973 食いしばりと重心

第973号 2017年5月16日
▼ 食いしばりと重心

食いしばりのきつい人がいます。強く噛み過ぎて、虫歯が出来たのかと思うほど、歯の根元が痛む人もいるようです。なぜ食いしばるのか、という疑問は措くとして、食いしばりによって歯の根本が傷む。歯茎がぐらぐらになって来ます。とすれば食いしばりは避けられるものなら、避けたいですね。

歯の寿命は、通常そのご当人の寿命よりかなり短く、70歳を過ぎれば歯の賞味期限は切れてしまうそうです。歯の賞味期限というのもおかしいですが、、 http://www.dentallife.info/ に70歳の人に平均何本の歯が残っているか、その答えがあります。

というわけで、食いしばりは感心できません。できれば避けたい。では食いしばりを改善する方法があるか。

先日の集中初級講座の席上、「食いしばりで困っている人はいますか」という私の問いかけに対し、Tさんが名乗りを上げられた。そこで登場したTさんに対し、手の小指を使って重心を変更する操法を行いました。(この操法については、過去の号で紹介したはず)

(後日、初級で、こういうことまでやってしまうのは、サービスが良すぎる、と言われましたが・・・。朱鯨亭はいつもサービス満点が身上です。)

そして、

── どうですか。と聞くと、

── うん、噛めなくなりました。という答え。

これで、重心を変更すると、食いしばりが改善することがわかります。

つまり、こういうことです。下顎は、耳のところの関節で上からぶら下がっています。ですから、下顎は重心の位置がどこにあるかを正確に察知しているわけです。こんなところにも感覚器官があったとは驚きですが、そうとしか考えられません。下顎は身体の重心をしっかりと感じている。

そして、その重心は小指で距骨を動かしただけなんですから、身体の精妙さにつくづく感じ入ってしまいます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中