867 ブレスレットと手首

第867号 2015年12月29日
▼ ブレスレットと手首(続き)

前回のブレスレットに関して、神奈川県在住のHさんから興味深いご意見を
いただきましたので、ご紹介したいと思います。

── 操法をしていて、いつもなら簡単に取れるはずの骨のねじれが取れないときは、手首や首につけているブレスレットなどのアクセサリーをしている人が多く、外しただけでも骨の不正が直ることも珍しくありません。また装着すると戻ります。そもそも第一印象から、そのアクセサリーに嫌な印象を受けるのです。

なので本人に確認を取り、水でゴシゴシ洗うとつけても歪みが戻らないことが多いです。大げさに言えば、スピリチュアルの方の言う、いわゆる浄化なのかと思い、煙であぶったり、天日干しも試しましたが、一定の効果があります。

初めは、スピリチュアル関係の方に聞いた、飼い犬や植物が邪気を吸うというようにブレスレットに悪いものが溜まっているかとも考察しました。
ただそのような一般から離れた考え方でなくても、このように考えると納得いくのかとおもいました。

服や下着は今や毎日洗うのに、(昔は洗わなくても香り袋などで気持ち良く着れるように対策していたのに)ブレスレットやアクセサリーは洗ったり、お手入れしている人が少ないようです。綺麗に洗濯されたシャツを着れば気持ちはシャキッとするし、毎日1週間着続けたシャツはスッキリしません。オーリングでやってもそのような結果が出ます。

もっと極端に言えば、棒の先に汚い靴下をぶら下げ、近づけられたら避けたくなると同じく、無意識に拒否反応が出ているのだと個人的には推測しております。

洗ったり、燻したり、天日干しを、すれば歪みが取れる確率がほとんどだからです。本人が心地良くつけられれば、大丈夫のようです。

本人が分からないのはそれが当たり前になっているからです。部屋なども汚れ始めは気づくものの、その後慣れれば、気がつかなくなります。掃除すれば綺麗になって汚かったと分かるのですが。

アクセサリーがくたびれていて寿命を迎えているとそれでも効果を発揮しないみたいです。

東京都在住のKさんからは次のような情報をいただきました。

── 今回の、ブレスレットの件、私も、なるほどっ!と、膝をたたいてしまいました。普通なら、これくらい通ってもらったら改善するだろうと仮定していた症状がなかなか改善しない時、ブレスレットや、足首にミサンガがあります。

今、私は指輪について疑問を持っています。中高年の女性は、指輪が薬指に食い込んで外れない方がいらっしゃいます。そのような方は だいたいが、腰、背中が固くてなかなか改善されません。

指輪については、以前みなさんからメールを多数いただいたことがあり、
まとめてメルマガに掲載させていただいたことがあります。第692号の
「皆さんからのお便り(2)」です。ご参照ください。

広告

“867 ブレスレットと手首” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中