反り腰を直す

「反り腰」とは何か? 背骨全体の反りが強く、特に腰椎の反りが大きい状況のことです。逆になっていて、後方に曲がっているものは、私は「曲がり腰」と呼んでいます。

これの調節について明確に書いている人は大正・昭和初期の高橋迪雄(みちお)です。

ただ、高橋の書いている本は旧漢字・球かなで読みづらいので、私の解釈で書きます。

固めの床に仰向けになります。布団の上はやわらかいので不可。畳の上、フローリングの上がよい。

両脚を上に上げます。腰が直角になるまで。腕は好きな位置でOK。

膝から下(つまり下腿)をぶらっと下げます。

下腿を床にドンと下ろします。

足裏が床についたら、そのままの姿勢でじっとしています。

3呼吸ほど、そのままにしています。ここで動いてしまったら失敗。

そろそろと両脚を伸展します。

以上を3階行います。反り腰が直ったかどうか、家族に確認してもらいます。

以上でおしまい。修正が十分でなければ、日を置いて、別の日に行ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください