。ただ数日前に立てていただいた方が出された卦は「雷風恒」。これは、言って見れば、穏やかな風が吹き続けるという意味の卦で、たいへんいい卦の一つです。

その前には「火天大有」という卦が出たこともあります。大空に太陽が輝き渡るという意味ですから、悪いはずがない。

私自身がやると、大していい卦が出ないのに、お客様が立てるといい卦ばかりというのは、何を示しているのだろうか。天からそういう謎をいただいたことになります。

私はTさんの言葉を思い出して、これは私が操法をすると、皆さんしあわせになってくださっているということなのか、とはっと気づいたわけです。

いま私は自分の愉気がどのような意味を持っているのか、そのことだけを考え続けているといってもいいくらい、愉気のこと、愉気の方法について考え続けているところなので、自分の考えていることの答えをもらったという気がしました。

人は誰かにしあわせになってもらうために生きている。こう考えたらどうか。そんなことを考えていると、今度は東京のセミナーに参加された岩手県のNさんからお手紙をいただきました。

長文ですので、全部をご紹介することはできませんが、一部を。

── 四月十六日、二重生命線を見つけてもらい「病気だという思考を変えなさい」と言われ、あの時目から鱗が落ちて目が覚め生まれ変わった感じです。

どういうことか解説をしますと、二重生命線というのは、普通にある生命線の内側に生命線と同じ流れの線のある人がいて、そういう人は生命の力が大変強いと言われています。そのことをセミナーの席上、モデルで出てくださったNさんに申し上げたら、こういう感想をいただいたわけです。

これも表現は違うものの、Tさんと同じことをおっしゃっていますね。

愉気をする時は、相手がしあわせになってくださるために取り組む。そう考えてみたらどうでしょうか。そう考えを変えるだけで、愉気のパワーが変わります。

どうぞ、皆さんお試しになってみてください。

広告

1026 経行の勧め

第1026号  2018年4月9日
▼ 経行の勧め

経行(きんひん)と言っても、ご存知ない方が多いでしょう。禅寺で坐禅をする時に、坐禅の1セッションが終わり、次のセッションまでの合間に、禅堂の中を修行僧たちが抜き足差し足、ゆっくりとねり歩くことです。

そんなことに何の意味があるのかと不審に思われたとしても不思議ではありません。私は最近、坐禅に取り組んでいますが、禅寺でやるだけでなく、大衆禅と呼んで、奈良の西にある生駒山の東斜面にある山荘で、数人の方々と坐禅をやっています。そこでこの経行をやっているというわけです。

これをやると、耳の後ろの乳様突起が、寝ている間に不思議に上がる。(もちろん、こんな話は禅僧の方々には知られていないでしょう)。

乳様突起が上がるのは、側頭骨が前の方に回った(頭蓋骨が開いた、弛んだ)ということを表しています。そのため、頭頂部の膨らみも消える。

頭蓋骨は、決してカチッと固まったものではなく、縫合のところで動いています。季節により、その人の生活により、変動するわけです。

交感神経の優位な状態になると、側頭骨が下がります。逆に副交感神経が優位になれば、側頭骨が上がります。

一般的に自律神経の変動と言われる変化は、このような頭蓋骨の変動としても表れます。だから頭蓋骨を変化させることができれば、自律神経を整えることが可能だということになります。

と言っても、頭蓋骨に力を掛けて、ぐっと押すようなことをすると、たいへんなことになります。でもそういう人がいるらしい。それで具合が悪くなった人が来たことがありました。

そんな危険なことをする必要はありません。初めに書いた「経行」をすると、その日の夜、自分の頭の形を朝起きた時に調べてみると、見事に側頭骨が変っていました。側頭骨が上がって、副交感神経優位になったということです。

自律神経を整える福田・阿保理論では、交感神経優位になっていることが色々な病気につながると言われています。でも手足の爪の横のツボを押し続けるのは、かなりの努力を必要とするわけで、私などは、面倒くさくなって止めてしまいました。効果もすぐには感じられないので、続けるのは、なかなか大変なのではないか。

それより「経行」をやるのは、簡単ですし、やると、ただちに効果が出ます。自律神経失調と言われて悩んでいる人は、これを試してみてはいかがでしょうか。

「隻手」(せきしゅ)という手の形をとって、部屋の回りをそっと歩くだけです。

「隻手」の形は宗派によっても違いがあるようなので、私は、気功の時の掌の重ね方も考慮して、女性は、左手の親指を右手で握って両手を胸の前に当てる。男性は、右手の親指を左手で握って両手を胸の前に当てる。という風にしています。

そうして、1息半歩と言われるように、ゆっくりと前に進みます。この時、自分の足元を見ないように、つまりうつむき加減でやらないようにしてください

自分ひとりだけでやっても効果があります。決して坐禅の後にやるということにこだわる必要はありません。

なぜ自律神経を整える効果があるのか。それはよく分かりませんが、ゆったりと行動することによって、そういう効果が出るのだろうと私は考えています。ウィキペディアの「経行」の項目には次のように書かれています。

── 義浄によれば、経行には、病を取り除き、消化を助ける、健康促進の目的もあったとされる [義浄は、三蔵法師と同じく、インドから仏典を持ち帰り、翻訳した僧侶]

1021 樹功その後

第1021号  2018年3月29日
▼ 樹功その後

以前に「樹功」という項目を書きました。その後の変化など、樹功に関するもろもろをまとめておきたいと思います。なぜこんなことを書くのかといえば、続けてやってみて、私の体調が大きく変って来たからです。

ですから、操法を受けに来られた人たちにも、ぜひ樹功をするようにと、お勧めしています。

樹功については、色々なご意見・ご感想を寄せていただきました。樹功という言葉を検索してみたが出て来ない、というご意見。それもそのはず。「樹功」というのは私が勝手に作った言葉だからです。

普通にはどういうか。「樹林気功」という言葉があります。これは藤田雅子さんという三重県在住の女性が熱心にやっておられるようで、藤田雅子 『やさしい樹林気功』 (全国林業改良普及協会)という本も出ています。

この藤田さんの師匠は、今田求仁生(くにお)さんという「哲学医」ともいうべき人で、あるネットの記事によれば、気功の世界に大きな影響を与えた方だとか。つぎのところに記事があります。⇒ http://taichi-psycho.cocolog-nifty.com/adler/2009/05/post-a83e.html

さて樹功について書くと言って始めたのですけれど、それほど私自身が樹林気功に親しんでいるのか、と言えば、毎朝のように飽きもせず、自宅近くの樹に凭(もた)れに出るということを繰り返しているだけです。

樹林気功をしているのか、と問われれば、それは違うと答えることになるでしょう。だから「樹功」という別の言葉で表すのがいい、と思っています。なにしろ毎朝、樹林気功ができるような贅沢な場所に住んでいないということもあります。

やり方はどうするのか。できれば一抱えほどの太い大木がいいですが、そういう木を探し出して、その木に凭れる。そうして2分から3分ほどジッとしている。簡単にいえば、それだけのことです。

ですから何の難しいこともない。ただやってみるかどうかが大切で、照れくさいなどと言って、やらなければ何事も始まりません。とはいえ、ただ一回やるだけでは、何も分からないのも事実。やはり何度か繰り返してやっているうちに、何か変ってきたな、と感じる時がくるはずです。

「樹功」という記事を書いたのは昨年5月24日(第974号)ですから、私はすでに一年近くやっていることになります。雨などの理由で時々休みにすることもありますが、たいてい毎日欠かさず木のところに出かけます。日の出の頃がいちばん気持ちがいいですから、今は、6時半くらいの時刻です。(東に高円山があるので、日の出が少し遅い)

どんな木に凭れに行くのか。冬の間は、常緑のアラカシの木を選んでいました。今日は久しぶりに一抱えに余るケヤキの木を訪れてみると、枝に葉っぱはありませんが、すでに葉を付ける準備が整っていると見えて、凭れただけで、背骨のところがポカポカと暖かくなりました。

ですから、どの木がいい、と決めつけるのでなく、季節ごとの状況に応じて、よさそうな木を選べばいいと思います。人を選ぶのと同じで、人と木の間にも相性があるようです。

その結果、何が変ってきたのか、といえば、まず体が暖かくなった、全身の気のめぐりがよくなった、色々なことを楽しんで出来るようになった、繊細な感覚まで感じるようになった。そんなところでしょうか。操法家としては、気のめぐりを感じるようになったのは、大きな強みになると思います。

ですから、この方法は、施術家の皆さんにまっさきにお勧めしたいと思っています。きっと何かが変ってくることでしょう。

1021 癌細胞に感謝する

1021号  2018年3月10日
▼ 癌細胞に感謝する

イギリス在住のNさんから次のようなメールをいただきました。お許しをいただいて引用します。読みやすくするため、改行などは原文と少し違っています。

癌細胞に語りかけることを続けて癌が消えたという報告です。どんな病気にも関わることだと思います。病気は、自分の生き方の誤りを教えてくれるもの、無闇に嫌うのでなく、病気に感謝してみようというご提案でもあります。

──日本で鍼灸あんま師の資格を取った後、イギリス人と結婚し英国に住んで18年。3人の子供の子育てもほぼ終わり、これからはやっと自由に自分のやりたい事ができる人生の段階となりました。今は自宅でのんびりと知り合いにだけ指圧をしています。

私は、3年前の定期検診で小さな乳癌を発見され、即通常の癌治療コースを勧められました。ずっと健康を自負していたので晴天の霹靂。

でも瞑想により癌細胞は私の気付いていない間違った生き方を教えてくれるために出来たのだと分かり、全ての治療を拒否し感謝して毎日癌細胞に話しかけました。自分の体の他の硬い所や痛い所にも話しかけながら揉んでやりました。

いろんな気付きがあり段々と私のかたくなな考え方が溶けていき、同時に癌も消えて無くなりました。医者も首を傾げていました。

体の状態はまさにその人の生き様の歴史。私は指圧で人の体に触ることが大好きです….

その人の生き様を開けっ広げに触らせてもらう、というおこがましい立場にある事に恐縮しながらも。何かの縁で触れ合う事になったその方のエネルギー。どのエネルギーも、活き活きとあるべき方向に動き続けて欲しいです。私が詰まっているものを動かしてその動きを助けることができたら、それが何よりも嬉しいです。──

(以下略)

1016 ぐっすり眠れるようになる方法

第1016号  2018年1月30日
▼ ぐっすり眠れるようになる方法

表題のような名前の本が出ています。試してみると、確かに眠れる。何人かに試してもらったところ、やはり効果があったようです。

白濱龍太郎
『だれでも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』
(アスコム、2017年9月)

3ステップの体操をすることになっていますが、私がやってみて一番効果が上がると感じられたのは、次の体操。

本書ではシャワーによる説明になっていますが、冬のことですから、風呂につかってやればいいと思います。両手の指を組んで、後頭部に当てる。親指が下。風呂に首までつかっていますから、湯が親指につきます。その状態で、首筋を上下に撫でる。約1分間。ごしごしとやらないこと。軽く。軽く。これだけでも効果があるはずです。

この後、2ステップ、3ステップの体操がありますが、これについては本書をお読みください。内緒でいいますが、立ち読みでも十分だと思います。

これまでこの種の本は、色々理屈を書いてあるけれど、さっぱり眠れるようにならないという特徴がありました。睡眠薬のお世話になっているという人をたびたび見掛けます。この体操でぜひ薬を飲まずに眠れるようになってください。

1013 老化とは乾燥である

第1013号  2018年1月22日
▼ 老化とは乾燥である

以前から、ヘバーデン結節と乾燥の関連について、繰り返し指摘してきました。つまり体が乾燥してくると、体の末端である手足の指先が水不足に陥り、第1関節が乾燥して、異常を起こす可能性があるということですが、これに関連して。

ユージェル・アイデミール
『なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?』
(ヒカルランド、2017)

この本の内容に関しては、根拠の明確でない疑問点もあり、必ずしも推薦図書というわけではありません。慌てて買わず、書店の店頭でじっくり中味を確認してください。

ただ色々と、「なるほど」と納得できる部分があります。

──人の体は20歳を超えると、水分を失って行きます。これが「老化」と呼ばれる現象ですが、理由はまだ分かっていません。(52ページ)

──カフェインは脳に直接届いて依存を起こすとともに腎臓にも影響を及ぼしながら、体の尿生成を活発化させます。コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる経験をされたことがあるでしょう。こうしてカフェインをたくさん含んでいる飲料を飲めば飲むほど体はそれから何も得ることなく、水分をそのまま外へと出してしまうのです。(61ページ)

第1関節のヘバーデン結節を起こしている人にコーヒー好きの人が多いのも、頷けるわけです。

ここで注目したいのは、メルマガの [第996号] で取り上げた第2関節の「ブシャール結節」 です。第2関節の故障となると、多数見られるのはリューマチですが、リューマチの場合はX線写真で関節の破壊が確認されるようです。「ブシャール結節」の場合は、そのような破壊にまでは至っていないそうです。

ブシャール結節ではないか、と思われる第2関節の故障をよく見掛けます。手指の第2関節が硬く盛り上がっているもので、突き指を起こしているのか、と思っていましたが、突き指ではなく、ヘバーデン結節と同じように水分不足を起こして故障している可能性があります。

手指の第2関節を触ってみると、硬く盛り上がっている場合がある。これをつまんで、じっと愉気していると、次第に弛んで盛り上がりが小さくなってきます。それだけで、結節が消失したと言いたいわけではありません。関節の周辺の組織が硬化していて、それが愉気によって弛んでくるのだと思われます。そうすると、腕や肩が弛んできます。

しかし、乾燥が関わっているのだとすると、愉気だけでよくなる道理はない。本人が水分をよく摂取するように気をつけなければ、本当の改善は望めないでしょう。コーヒーも止めないとね。

体の乾燥が色々な症状と関わっているのは、わかりやすい話ですし、老化と乾燥が関わっているというのもわかりやすい理屈でしょう。

特に今のような冬場は、乾燥がきつくなるので、よく水を飲めという説が昔から行われています。

しかし一方で、漢方の方面からは、水が体中にだぶついてくると、水毒を起こすという主張もあり、むやみに水を摂取すればよいというものでもないらしい。

どの程度が適当な摂取量なのか、難しいところですが、一つの目安として、手指の関節が硬くなってくれば、水分が不足していると考えるのは、わかりやすい指標かもしれません。

1010 瑞祥芳楽

第1010号  2018年1月1日
▼ 瑞祥芳楽

これまで毎年、新年号には、ことしはどんな年になるかと占いによる予想を載せてきました。しかし今年は、何か大きな転換があるように感じます。

昨年70歳の古希を迎えて、これから静かな晩年かと思いきや、何の何の、私個人はますます変化の激しさを実感することになっています。

変化の速度が非常に速くなっているという意見が世上にあるようですが、まさにその通りと感じている次第です。

そこで、今年は【フリーハンドの年】と呼んでおきたいと思っています。

フリーハンドとは何か。未来を予想して、それに備えるのではなく、どんなことが起きても対応できるようにフリーハンドが一番ではないか、と考えるわけです。古い言い方をすれば、無手勝流です。

皆さんにとっても「フリーハンド」かどうかは、分かりません。それは個人個人の判断でしょう。

非常に変化が速いとすれば、準備をしても役に立たない。私の身に起きていることから判断して、変化が凄まじい速さになっていると感じられます。しかし、変化が速いというのは、悪い変化だとは限りません。良いか悪いか判断している暇もないほど速い。

「変化が速い」ということを日本語で検索しても碌な記事は出てきませんが、英文で検索してみると、電子技術などの技術が急速に進んでいる、というような記事が出てきます。それは事実であるとしても、もちろん、そういうことを言いたいわけではありません。

私の場合をお話しますと、からだの中の気感が急速に変化しています。毎日変わるという様子です。それに関わっているのは、座禅に通っていることだろうと思います。

「座禅」というものを心の課題とばかり思っておりましたが、やってみると、そうではないと分かりました。体に大きな変化を生み出す驚くべき「技術」であると分かりました。

今は、こんなことを毎日考えながら、日々を過ごしております。私にとって、楽しみな年になりそうです。どうぞ、皆様方にとっても楽しみな年になりますよう、お祈りいたしております。

皆様へ、丈夫になる新年のプレゼントを。野口晴哉の 『愉気法2』(全生社、2006)の中に、「脊椎行気法」の記事があります。一度お試しを。その場で、道具なしに出来ます。

──「ともかく体が弛んだら、背骨で呼吸するつもりで背骨に注意を集めて、徐々に背骨から腰に息を吸う。吸ったことだけ意識して、吐く方は注意しない。五又は十回行う。多すぎると首や肩が凝ったり、腰が硬くなったりするから、二、三回背骨へ息が通ったらやめる。背骨に息が通ると発汗する。疲れはすぐに抜けてしまう。

やってみられると、なるほど、と納得されるのではないでしょうか。