882 寝床体操の改訂追加版【5番】

第882号 2016年2月11日
▼ 寝床体操の改訂追加版 【5番】

今回は、寝床体操の新版、第5番です。とはいえ、これはすでにどこかに書いているかもしれません。足パー操法の手バージョンと考えてくだされば、だいたい当たりです。

【方法】手の平を上に向けて、肘をしっかり伸ばします。手首を下に向けます。逆側の手でつきだした手の平を押え(親指も押えること)、抵抗を与えます。数秒間そのままにして、パッと押さえた手を離す。これを数回繰り返す。

【意味】前腕、つまり肘から前の部分には、橈骨・尺骨という二本の骨があり、この二本の間隔が開いてしまっている人が多い。すると、前腕が硬くなり、肩や肘、手首の動きを悪くしています。この体操をすることで、二本の骨の間隔が締まり、前腕の動きが改善します。

【対象】大抵の人に効果がありますが、特に、手首・肩・肘などに問題のある人は、やれば楽になる。ただし、強い症状のある場合は、試しにソッとやってみて、痛みなどが出るようであれば、やらない方がよいこともあります。

なお、この操法を写真入りで解説した電子ブックが今なら、無料でもらえます。昨年末に開業した「紫鯨亭」のメルマガの購読の申し込みをすると、もらえるのです。→ http://shigeitei.com/ からどうぞ。

「紫鯨亭」とは、怪しい。とお思いでしょうか。確かに「朱鯨亭」より怪しい。でも、そこの亭主は武術の達人で、「気」がよく分かる人ですから、一度、訪ねてみると、得るところが色々あると思いますよ。お勧めです。

881 寝床体操の改訂追加版【4番】

第881号 2016年2月2日
▼ 寝床体操の改訂追加版 【4番】

日々続けることで効果のある「寝床体操」というものをHPに掲載しています。

朝目を覚ました時に、寝床の中でもぞもぞとやるだけで一日快適に過ごせるという簡単かつ効果的な体操ですので、色々と不調で困っている方、不調に陥らないように予防したい方、どうぞお試しください。

時々、寝床体操を続けていたら腰痛を起こさなくなった、というような礼状をいただくことがあります。寝床の中でごそごそとやるだけの簡単な体操ですが、効果は小さくないと考えています。

時々少々の修正をしたりしています。今回は大幅に改訂追加します。(いまはまだ改訂していません、いずれ数日中に)

まず大きな変化は4番・5番の追加です。今日は4番。以前に「4番」というのを掲載していたことがありますが、それとはまったく違うものです。

これまでも「足パー操法」として、あちこちで紹介してきました。やり方を以下に説明します。

【方法】仰臥。両趾をパーと開く。そのまま踵を押し出し、ふくらはぎが緊張する状態を作る。そのまま5秒間ほどじっとして、パッと力を抜く。

以上を何度か好きなだけ反復する。ふくらはぎの違和感が緩和するまでやるのが望ましい。

【意味】この体操によって、下腿の脛骨・腓骨の開きが改善される。下腿がほっそりしてくる、下腿のむくみが取れる、下腿の硬さが取れて柔らかくなる。などの効果がある。これを続けたところ足の冷えが改善した報告がある。

【対象】誰がやってもよいが、特に膝が痛くて困っている人。下腿のむくみで困っている人、など。脚が太くて困っている人にもよいでしょう。足が冷えて困っている人にも。