926 首の横が痛い 16/11/3

鎌倉・靜照庵の庵主、田沼雅康さんのブログを読んでいると、「右肩上がりと食欲の関係」という記事がありました。何気なしに読んでいたのですが、→ http://www.geocities.jp/josyoan/seitaidayori.html ここに次のような仮説が書いてあった。

──特にこりが右肩に集中するようなら食べすぎも疑ったほうがよいでしょう。 これは胃に関係する胸椎6番から9番の左側が硬直を起こし、左に傾いた椎骨が右側の僧帽筋を引っ 張ることによるものです。

この仮説が正しいかどうか、どうやって確かめればよいか。胸椎の左側に硬直を起こす原因を取り除けば、右肩のこりは解消するはずです。これは講座で私がしばしば強調していることですが、左腕に原因がある。左の前腕の二本の骨が開いてくると、左腕全体を緊張させ、胸椎を左に引っ張るわけです。

事実かどうか、右肩のこりやすい人は、【反対】側、左腕(前腕)の開きを締めてやれば、胸椎左側の硬直が解消して、肩のこりが消えるはずです。どうすればよいか。『ねじれとゆがみ』 の巻末に「寝床体操」の第1~第5が書いてあります。第5をご覧ください。257ページ。

要するに、腕をぐっと伸ばし、手の平を向こうに向けて開き、反対側の手で押さえておいて、互いに押し合い、パッと放す。(詳しくは本書をお読みください) この動作を数回繰り返すわけです。必要なら、十数回繰り返してもよろしい。すると、前腕の頭骨・尺骨という二本の骨が締まってきます。

ここから先は、理屈が一本道で、前腕が締まることで、腕全体の硬直が解消し、それによって胸椎の左側の硬直が解消し、それによって、右側の僧帽筋の拘縮が解消し、右肩のこりが見事に消え去るはずです。

本当かどうか、右肩に凝りがある人は、試してみよう。Go!というわけで、寝床体操は無視できない威力がありますから、何か不都合があって、どうすれば解消するかよくわからないと悩んでいる人は、数日続けてみてください。色々な不調が面白いように解消して、驚かれることでしょう。家庭に一冊、『ねじれとゆがみ』。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中