1041 対症療法

第1041号  ’18年6月15日
▼ 対症療法

以下にご紹介するのは、根本療法ではありません。いわば対症療法です。

それにしても、世の中に氾濫するのは、対症療法ばかり、といえば言い過ぎでしょうか。ようするに、痛みがあれば、それを軽減する方法、痺れがあれば、それを軽減する方法です。

その問題があれば、それを根本的に解決する方法よりも、軽減する方法ばかりがもてはやされる。

「ダイエット」しかり。なぜ体重が増えるのか、その根本には手をつけず、まずは体重が減ればいいんでしょう、とばかり、に色々な方法が案出される。根本治療は厄介だと敬遠される。

もちろん、言うまでもなく、西洋医学の方法は、殆どが対症療法ですね。薬を与えて、症状が消えればいいんでしょう、というわけでしょうか。あるいは手術をして症状のあるところを切り取ってしまえば、解決するでしょう、というわけでしょう。

以前にも、卵巣の除去手術をするのに、子宮もついでに取っておきましょう、と言われた、という話を聞きました。悲しいことに、世の中の実情はそんなものです。

これに対して、根本療法をするには、原因を突き止めなければなりません。ところが、物事の根本原因などは、そんなに簡単には探し出せません。

ここで、本当は根本原因をどうして探り出すか、という話しをしなければならないのですけれど、これがまことに難しい。症状によってまったく違うことが多いので、一律にこうだ、とは言えないわけです。

そこで、私も対症療法を一つ紹介して、お茶を濁すことにしましょう。

歩いている時に外反母趾が痛むという人は多いようです。少しでも簡単に軽くする方法はないものか。

ここで、対角線療法を使ってみようと考えました。

となると、例えば左足の外反母趾が痛むとすれば、右手の親指を使えばよいことになります。

昨日のからだほぐし教室でのこと。京都府城陽市に住む女性Yさんが、歩いている時に足の親指が痛むと言われるので、試してみました。Yさんに中央の敷物のところに出てもらって、その右手の親指をジッと握っていること数分。

 ── じーっと足の親指に来てます。とのこと。

やがて立ち上がって、

 ── あ、大部よくなっています。

これなら歩きながらでも出来るでしょう。対角線の指をジッと握っているとよい。Yさんは、

 ── この小指、曲がってるんですけど。

おそらく、母指の対角線なら、同じ母指ではなく、小指に当たるのではないか、と思われたのでしょう。しかし、それは考え過ぎです。

考えすぎかどうか、は、どこで判断するのか。それはやって見れば一目瞭然。効果がある方が正解ということです。

こういう遠回りな対症療法もあるという例でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください