973 食いしばりと重心

第973号 2017年5月16日
▼ 食いしばりと重心

食いしばりのきつい人がいます。強く噛み過ぎて、虫歯が出来たのかと思うほど、歯の根元が痛む人もいるようです。なぜ食いしばるのか、という疑問は措くとして、食いしばりによって歯の根本が傷む。歯茎がぐらぐらになって来ます。とすれば食いしばりは避けられるものなら、避けたいですね。

歯の寿命は、通常そのご当人の寿命よりかなり短く、70歳を過ぎれば歯の賞味期限は切れてしまうそうです。歯の賞味期限というのもおかしいですが、、 http://www.dentallife.info/ に70歳の人に平均何本の歯が残っているか、その答えがあります。

というわけで、食いしばりは感心できません。できれば避けたい。では食いしばりを改善する方法があるか。

先日の集中初級講座の席上、「食いしばりで困っている人はいますか」という私の問いかけに対し、Tさんが名乗りを上げられた。そこで登場したTさんに対し、手の小指を使って重心を変更する操法を行いました。(この操法については、過去の号で紹介したはず)

(後日、初級で、こういうことまでやってしまうのは、サービスが良すぎる、と言われましたが・・・。朱鯨亭はいつもサービス満点が身上です。)

そして、

── どうですか。と聞くと、

── うん、噛めなくなりました。という答え。

これで、重心を変更すると、食いしばりが改善することがわかります。

つまり、こういうことです。下顎は、耳のところの関節で上からぶら下がっています。ですから、下顎は重心の位置がどこにあるかを正確に察知しているわけです。こんなところにも感覚器官があったとは驚きですが、そうとしか考えられません。下顎は身体の重心をしっかりと感じている。

そして、その重心は小指で距骨を動かしただけなんですから、身体の精妙さにつくづく感じ入ってしまいます。

広告

972 鼻の周りの腫れ物

972号 2017年5月15日 鼻の周りの腫れ物

鼻の周りというか、鼻の穴の周りというか、ともかくその辺りに化膿を起こして、押すと痛むという人がいます。このあたりは脂肪を分泌しやすい場所なので、その脂肪がうまく分泌されずに溜まって、化膿するのでしょう。

そう言われるとなるほど、そういうこともある、と頷く人もいるに違いありません。

そんな時にどうするか。耳鼻咽喉科あたりに駆け込みますか。慌てなくても、簡単に楽になる方法があります。

まず、よく手を石鹸をつけてよく洗って。どの指でもよいから、指先を圧痛のあるところに当てます。当てるだけで押してはダメです。指先で愉気をするだけです。これで2~3分も愉気すれば、しばらくしてから押してみて、痛みが消えているはずです。

この原理は、鼻の周りだけでなく、顔面の色々な腫れ物にも応用できますから、試してみてください。

「めばちこ」(ものもらい)に愉気がよく効くことは、周知の事実だと思います。ただし、この場合は直接手を当てず、離して掌をかざすだけでOKです。

「にきび」にも効くかもしれません。私自身には、もう「にきび」がないので、試してみるわけに行きませんが。ともかく簡単に痛みがとれるのは不思議です。

口の周りや顎にできる腫れ物にも試してみてください。

971 不整脈に井形ムドラー

2017年5月14日  不整脈に井形ムドラー

仏像好きの方は、仏の手が結ぶ印にも関心をお持ちでしょう。色々な形があり、この形をムドラーと呼びます。仏像といえば奈良・興福寺の阿修羅像が超有名で、人気がありますが、三面六臂の手の形が(左右はほぼ対称のようですが)少しずつ違っていることにお気づきでしょうか。

もちろん仏像でなくても、生きた人間がやってもいいわけで、かつてスリー・チャクラバルティというインドの女性ヒーラーの本 『永遠の旅路』 を紹介したことがありました。そこに各種のムドラーが載っていて、たいへん役に立つことを指摘しました。

そこで、私も一つムドラーを追加してみようというわけでもありませんが、こういうのもムドラーと呼んでもよかろうと思うので、一つ付け加えておくことにします。

最近、動悸がするとか、不整脈がある、という訴えをよく聞きます。西洋医学的に言えば、心臓の洞房結節というところから発する電気信号が乱れている状態です。骨格の面から言えば、胸椎3番(とその周辺)の異常があるものと思われます。

もちろんここだけが異常だというのではなく、仙骨の歪み、尾骨の歪みに始まって、腰椎・胸椎下部のあちこちにも歪みがあるわけですから、背骨全体を整える必要があります。そのためには、「体幹操法」 が有効です。(これについて知りたい方は教室にお越しください)

共鳴法からいうと、胸椎3番は、中指の基節骨の中ほど甲側に相応します。そこで、そこを左右両手の指で互いに愉気すればどうか、と考えたわけです。

まず左手中指の基節骨の甲側まん中へんに、右手の示指の先を当てます。次に左手の示指の先を右手中指の基節骨の甲側まん中へんに当てます。

下から順にどの指かを書きますと、まず左手中指、次に右手示指、次に左手示指、という順で、右手の中指が右手示指と並んでいます。

全体の形をおおまかに言えば、右手の示指と中指の二本を並べて、左手の中指と示指とで下と上から挟んでいるということになるでしょうか。上から見れば、左右の二本ずつの指で 「井」 の字が出来ているでしょう。大阪風に言えば、四ツ橋の形になっているというところかもしれません。

それで、この形を 「井形ムドラー」 と呼んでおくことにします。井形ムドラーをすると、不整脈が改善する可能性がある、と言っておきたいと思います。永久に改善するというわけではありませんが、ともかく、一時的であっても不整脈が改善する。

ひょっとすると、汗の異常がある人がやってみてもよい。汗の異常も改善する可能性があります。

不整脈がある人は、いつ起こるか、と不安な気持ちを抱えているもので、一時的にでも改善する方法があれば、不安が消えて楽になるかもしれません。不安ほど体に悪いものはありませんので、このムドラーで助かる人が多いのではないかと考えます。どうぞ、お試しください。

959 胃下垂と浅指屈筋

第959号 2017年3月2日
▼ 胃下垂と浅指屈筋

前回、心臓と肝臓の下垂について調べました。今回は、胃下垂についてです。

といっても、内臓の下垂は繋がっているらしく、胃だけ下垂しているわけはなく、隣接する内臓も同時に下垂していると考えた方がよさそうです。

これに気づいたのは、肝臓の下垂を調べている時でした。肝臓が下垂しているというようなことが有りうるのであれば、それに隣あった膵臓とか十二指腸とかも下垂しているのではないか、いや、そういう意味では胃も下垂しているのではないか、と思ったわけでした。

どこで、前回、圧痛の有無を調べた右手の金星丘の隣はどうか。と思って周辺を調べると、
金星丘の上に示指につながる浅指屈筋(せんしくっきん)の腱があります。金星丘から上に辿って行くと、つっぱったスジが触るでしょう。(浅指屈筋については、筋肉の解剖図などで確認してください)

ここに少し圧痛を感じました。そこで、これは胃下垂ではないか、と考えました。

そこで、胃と、その下の下腹部を両手で押さえ、少しばかり上に押し上げるようにしていると、確かに浅指屈筋の腱が緩んできました。

ですから、肝臓や心臓だけでなく、胃など、その外の内臓も調べるようにしようと考えました。ですから、短指屈筋の腱を調べて、その圧痛を除去すると、胃下垂だけでなく、その周辺の下垂を修正できるのではないだろうか、というのが結論です。

特に女性の場合には子宮や卵巣を切除している人がかなりいます。そういう方々は、あるべきところにあるものがないのですから、下垂し易いことでしょう。

もう一つの教訓は、掌は内臓と深い関係があること。高麗手指鍼でも掌に内臓のツボが多く確認されています。

さて、以上の操法から引き出せるもう一つの教訓は、ある操法を施した後で、その周辺にも似たものがないかどうかよく考えてみるということ。これは私がものを考える時に、よく使っている一般原則の一つです。【類縁の原則】とでも名付けておきましょうか。

959 心臓の下垂

2017年2月27日

── くっきりした素晴らしい運命線ですね。

操法の最中にお客様の掌が上向きになっている時、手相をちらっと見てそんな風にいうと、嫌な顔をする人はいません。手相の話は皆さん関心が高いと見えて、しっかり聞いてくださいます。

手相というと、生命線だとか感情線だとか、「線」が関心の中心になることが多いけれど、周りにある「丘」にも重要な意味があるようです。

親指の付け根の「金星丘」、薬指の付け根の「太陽丘」、その他いろいろ名前が付けられていますから、興味のある方は、こちらでどうぞ。http://syunneta.com/fuusuieki/2tesou/

さて、その「金星丘」のお話です。親指の付け根のふっくらとした丘。ここを押さえてみると、という話は以前に書きましたね。右手の金星丘を押さえて痛みを感じる時は、肝臓が下垂しているという話を書きました。[928号] です。

では左手の金星丘が痛い時は、どうなのか、という疑問が出て当然ですが、実際にメールで尋ねて来られたのは、お一人だけでした。

答えは「心臓の下垂」です。こういう話は聞いたことがないという人が大部分で、大抵の方が怪訝な表情をされるのですが、内臓下垂は珍しいことではなく、重力の自然法則から言っても、当然ありうることのようです。

心臓が下垂すると、どうなるか。不整脈が出ることが多いように感じます。逆にいうと、不整脈で困っている人は、左手の金星丘を押さえて圧痛を感じるかどうか試してみるのがよい、ということです。

不整脈と言われてもピンと来ないなら、動悸を時々感じるということです。時々、何もしていないのに心臓がドキドキするという人がいますが、そういう人は不整脈を起こしているわけです。(不整脈にもいろいろ種類がある、というような医学的な話は、いまは割愛します)。

左手の金星丘を押さえて圧痛があった人は、自分の心臓に掌を当てて、少し上向きに押し上げるつもりで、じっとしていてください。時間にして数分。心臓の位置は、左寄りと思われていますが、押さえるのは胸の中央でよろしい。

その後で、左手の金星丘を押さえてみる。見事に圧痛が消えていることでしょう。まだ残っているようであれば、もうしばらく同じことを続けてみればよい。

これで動悸がおさまる人もいるのではないか、と思います。

右手の金星丘に圧痛がある人は、肝臓に問題がある可能性がある、と言うのは [928号] に書いたことです。

じゃあ、胃下垂はどうなのか、という質問が出ても不思議ではありません。私にもそういう疑問が浮かびました。

以上の心臓と肝臓の件は教えてもらったことでしたが、ここから先は私が見つけたことです。
(次号につづく)

940 靴はからだに悪い

第940号 2016年12月27日
▼ 靴はからだに悪い

愛知県刈谷市から来られた 50 代の男性 K さん。前回単独でこられた奥様にひっぱられての来訪。

まず、奥様が来られて効果を感じ、続いてご主人が来られるというのは、よくあること。逆は少ない。こういうところにも、女性の積極性が伺えます。

聞いてみると、右手の親指から前腕にかけてひっかかりを感じ、痛むという。触ってみると、手首のあたりが妙に硬い。

硬いというより、ほとんど動いていない感じです。このごろ流行りの表現を使えば、ほぼほぼ動かない。

まずは定石どおり親指から始めます。親指の MP 関節(付け根の関節)が硬く固まっている。ただ、それだけではなく、IP 関節(指先側の関節)も硬く、そのあいだ・指節間の甲側も固まっています。

これはずいぶんひどいことになっているな、と思いながらとりかかります。

と言っても、硬いところをじっと持っているだけですが。これが最近の私の操法スタイル。ごちゃごちゃと色々やらず、じっと持っているだけの方が簡単だし効果もよい、と感じられます。

そうやって数分たち親指は少し緩んで来たものの、動きがあまりない。これ以上続けても、効果はたかが知れています。方向を変えて、手首にかかるとしよう。

手首の操法の対象は下橈尺関節です。つまり、手首の橈側・尺側にある二つのグリグリ、言ってみれば手のくるぶし二つ。茎状突起と呼ばれる二つのグリグリを両手で軽く押さえて、掌側・甲側に動かしてみる。

柔らかな手首であれば、どちらにも動くものですが、固くなっていると一方には動きません。そこで、動く方向に軽く動かして、持続するというのが普通のスタイル、つまり誇張法です。

ところがKさんの手首はまったくどちらにも動かない。重い症状です。動かないものを無理に動かすのは賢くないので、二つのグリグリを軽く持って、そのまま持続することにしました。こんなことはしたことがありません。しかし、この場合やむをえない。

── ずいぶん硬くなっていますが、どうされたんですか。

── 犬と遊んでいる時に引っ張られて。

── ああ、なるほど。

二つの茎状突起を押さえて、じっとしていると、やがて手首がカクッと内側へ捻れて来ました。何度もそういう現象が続きます。何十秒かに一度カクッ、カクッと動く。これは手首が外へ捻れていたのが内へ戻ってくるわけでしょう。

というと、腕はもともと内へ捻れているんじゃないのか。逆ではないのか、と考える人もいるに違いない。からだの関節は、どちら向きに捻れるのか、という問題は難しい点を含んでいます。

機械的に原則通りで何でも考える人は。よく言われるように、この関節はこちら向き、その関節はあちら向きと、原則どおりでいいのかもしれないが、私は、そういう原則どおりに考えることのできない人間で、一から自分で納得できる考え方をしないと満足できません。

そこで、この点の確認は、今後の課題として残しておきたい。私の脳の中の整理箱には、この種の課題がおもちゃ箱のように雑多に詰まっていまして、その中からいつも何かの課題を引き出して考えています。

K さんの手首に話しを戻します。次にどうするかを考えなければなりません。足首にこれと似た現象を見ることはありますが、普通は、このような動きをみることは手首ではありません。K さんの手首には前腕を捻るような力がどこからか働いているに違いない。

どこにそんな力が働いているのか。考えられるのは、足でしょう。足から捻れが腕にまで昇って来ているとは考えられないだろうか。足首、特に距骨周辺には、全身を支配する何かがある。

── 足首がおかしいのではありませんか。

── はい、右足首は、若い時に捻ったことがありました。ハンドボールをしていて、足首を踏みつけられ、足首が直角に回ってしまったんです。直後には、切断しなくてはならないかもしれない、と言われたこともありました。

── なるほど、そんなことがありましたか。それが手首に影響を与えているような気がします。足から引っ張られて上部がおかしくなっていることは、よくあるんですよ。

足首をみると、そんな酷い事故があったことを伺わせる痕跡は残っていませんでした。普通より少し硬い程度。しかし足指を触ってみると、かなり浮き指です。

── 靴に問題がありそうに思いますが、いつもどんな靴を履いていらっしゃいますか。

── 紐のないタイプ、スポッと履ける靴です。

やはり靴に問題がありそうです。そのことを告げると、K さんも、うすうす靴が問題だと感じていたのでしょう。すぐに靴を変えます。とおっしゃる。

というわけで、手首を対象にやっていたのに、足の問題に変ってしまいました。手と足が繋がっているというのは、私が直感的に感じたことですが、K さんも密かに感じておられたらしい。

K さんの例は、かなり珍しい例ですが、一般論として拡大できるかもしれません。つまり、手首の捻れがある人は、足にも問題があり、靴を再検討する必要がある、と。あるいは、もっと拡大して、【からだのどこかに問題のある人は、足にも問題があり、履物を再検討する必要がある】。

私たちは、手首を傷めると、手の使い方に問題があったと考え、膝を傷めると、足や歩き方に問題があると考えるのに慣れていますが、ひょっとすると、そうではなく、すべて靴に問題があるのかもしれません。

しばらく趾(あしゆび)の一つ一つに愉気をしてみました。すると、手首の動きが出なくなりました。やはり足から何らかの力が働いていたと思われます。

それほど靴の問題は大きい。「靴はからだに悪い」という名言もあります。せめてぐすぐすの靴は止め、紐をしっかり結ぶ努力くらいはしたいものです。

938 靴の履き方と学校

2016年12月20日
靴の履き方と学校

読者のSさん(大阪府在住)から、靴の履き方に問題があることに、学校が一役買っているのではないか、と次のようなお便りをいただきました。

──【靴紐を前の方までいったん緩め、しっかり縛り治すプロセスが必要だ】、

これ、自然にやってました! 前の方が緩いと、フィットしませんから。靴紐をちゃんと締めると、足が軽ーく(自動的にという感じ)前に出てくれて、楽に動けるということはわかりました。

それにしても日本人の靴紐締めがいい加減になるのは、ある程度は学校のせいだと思います。とにかく校舎の中に上履きゾーンと下履きゾーンが混在し、靴を大慌てで脱ぎ履きしなければならない場面が多い。

そのため靴を中途半端な(すぐ脱げるような)状態にしておいて、そのまま走ったり、階段登ったりすることが常態化しているんですね。学校の先生もしています。かかとを踏んだり、クロックス等のつっかけを履いたり。

私は仕事柄、大学に取材に行くことが多いのですが、土足禁止の研究室に行くことがわかっている時は、脱ぎ履きが面倒な靴は履いていけないなと考えます。。。他の人を待たせることになってしまうからです。しかし研究室の上り口に脱ぎ散らかしてある靴たちの有様を見ると、持ち主の歪み/捻れ具合が推し量れてしまい「あーあ」と思います。──

なるほど。これが実情だとすると、ますます意識して靴紐に接しなければなりませんね。Sさん、ご意見ありがとうございました。