810 すべては下に(1)

路地裏の整体術 第810号 2015年6月26日
▼ すべては下に(1)

月に一度、メンテナンスに来られる70代の女性Hさん。今日は、首を回すと痛いのと、階段を降りる時に膝が痛いのと、この二つをおっしゃいました。

首を回すと痛い、という症状はごくありふれたもので、打ち込み法を使えば簡単です。「打ち込み法」と私たちが呼んでいるのは、正體術矯正法で、足をトンとやる方法のことです。

例えば、右に回すと痛みが出るとしましょう。右に回すと痛いのは、背骨がどこかで左に捻れているからです。そのために、右へは捻じりにくくなっているというわけです。

ここで「背骨」というのは、頸椎も含めて言っています。頸椎か胸椎か腰椎かは分かりません。頸椎と腰椎は互いに関連していることが多いので、腰椎が捻れている可能性も高いと思われます。

この状態を修正するためには、首の捻れと反対向きに足首を捻って、トンと足を打ち込めばいい。背骨が左へ捻れているのですから、修正する方向、即ち、右へ向けて足首を捻って、打ち込めばいいはずです。

それなら左足首を左に捻ってもいいのか、という質問が出てくるかもしれません。確かに、それでもOKですが、どちらの足を使うかは、足首の形を見て決めるのがいいと思います。

足首が内側へ閉じすぎている人や、外側へ開きすぎている人を見かけることがありますね。そういう場合は、それを修正する方向を選択すればいいわけです。

例えば、右足首が外へ開いていて、左足首が内側へ閉じている人なら、右側を選択して、右足首を内側へ捻るようにしてから、トンと打ち込めば、開きの修正にもなります。逆に右足首が内側へ閉じ、左足首が外へ開いている人なら、左足首を内へ、右側へ捻ってトンと打ち込むと、背骨の捻れの修正と足首の開きの修正が同時にできることになります。

さてHさんの場合は、どうだったか、首をどちらに回しても痛いのだそうで、こういうケースは、どうしたらいいのか迷いますが、両方やってやればいい。

足首の動きを確かめてみると、両方とも、内側へ行きにくいことになっていましたから、両足をいずれも、内側へ捻って、トンと打ち込んでみました。そして椅子に坐ってもらって、首を回してみると、左右とも自由に回る状態
になっていました。原因は下の方にあることが分かりますね。

首が横に倒しにくくなっている時は、どうすればいいのか、とおっしゃるのでしょうか。その場合は、腕から引っ張られていますから、手指や腕をよく調べて、凝りを取り除いてやることが必要でしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中