935 靴紐を結ばないと体がゆがむ 16/12/16

靴の紐の結び方一つで、からだの状態が非常に変化することをご存知ですか。

靴というか履物の歴史はずいぶん長いらしく、人類とともに履物があるといってもいいそうです。

そのためかどうか、履物を軽視している人が多いように思えます。ク◯ックスなどというサンダル形式のものを外でも履いている人がいますが、庭をうろうろする程度ならいざしらず、外出時にあれで歩くのは感心できません。

サンダル形式のものに限らず、【踵が固定していない履物】(下駄や草履はまったく別の範疇に属します)は足指を傷めるだけでなく、【からだ全体をゆがめる】結果になっているように思われます。

このメルマガでも一度とりあげたことがある話題として、「浮き指」がありました。

実際、趾(あしゆび)を見せてもらうと、ほとんどの人が「浮き指」になっていると言っても過言ではないでしょう。

第3関節が上方へ曲がり、第2関節が床から浮いてしまっている形の人が非常に多い。

その原因の一つは、つっかけ形式の靴を履いている人が多いこと。それから、重要なのは、靴紐をしっかり縛っていないことです。つっかけ形式とは、長靴(ブーツを含む)、スリッパ、上履き類などです。

例えヒモ靴を履いていても、靴を脱ぐ時に紐はそのままの人が多い。つまり紐を飾りとみなしている人が多い。

靴紐をしっかり結んでいないと、どうなるか。

大抵の靴は踵が高く作ってありますから、足先が靴の奥まで突っ込まれることになる。

すると、指先が奥に当たって押し返される。これが歩いているあいだ中ずっと続きますから、どうしても指先が曲がってしまうことになります。つっかけ形式の履物も同様です。スリッパとか、ブーツとかも同じことでしょう。

ところで、先日のセルフ整体教室でのこと。教室ご参加者の皆さんに、毎回、自己紹介+近況報告をしていただいております。これは参加者の顔ぶれが毎回変化することもありますが、少しずつでも、皆さんに向けて何かのメッセージを出して、互いに情報交換をしてもらいたいということもあります。

その時、参加者の一人Nさんが、整体を受けた時に教わった靴紐の結び方を子どもたちに教えたところ、縄跳びが上手になりました、という話をされたんです。

なるほど、と納得したわけです。やってみると分かりますが、紐の結び方ひとつで、歩き易さが変化します。縄跳びの技が向上したとしても不思議ではありません。

この靴紐の結び方は、YouTube でも見られます。「イアン・ノット」で検索すると、色々出てきますから、どれでもいいでしょう。ただ、この方法は、ちょっと見た目には、難しそうだな、と思った人は次の方法へ。

これとは少し違った結びです。しっかりと結ばれて、決してほどけません。Nさんにお教えしたのは、この方法でした。→

https://www.youtube.com/watch?v=BN4ss4OpXF0

整体を受けに来られて、帰宅してすぐに痛くなったと電話をして来られる人がいますが、こういう人は靴の紐に問題があると思います。

【靴紐の結び方ひとつでからだの状態がころっと変わる】のですから、心したいものです。

靴の影響がこれほど大きいことが意外に知られていないのは残念です。そのため、私は、整体を受けに来る人ごとに靴の履き方を指南しないと行けないという状態に陥っています。次回来られるときまで、おかしな靴で歩いてもらっては操者も困りますし、ご本人もせっかく整体を受けたのに、いつまでも何だかおかしい、というのも具合の悪いものです。

最高の健康法は、靴の結び方だ、と言っても言い過ぎにならないと思います。逆に靴紐を結びっぱなしにしていると、いくら立派な健康法を行っても無駄になるかもしれません。

 

932 健康不安についてのご意見 16/12/8

前号で「健康不安」について触れたところ、いくつかご意見をいただきました。それらをご紹介するとともに、私の意見(▼)も書いておきたいと思います。

◎1 Kさん(奈良県在住、口頭で伺ったご意見) 「健康不安がないのが健康だ」というのは、その通りだと思うが、ただ、前提条件がいる。

タバコをじゃんじゃん吸い、酒をがぶがぶ飲むなど、メチャクチャなことをしていて、健康不安がないというのは、どうだろうか。

▼ 確かにもっともなご意見です。私もそう思いますが、少し注釈を付け加えたい気がします。健康に悪いことをしない、というのも、健康不安を呼ぶのではないか、と思うからです。

例えば、〇〇はからだに悪い、などという話は色々あります。〇〇はからだに悪いという意見を目にすると、そういうことに意識が先鋭に向いて、健康不安をつのらせている人がいるのではないか、と思うのですが、どうでしょうか。

つまり現代人は自分の身体にかかわることを本能的に、あるいは直感的に判断できなくなっている。頭でしか判断できなくなっている人が多いし、そういう社会になってしまっているということだと思います。いずれにしても、私達の暮らす社会は対応の難しい複雑怪奇な社会になってしまいました。

【〇〇にはいる具体的な名詞についてご意見を色々いただいても、私には対応しきれませんので、念のため】

◎2 Kさん(東京都在住、メール) 私 [Kさん] の院に来た時はすでに慢性膵炎と診断されたあとだったのですが、診断されるまでの経緯がすごかったです。というのは・・

初めは、その方の旦那さんがテレビの健康番組で自分が膵炎かもと思ったらしく、ネットで調べ始めました。よこで見ていたら自分もそんな気がして来た・・というのが事の始まりです。

そのあと医療機関に十数軒行って、さいごの病院で慢性膵炎だね~、と診断されました。本当は膵炎じゃなかったんでしょうけど、自ら病気を作ってしまった・・そんな気がしました。

▼ やっぱり、という感じですかね。「健康不安」というより、なんと言えばいいのか、「病名願望」とでも言えばいいのか、「病名」が付くと安心するという心理。この根底にあるのは、医学信仰なのでしょう。

◎3 Tさん(長野県在住、メール) 西洋医学の検査は、身体を診る上で一つの指標になるとは思いますが、必要があって上がっている数値もあるわけでしょうから、結果に左右され過ぎないよう、自分自身が出来る限りの知識と自信を持てるようにしたいものです。

整体させてもらう時は、どうしたらこの人が自分の身体に対して無くしている自信を取り戻してもらえるか、という事を念頭に置いています。

「健康不安がない状態こそ、健康なのではないか」とのお話、 言い得て妙ですね。思わず手を叩いてしまいました。

不安、言いかえれば恐怖が強い方は、野口整体の感情活点がなんかヒンヤリしていたり、(本などに時々出ている)右肩甲骨内側の違和感などを感じる様な気がします。

▼「感情活点」とは、左側の肋骨の下辺、みぞおちから左側あたりのことですね。「ヒンヤリ」とありますが、このあたりが硬くなっている人も同じでしょう。

 

932 健康不安ということ

「健康不安」 とでも呼ぶより仕方のない事例を最近いくつか経験しましたので、それについて。ただし特定の個人の事例を対象にしたものではなく、私が日頃から感じていることを書いたものです。

『不安な心の癒し方──あなたの悩みを解消する7つの認知療法』 (ロバート・リーヒ著、アスペクト) という本があり、それから引用します。(この本を推薦したいわけではなく、実例の一つとして取り上げるだけです)

シルビアという女性の例が取り上げられています。

──三週間ごとに医師の診察を受けているが、どこも悪いところが見つからない。インターネットで医学関係のサイトをあちこち見ては、あらゆるタイプの癌や、まれな病気について調べているという。

そこに書いてある、吐き気、めまいなどの症状が自分の体の不調と同じなので、癌や脳腫瘍といった恐ろしい病気の徴候だと彼女は思っているのだ。

内科、婦人科をはじめ、さまざまな専門医のところに定期的に通い、おびただしい数の検査を受けたが、いずれも結果は異常なしだった。

それでもシルビアは納得しようとしない。家に帰ると、見落としたことがあるかもしれないと思い、「もしも間違いだったらどうしよう。先生はすべての検査をしたわけじゃないし、見つけられたはずの癌を見落としていたらどうしよう」と、あれこれ考えた。─(395ページ)

これは極端な事例でしょうが、似たような事例がこのシルビア以外にも増えているように感じられます。つまり、当人は、自分には 「体に異常があって困っている」 と思っているのに、操法をする立場から見れば、「異常があるという不安にさいなまれている」だけなのではないか、と思われるケースです。

初めは、背中が痛いとか、脚がしびれるとかの症状があった。そういった症状が長く続くと、これは何か重大な病気の兆候なのではないか、という思いがつのってくる。診察や検査を受けても、異常ありませんと取り合ってもらえない。

そのうちに、何もなくても手がしびれてきたり、どこかが痛くなるといった症状が出始める。こうなると、もういけません。体に痛みや痺れの根拠があれば、操法でそれを解決することが可能ですが、不安によって生まれている症状は、いくら操法をしたところで解決しません。それどころか、体にとって必要のない操作を加えているわけですから、却ってますますひどくなることもある。

最近、こんな症状(?)の人が増えている感じをもっています。どうしたらよいのか。「健康不安」ともいうべき不安が解消されればいいわけですけれど、社会全体に「健康不安」をあおる雰囲気があります。

健康雑誌は、どうすれば健康になるか、としつこく呼びかけていますし、テレビはサプリの広告に余念がない。健康の話題はテレビ番組や新聞の中心的な話題の一つになっています。

健康、健康と世の中全体が叫び声を上げていることが、健康不安を煽る結果になっていないでしょうか。

健康に関心のある人は、ますます不安に取り憑かれる、という悪循環になっているように思われます。しかも、はっきりとした不安としてあるというより、雰囲気としての不安になっていますから、どうしても不安として自覚されにくい。

そういう人が増えているように思われます。血液検査を受けて、どの項目かにH(高い)やL(低い)の記号がついていると、気になって仕方がない。

あるいは、殆どゆがみのない体なのに、私は歪んでいるように思うと訴えてくる人が多い。

最近、このような傾向が増えているように思っています。

「健康」というのは、血液検査の数値がすべて基準を満たしているとか、体に歪みがないとかではなく、本人が健康などということを考える必要がない、いいかえれば「健康不安」がない状態こそ、健康なのではないか、と私などは考えるのですが。

 

939 早起きは三文の得 2016/12/23

メルマガをいつ書いているのか、という質問を受けることがあります。別に秘密の方法があるわけではなく、ごく当たり前のことをしているだけです。

私の睡眠時間は、現在の常識からすると、おそらく異例なものでしょう。午後9時にねて、午前4時に起きます。全体としての時間数は7時間ですから、寝不足の状態ではありません。

午前4時に起きて何をしているか。(時には午前3時に起きていることもある)まず、起きだして着替えたら、湯を沸かして、トゥルシーを淹れます。(カミサンはまだ寝ています)

トゥルシーはインド原産のハーブで、これがなかなか美味しい。これを飲んでいるお蔭で、以前は悩まされていた前立腺の肥大の症状がすっかり改善しています。つまり、おしっこが出にくかったり、夜中にトイレに行くといった症状がなくなった。

以前にスギナ茶をご紹介しましたが、「いつまでもスギナ茶を飲み続けないといけないのか」、という声があり、トゥルシーに切り替えてみました。でも前立腺肥大の症状がまったく出ない状況です。

事実、トゥルシーに関する文献を読んでみると、前立腺に効くと書かれています。因みにトゥルシーはアーユルヴェーダの薬草で、不老長寿の薬と呼ばれています。詳しくはウィキペディアで「カミメボウキ」の項目をご覧ください。「カミメボウキ」とはトゥルシーの和名です。

トゥルシーを飲んでみたいという人は、トゥルシーで検索すると、いろいろ出て来ます。香りが一番いいのは、「野良農園」という宮崎県で作られているトゥルシーです。この強い芳香に慣れるとクセになる人もいるでしょう。強い香りが苦手という人は、インド産のものを飲めばいいと思います。

熱いトゥルシーをたっぷり飲んだあと、少し瞑想をします。ただ瞑想といっても、ちゃんと正式の姿勢(そんなものがあると仮定して)をとってするわけではなく、椅子に坐っている時も寝転がっている時もあります。(難しいことをいう人は、寝転がって瞑想してはいけないとか何とかいうでしょうが、気にしません)

やってみて瞑想の時間は朝が一番という感じがあるので、朝にやっています。この時、天から素晴らしい発想が降りてくることがあります。その次はメルマガを書くか、あるいは「漢方体操」をします。

「漢方体操」については、あまり記事がないでしょうが、ネットで探してみてください。これで私の体調はふしぎなほど劇的に変わりました。操法の面でも、そのことが色々役立っています。

その後、起き出して来たカミサンが整えてくれる朝食を採ります。(カミサンは私と違って朝ヨガをやっています)朝食廃止という思想もありますが、私の場合、朝食を取らないと具合が悪い。ナッツ、カミサン調製のヨーグルト、目玉焼きといったメニューです。ここに果物が入ったり、パンが入ったり、その時々で色んなものを食べます。

テレビはないので見ません。コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶といったカフェイン類は口にしません。朝であっても、睡眠に影響が出るからです。朝に一杯のコーヒーを飲んでも夜に眠れなくなる。その他、心臓にも影響を感じて、気持ちが良くない。

ですから思想としてカフェインを飲まないのではなく、飲むと調子が悪くなるので、飲まないということです。

さて、ここまで来ても、朱鯨亭に出かけるまでまだたっぷり時間がありますから、音楽を聞いて過ごします。最近、気に入っているのはブレーメンの音楽隊の演奏、東洋人も何人か参加している様子です。そんなものが本当にあるのか、って。あるんですね。ブレーメン・バロック管弦楽団の演奏によるテレマンの曲「トラヴェルソとリコーダーのための協奏曲、ホ短調」。https://www.youtube.com/watch?v=2D-y2kJU0lg

テレマンという人は後半生をハンブルクで活躍しましたから(ハンブルクとブレーメンは100キロほどの距離)、地元の演奏といっていいでしょう。ここに聴くレコーダー(縦笛)やトラヴェルソ(横笛)を中心として演奏する人たちの生き生きとした表情を御覧ください。

その後、8時になれば靴の紐をしっかり縛りなおして朱鯨亭に出勤です。奈良町の中を歩いて、約35分。朝日を浴びて世界遺産の横を通って行きます。東の大和高原から昇る太陽がまぶしい。というわけで、早起きは三文の得を実践しています。みなさまも、よろしければどうぞ。朝早く起きると、「三文どころではなく」こころとからだがずいぶん得をしますから。

909 『ねじれとゆがみ』 2016/8/2

 『ねじれとゆがみ――毎日すっきりセルフ整体教室』

出版社:晶文社、定価:1800+税、ソフトカバー。

このメルマガと同じく、アマチュアだけれど、自分でやれることをやって見たいという人、いま整体など関連の技術を勉強中で、今後の進め方の参考にしたい人を対象にしています。

そこで、整体の考え方・からだの見方を中心に据えて、その流れの中で、役立つ操法を紹介していくという構成です。

言葉遣いは、私が講座でしゃべっているような雰囲気が出るように工夫してみました。HPの記事がもとになっているので、皆さんおなじみの部分が登場するかもしれません。

従って遠隔地の方で、奈良まで行くのは無理という方でも、講座を受けているような感じで読み進めていただけると思います。

すでに操法テキストをお読みの方は、操法は、よくわかったが、全身のつながりが分かりにくいと感じていらっしゃる方もあるでしょう。そのあたりの記事が大きな部分をなしています。

練達のイラストレーターが分かりやすい図を描いてくださったので、たいへん充実したものに仕上がりました。

晶文社のサイトには、内容紹介もあります。
http://www.shobunsha.co.jp/?p=4036

アマゾンでもすでに表示されています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4794969325/

ここで先行予約が可能ですので、よろしければどうぞ。

905 枕は是か非か

第905号 2016年7月12日
▼ 枕は是か非か

50歳代の男性Tさん。大阪市内にお住まいだそうです。その方の訴えは

──自分は昔から枕なしで寝ていた。それでまったく問題がなかった。ところが先日、目まいを起こした。調べてみると 「良性発作性頭位目まい症」 という種類らしい。ネットで色々と調べてみると、枕をした方がいいという記事をみつけた。

そこで、しばらく低めの枕をして寝ていたが、朝起きるときに、頸椎や胸椎がボキっと鳴って、不気味な感じがする。まして 『首や腰をボキボキ鳴らすと早死にします』 という本を読んで、いっそう怖くなった。何とかならないか。

厄介な話です。私自身も常に枕なしで寝ていて、たまに枕をすると、同じようなことがあるので、他人事だと思えません。そこで、枕を使わずに横になってもらい、十数分ほど寝ていただきました。その間に春風操法をしましたので、その効果があったかもしれませんが、いずれにしても、起き上がってもらうと、ボキボキという音がしませんでした。目まいも起きなかった。

[春風操法とは、寝る前に両手の外側(小指側)を小指の先端から始めて、手首まで、撫でおろす。そうして仰臥する。11分ほど寝てもらうという方法。こうして寝ているだけで全身がかなり整う場合があります]

これをどう考えたらいいのか。枕をすると、顎を引いた状態で寝るので、のどが詰まることがない、というのが枕必要論の論拠になっています。しかし、いつもそうだとは限りません。私自身は、枕なしで寝たからといって、呼吸が苦しくなるようなことはありませんし、軽い呼吸音を立てているようですが、ひどい鼾をかくこともありません。

むしろ、枕をすると、枕の高さだけ、背中が猫背状態で寝ているわけで、そのことの方が嫌な感じです。毎日、猫背になる練習をして寝ているようで、気持ちがよくありません。

枕をして寝てみて、そのあと起き上がると、猫背になっている背中が無理に引き伸ばされるような感覚があって、その時にボキっと鳴る感じがします。

ただ、横向きに寝るという人にとっては、横向きになったとき枕がないと困るというのはある気がします。だとすれば、首の後ろを支える程度の枕を、タオルで作ればいい。

具体的に書いてみましょう。まず、一枚のタオル。これはバスタオルでなく、普通のタオル、これを下に敷く。これはシーツが汚れるのを防ぐ意味だけです。その上に、バスタオルを縦に長くグルグル巻いたものを置きます。これを首の後ろにあてがう。

昔、木枕というものがありました。西式医学というグループが使っていたものです。探してみると、今でも販売されているようです。私自身は試していませんので、お勧めというわけではありませんが、試してみてもいいか、とは思います。(時代劇に出てくる、武士がしているような高い枕とはまったく違うものです)

いずれにしても、Tさんにとって、枕をするかどうかは、死活問題になっていた、枕をすると、目まいが起こらないという、あやふやな情報を信じたがために、困っていたわけですが、枕をしなかったというだけで、解決したということです。

目まいはどうすれば、いいのか。YouTube に 「試してがってん」 の動画がありますので、それを試してみてください。BPPV(良性発作性頭位めまい症)の直し方が見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=qPP_m0_FnpA

さまざまな「健康情報」のあり方について、言いたいこともありますが、それに関しては、いずれまた。

904 不整脈といびきの関係

第904号 2016年7月1日
▼ 不整脈といびきの関係

友人のMさんは、60代の男性。動脈瘤が数か所あって、先日手術を受けたばかりです。現状報告のメールをもらったので、次のような返信を書きました。

(以下、引用)
重篤なことにならずに済んで、よかった。ひとつ、気がつきにくい情報を。

梶本修身(大阪市大教授)
『すべての疲労は脳が原因』
集英社新書 (2016/4)

この本に睡眠時無呼吸症候群(SAS)についての記事があり、次のように書かれている。

──アメリカで22年にわたって行われた大規模研究の「ウィスコンシン睡眠コホート研究」では、SASがあると高血圧の発症リスクがおよそ1.4倍から2.9倍になることがわかりました。(中略)
不整脈の一種「心房細動」の発生率は、SASを合併している場合は、そうでない場合に比べて2倍以上も高く、特に夜間の「心房細動」が起こる頻度はSASを合併していると4倍以上も高くなると報告されています。そして重度のSASを合併していると、脳卒中のリスクはそうでない人の3.3倍に達するのです。(101ページ)

ということで、夜間に「いびき」をかいていないかどうか。それが目安になる。野口整体系の次の本に「いびき」の直し方が書いてあり、参考になり、事実、効果がある。要点は、胸椎上部に硬いところがあり、4番・5番あたりにかるく掌を当てて愉気をすると、数回繰り返すだけで「いびき」が消えるという。時間にして一回数分。

うえだまゆみ
『体にやさしい整体術』
(PARCO出版、1600円+税)

(以上、私のメールから引用)

このような症状の人は多いと思われます。高血圧、不整脈、いびきなどの症状がある人は、試してみるのがいいと思います。何しろカンタンですから。