969 腓骨が下がると

第969号 2017年4月25日

腓骨(ひこつ)という骨は、厄介な骨で、同時に便利な骨でもあります。何が厄介かといえば、下がりやすいのが厄介です。何が便利かといえば、下がっているか、外へ出てきているか、という点が解りやすい、施術者にとってはわかりやすく便利な骨ですね。

しかし、下がっているのが簡単に直せるか、となれば、難しいと言わざるを得ない。よほど柔らかさが保たれている場合を除いて、非常に硬くなっている人が多く、下がっているのを上げるのは、やはり簡単とはいえません。

それと同時に、上下に影響を与える。一つは下。趾(あしゆび)が硬くなっている人が多い。これは腓骨が趾に影響を与えるというより、逆に趾が腓骨に影響しているのでしょう。それと上。腸脛靭帯(ちょうけいじんたい、太ももの外側のベルト状の靭帯)が硬くなっている人が多い。

先日も復習会の席上、靴屋のKさんが言われるのに──趾が硬くなっているのが困る。とくに小指がカチカチですね、皆さん。──そう言われてみると、私の足の小指も確かにカチカチです。なぜか。答えを出しにくい疑問ですが、考えてみれば、腓骨が下がってくることと関係しているのではないだろうか。

腓骨が下がってきて、体重がそとにかかるようになる。すると勢い、小指に負担がかかりますから、カチカチになる。そういうことではないでしょうか。以前に小指の関節が少ない人が増えているという話題を載せましたが、こういうことと関係しているのかもしれません。腓骨が下がるという現象が、人間の退化と関係しているのでしょうか。

そうすると、O脚という現象も、腓骨と関係していることが見えてきますし、その他、坐骨神経痛なども、関連する現象であることが見えてきます。

★前号(足が攣る)へのご感想
(1) 群馬県在住 Aさん
「私は、夜中に足がつるのは、冷えからじゃないかと思います。特に夏場は冷たいものを飲んだり食べたり内蔵が冷えています。そうでなくても、冷房で冷えています。冬と違い湯船で温まることもなくシャワーでさっと済ませてしまう。私も以前はふくらはぎがつりましたが、夏場でも寝る時にレッグウォーマーをつけて寝るようにしたところ、つることはなくなりました。」

(2) ベルギー在住 Kさん
「こむら返り(足が攣る)だけでなく、私の場合は太ももから背中もずっと攣ってしまい、今までに相当苦しみました。・・・確かに寝ている時だと、気温が数日後に落ち込むだろう時とか、日中冷え込んだ時に発作の様に起こります。その痛さは経験していない人にはわかりません。

こむら返りは続いても20分です。その間冷えないようにして毛布にくるまってとにかく立ちます。まっすぐに立って待つのです。誰かがいても、どうできるわけではありません。でもそれであとは楽になりぐっすり眠れます。父はこむら返りで他の筋肉の疲れを全部持って行ってくれるからだと言ってました。

マルセル石鹸が[攣りに効きます] ・・・[足にマルセル石鹸をすり込んでおく]。 なぜ効くのかというのは、シーツの間で温まった石鹸が発生するカリウム=ポタシウムのせいです。それが引き攣りをおさえてくれるのです。これ確かに効きます。

[注]マルセル石鹸というのは、地中海マルセイユで作られていた石鹸で、海藻のカリウムを含んでいるという。日本でも、「マルセル石鹸」の名前で売られているものがある。普通の石鹸は、カリウムではなく、ナトリウム。

というわけで、「足が攣る」人は、色々と苦労が絶えないようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中