ふたたび尾骨の重要性について

路地裏の整体術 第767号 2015年1月15日
▼ ふたたび尾骨の重要性について

本誌では、尾骨の重要性について繰り返し書いています。興味のある方はHP
を見ていただくと、その項目が出て来ます。

Aさんとしておきましょう。歳のころは70歳すぎ、たいていは、操法を始める
時に背もたれのない椅子に坐っていただいて、背中の様子を見せてもらいます。

そうするとAさんの背骨は上の方が右へ右へと曲り、右肩が下がっています。
こういう時は、左腕に問題があって、胸椎の上の方が左へ引っ張られている
ことが多いものです。そこで左腕を調べて、できるだけ緩めるようにしてみた
のですが、肩の高さが変わりません。背骨も右へ右へと曲がったままです。

背骨の歪みは、尾骨に原因のあることが多いものですから、尾骨を調べてみま
す。すると、尾骨の先が左へ大きく曲がっています。そして、その付近に拘縮
があります。「拘縮」と書くと、何だか難しそうですが、ようするに凝り固ま
っている硬いところがある。尾骨の左と右を較べてみると、明らかに左右差が
あって、左が圧倒的に硬い。

これまで尾骨は、共鳴法を使うか(これが一番簡単で効果も高い)、黒川メソ
ッドの方法を使うか、どちらかで、拘縮をほぐしてみたことはなかったのです
が、この時は、これをほぐしてみようと思いました。この時使ったのは、指圧
棒(百均で売っています)です。

拘縮を緩めた後は、足の毒出し点(第4趾と第5趾の中間)を指圧棒でぐるぐ
ると刺激します。「毒出し」というと些かの問題があって、顔をしかめる人も
いるかもしれません(どんな問題であるかは敢えて書きません)。しかし、私
が色々やってみたところでは、効果が確かにあります。

何事でもそうですが、レッテルを貼って、それで批判した気持ちになる人が多
い。批判するなら、よく調べてからにしないと勿体ないことがある。よく調べ
試してみて、効果がないとか、逆効果ということになれば、捨てればいいと、
私は思います。

で、指圧棒を使って、拘縮を緩め、毒出しをしてみた。そして再び椅子に坐っ
てもらった。すると、それだけで背骨はまっすぐになっていました。右へ傾い
ていた弯曲が消えたことになります。

尾骨周辺の拘縮が背骨全体にどれほど大きな影響があるか、ということが、
これで実証できたわけです。尻餅くらい、と馬鹿にできません。それも古傷が
何年も後になって影響しているのですから、古傷は怖い。何か深刻な症状を
持っている人は、自分の過去に打撲などがなかったか、よく考えてみると、
思い当たることがあるかもしれません。

尾骨周辺の拘縮を緩める方法は、以上に書いた方法でなくても構わないと思い
ます。あなたが得意な緩め方でいいのではないでしょうか。しかし、緩めた後
「毒出し」をしておくのは、理由はよく分からないものの、効果があると私は
思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中