907 足首が痛い(2)

第907号 2016年7月18日
足首が痛い(2)

前号で書いた、リスフラン関節の操法は、自分でやれないこともないけれど、少しやりづらいかもしれません。もっとカンタンな操法はないのか。

ひょっとすると、効果が限定的かもしれないものの、別の方法があります。

足と同側の手の小指を見てください。小指の爪の下、第1関節とのあいだを横一文字にさっと撫でる。これだけです。外から内でも、内から外でも、お好きな方向で結構です。

別にリスフラン関節が痛いわけではない、という方は、リスフラン関節のあたりを甲側からきつめに押さえてみてください。きっとどこかに痛みを感じるでしょう。そうなった時は、さっそく上の操法をやってみてください。痛みが消えるはずですから。

歩いている時に、足(首)が痛くなったら、即、横一文字にさっと撫でてください。それで消えないような痛みについては、別の方法が必要になります。

ついでながら、この操法は、足首が痛い人に使えるだけでなく、膝が痛い人にも使えます。膝が悪い人は、足首、とりわけリスフラン関節のあたりに異常のある人が多いからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中