917 肩で坐骨神経痛に対応する

肩で坐骨神経痛に対応する

さる12日、近鉄奈良駅前の啓林堂書店で「トークセッション+サイン会」。来られた方にモデルになってもらって、カンタン操法をやろうと最初から思っていました。

話を事前に準備するなどというやり方は、私にはできませんし、そんな柄にもないことをすると、失敗するに決まっています。

操法というものは即興でやるもので、一定の道筋がありません。大体の順序のようなものはあっても、いつもその順序通りというわけにはまいりません。

いろいろな方が出て下さって、ありがたとうございました。肩・腰・頸などに問題を抱えている方が前の机の上の臨時施術台の上に上ってくださいました。

例えば、登場してくださったのは、坐骨神経痛があると言われる。どちらの脚ですかとお尋ねすると、両脚だと言われる。これは厄介な人が現れた、と思ったものの、公開の席上ですから、逃げるわけにはまいりません。

さて、どんな方法でアプローチしたものか。思案するうちに、肩の高さが違うことに気づきました。これは立ったままでも大丈夫だろう。

右肩が高い。ということは、右腕に緊張があるわけです。であれば、腕が変化すれば、坐骨神経痛が改善するのではないか、というインスピレーションが下りてきました。

こういうやり方をこれまでにしたことがありません。ですから自信があったわけではありませんが、多分、右腕を変化させれば両脚にかかる体重の比が変化するはずだから、左脚の症状が変化するのではないか、という読みです。

特に肩の緊張と深い関係にあるのは、上腕三頭筋です。この筋肉が緊張していれば、たいてい肩が高くなっています。

この筋肉を緩めるのに普段オルゴン・リングを使っているのですが、この時は、持参していませんから、手で上腕三頭筋のあたりをしごいてみるということをしてみました。

これでも緩むだろうという読みはありました。しばらくこの操法を続けるうちに緊張で上がっていた右肩がしだいに下がってきました。「下がってきましたね」と解説を付け加えて。

さて、左脚はどうですかと尋ねてみると、「いまはしびれていません」というお答え。

なぜ、こんなことで解決するのか、解説を付け加えます。鞄をいつも同じ右肩にかけていると、永い間には、そちら側の腕が緊張して、右肩が高くなる。すると、体幹部が左に傾くことになるので、左脚に負担がかかる。その結果、左脚に坐骨神経痛のような症状が出てくる、というわけです。

両脚がぐあい悪いということだったので、もう片脚はどうするのか。それは一気には行かないので、朱鯨亭にお越しください、と言って終わりました。

というような次第で、操法に必要なのは、インスピレーションではないか、と改めて思いました。どうすればインスピレーションが下りてくるようになるのか。

まあ、これは難しい問で、同じような場合を繰り返すこと、繰り返し見学することでしょうね。見学がいかに重要であるか、を知らない人が多い。見学をしたからと言って、インスピレーションが湧くようになるわけではありませんが、その時、私の中でどのようなことが起きているのかをひそかに伺うことはできるはずです。

ただ、こう答えてしまうと、単なる経験主義になってしまうので、ここの認識と行動の構造を明らかにすることは、これからの私の課題だろうと思っています。

ですから、今年のこれからの集中講座・実習では、このあたりの話を大幅に充実させて、皆さんの期待に応えたいと思っています。

最後になりますが、参加くださった大勢の方々にお礼を申し上げます。

中でも、マイクを持ってくださったり、いろいろとサポートをしてくださったTさん。古くからの教室の参加者で、参加者中の最長老というべきFさん。同じく教室にながく参加してくださっているF夫妻、遠方から夫婦あい携えて来られたS夫妻、長らく通ってくださったお客様のMさん、Tさん、Tさん、教室の古くからの常連のYさん、以前に朱鯨亭に行ったことがあるという方もありました。大勢の未知の方々が来てくださいました、まことにありがとうございました。

啓林堂のスタッフの方々も、サクラとして待機してくださっていたようで、これもまた感謝にたえません。総勢30名ほどの皆さんが集まってくださったおかげで、場所を提供してくださった啓林堂に恩返しをすることもできたかな、と思っております。

サインをさせていただいた方々は、17人だそうです。下手な字で我慢してくださって、ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中